アメリカで働く&起業する私のブログ

アメリカでIT系の仕事をする傍ら起業までしてしまった私が、アメリカでのスマートな働き方をお伝えします。

自分とは異なる人を許せない気持ちと向き合うと、世界平和が訪れるかもしれない話


ノマドという言葉が定着してしばらく経ちますが、もともとの意味をご存知ですか。ノマドは英語でnomadで遊牧民のこと。先日同僚がそのノマド遊牧民について興味深い話をしていました。

 

同僚のふるさとソマリアの遊牧民たちはラクダを育てて暮らします。彼らにとって尊い仕事は動物を飼育してそれを売ってお金に変えることのみ。それ以外の仕事はレベルの低い人がやることとみなすそうです。例えば彼らはもう売り物にならないラクダを食用にすることもあるのですが、ラクダをさばいて調理するのにお金を払って誰かを雇います。靴を直すのも、髪を切るのもそう。遊牧民にとって、サービスは提供するものでなく、受けるものなのです。

 

Continue reading


私はどうやってアンガーマネージメントを実践したか?


前回、アメリカと日本の怒りの問題への対処法、アンガーマネージメントの相違点について説明しました。

 

アンガーマネージメントに取り組むアメリカ人 日本とアメリカのアンガーマネージメント対処法の相違点

 

 

日本では怒りに対してどのようにそこからフォーカスをずらすか、という実践的なアドバイスが多いのですが、アメリカでは「そもそも怒りはどうして起こるのか」「それを踏まえて、どう解決するか」と包括的な見方をする、というお話でした。

 

今日は私自身もアンガーマネージメントを勉強して実践したお話です。

 

Continue reading


アメリカのカメラ事情


そう詳しくはないけれど、カメラ好きな私は、人が持ってるカメラをしっかりチェックします。背後から忍び寄り、メガネをかけ直し、ストーカー並みにこっそりロゴを盗み見ちゃいます。去年に日本でストーカー行為をした際には、女子のPEN率が高いのを発見できてうれしかったです。みなさんとーってもおしゃれで、そのファッションにカメラがなじんでてかわいらしかったな。なのにどうして私が同じことするとオヤジ臭ただようんだろう。まぁ、いいや。

 

Continue reading


アンガーマネージメントに取り組むアメリカ人 日本とアメリカのアンガーマネージメント対処法の相違点


友人がご主人との関係について悩んでいて、離婚も視野に入れている話を聞きました。離婚の原因は、ご主人の性格の問題。複雑な生い立ちがきっかけで、大きな怒りを抱えていて、それをコントロールできないそうで、毎日のように彼女に対しても暴言を吐くそう。その怒りの問題に加えて、アルコール中毒、アダルトチルドレン、多動性障害などの問題もあり、なかなか前途多難な印象を受けました。それでも結婚生活は続けてきたけれど、2年前に子供ができたことを受け、子供への影響を心配し、離婚も考え始めたそうです。

 

アメリカ人で怒りの問題を抱えている人は実は多くて、約9%のアメリカ人が怒りの問題があるそうです。そのうちの多くがピストルなどの武器を所有しているわけですから、銃規制の話し合いも大切ですが、まずこの辺の根本を解決していかなければなりません。いくら銃を取り上げたところで、記憶に新しい相模原の障害者施設殺傷事件を見てもわかるように、武器は他にもあるわけですから。

 

Continue reading


長時間の飛行機の旅を乗り切るために、予約時からできる5つこと


夏の日本への一時帰国の航空券を予約しました。日々航空券の料金をチェックしていたのですが、昨日400ドル以上値段が下がったのをみて、急いで電話して予約をしました。本当はオンラインショッピングクィーンの私としてはネットで済ませてしまいたいところですが、うちはみんな出発・帰国がバラバラなので、電話して予約するしかないのです。

 

今年の飛行機予約のテーマは、「長時間の飛行機の旅の負担を軽減」でございます。航空券代をケチる、だと思ったでしょ?違うの、私はそんなチープな女子じゃないの!

 

というのも、私は出張で毎週飛行機に乗っていたにもかかわらず、飛行機が大嫌いで、特に日本までの長時間の旅なんか地獄絵巻。去年も里帰りの際も、頭痛と吐き気に悩まされて大変でした。だからこそ、予約時からできることをずっと考えていたんです。そこで今日は、準備段階からできる、長時間の飛行機の旅をラクにする方法をお伝えします。

 

Continue reading


会社で働いているふりをする方法10選 うまく仕事をサボるコツを伝授!


同僚とランチをしながら、彼の部下がいかに働きかなくて困っているかの愚痴を聞かされました。どの会社にも働かない社員はいるものですが、公務員になると職が安定しすぎてしまうものだから、自然とそういう社員が増えるんですよね。私の周りにも、どう考えても1日2時間くらいしか働いていない人、普通〜にいます。忙しい人と、そうでない人の、ギャップが広がるのが、マネージメントに問題がある会社の特徴。

 

まぁ、それでも、その同僚を困らせている、働かない社員の働いているふりぶりが笑えたので、ここでご紹介します。

 

Continue reading


逃げ道を確保する仕事のしかたを模索中です。


自分に子供ができて、自分のことだけ考えてればいい時代に終わりを告げたときに、漠然ではありますが、心に決めたことがあります。これからは仕事をする上で、逃げ道を確保できるようにしておこうと。いざ仕事を失うような場面に遭遇したときに、子供たちの生活への影響を最小限に抑える方法を模索しようと。

 

家庭を持っているから安定した仕事を、とみなさん考えがちですが、だからこそ考えなければならないことは安定イコール大企業や政府機関で働き続けることではない、と言うこと。どんな大企業でもこの時代いとも簡単に潰れるし、解雇も増えたし、それは政府機関だって可能性は少ないにしろ、ありうる話。だからいざというときの道すじをあらかじめ考えておくことが何よりも大切。私自身は、それが私なりの子供への責任の持ち方だと考えています。

 

では実際どうするか、という話ですが・・・。

 

Continue reading


子供の頃に比べて便利になったな〜と思うもの7点


普段あたりまえのように使っているものが、昔からすれば革新的で、便利になったってものがたくさんありますよね。スマホがそのよい例。重度のスマホ中毒症患者の私は、10年前までスマホとは無縁だったわけだからそれなしに生きていたはずなのに、たぶん今スマホ取り上げられたら、きっとプチノイローゼまっしぐら。

 

今日はそんなものをいくつか考えてみたので、ご紹介します。

 

Continue reading


離婚の決め手6選 アメリカ人はなぜすぐ離婚するのか?


最近まわりの友達から離婚を考えている話を聞いたり、離婚したときの話を聞く機会が重なりました。アメリカ人はすぐ離婚するイメージがあるけれど、実際そんな簡単なことではなくて、みんなものすごく悩んで決断をします。そこで、今日は友達との離婚談義で、離婚の要因となりうることを挙げてみます。

 

Continue reading


傷つける&苦手な友達のたった3つの対処法!


子供の頃は、クラスで意地悪な子がいたり、友達同士が仲たがいしたりして、気持ち的にせわしない日々を過ごした女子もいたかと思います。子供たちにとって学校は世界のすべてみたいな感覚なので、人間関係もそのありふれんばかりのエネルギーを投入され、無駄に複雑になるんですよね。ある程度大きくなってからは、興味が学校や会社の外に出るので、人間関係も楽になります。が、めんどくさいことは、あるにはある(笑)。

 

Continue reading


« Older posts

Copyright © 2017 アメリカで働く&起業する私のブログ All Rights Reserved.

Theme by Anders NorenUp ↑