今週は仕事がとても忙しく、今の機関で働き始めた当初の週5日毎日通勤ライフに戻りました。毎朝4時に起きて通勤するのも、週の半分だからできたわけで、これが毎日ともなるといやはや辛い・・・。と、ババアの泣き言から始まってしまい、すみません。

 

先々週に独立記念日の祝日があったこともあり、ほとんど自宅勤務だったので、その違いによる自分の気持ちのあり方に大きなギャップがあったので、今日はそのお話です。

 

 

会社としては社員に自宅勤務してほしい?それとも通勤?

 

正直な話をすると、会社としては、全社員が家から働くよりも、オフィスから働いてもらったほうが効率はいくぶんか上がると思うんです。社員が家で働くと遊んでしまうという話ではなくて(そういう人もいるけれど)、会議などはやはり顔を合わせたほうがスムーズな場面がどうしても多いわけで。ただ毎日長い通勤を強いると、社員の士気が下がったり、不満が生まれてきたりするので、結局はそのバランスを取るというところでしょうか。

 

私が今週毎日出社したことによる問題点

 

今週は恐怖の早朝4時起きで、毎日出社したわけですが、いやいやかなりきつかったです。子供たちがいないぶん、お弁当の準備などがなくて楽だったとは言え、片道1時間の通勤は老体には堪えます。毎日出社したことによるネガティブな点はこんな感じ。

 

スポンサーリンク

 

出社した時点で疲れている

 

自宅勤務の場合、仕事を始める45分くらい前に起きて、朝食を用意し、こだわりの方法でコーヒーをいれ、その美味しいコーヒーを飲みながらメールのチェックから仕事を始めます。カフェインが身体に浸透すると共にエネルギーが湧いてくるので、午後にはめんどくさくなりそうなメールの返答や、複雑なコードなどは午前中のうちにカフェインの力を借りて終わらせます。

 

通勤するとそうは行きません。朝6時半にオフィスに着いた時点で、その日1日の8割がたの仕事を終えた気でいますから、朝一で買いにいくホイミ(コーヒー)でその気分を奮い立たせ、なんとか通勤によるダメージを回復。もうその時点で、自宅勤務の際の寝起きと同じスタート地点にしか立ててないんですよ。

 

ファンデーションの減りが早い

 

自宅勤務だとニコニコノーメイクなので、週の半分を家から働けるようになった現在は、ファンデーションの減りがぐーんと減りました。そんなに減らないからと、少しばかりお高いハンデを買うようになったほど。やっぱりそれなりの値段がするものは肌の負担が少ないようで、数年前に比べて調子いいです。

 

話が完全に脱線しますが、夫と一緒にSK-IIのローションを使っているんですけど、バシャーンと浴びるように使う夫にイライラするんですけど!水でも浴びとけって話ですよ。

 

残業するのが不便

 

自宅にいれば、就業終了時間を過ぎても、キリのいいところで終わらせることができますが、通勤するといつもの帰りのバスに乗りたいがために、思い切り変なところで終わらせなければならないことが多々あり、翌日にその途中からやり直すのに時間がかかります。

 

それでも残業をすることもありますが、そうするといつもの4時のバスに乗れずに、なんだかんだ5時半くらいのバスになってしまうと、激混みで、座れないこともよくあります。そして疲れ果てて家に帰ると、腹空かせて待っている小鳥たちの「お腹すいた」攻撃が始まります。

 

ドラマに巻き込まれる

 

家から働いていると、仕事の会話はスカイプや電話を通してすることはあっても、ゴシップネタをわざわざ電波を使ってまでしないものです。でも一度オフィスに顔を出したならば、次から次へと会話に巻き込まれます。

 

「アイツが仕事しないからクビになるって噂だよ」「またあのマネージャーがヘマやらかしたよ」などなど、下手すると1日の半分近くを複数の同僚と会話して終えることさえありました。家から仕事をするとサボる人が増えるんじゃないかと危惧する上司はいつの時代もいますが、私から言わせてもらえば、そういう人はオフィスにいてもよく見ても仕事してません。

 

健康第一でいられない

 

私は夜にお酒を飲むこともあり、日中はヘルシーな食生活を心がけています。特別ストイックなことはしませんが、ランチはオーガニックの野菜とお肉を使った炒め物など、残り物ではあるけれど、出所が分かっているヘルシーなものをバランスよくいただきます。

 

通勤 アメリカ 自宅勤務 メリット

 

でもオフィスにいると、結局ランチを食べに出てしまうことがよくあります。お弁当を持っていっても、ランチに誘われると、付き合いもあるし、まぁでもどちらかというと誘惑に負けて、行っちゃうんですよねー。

 

朝も同じで誰かがダンキンドーナツを持ってきたり、インドから帰ってきた同僚がココナツのお菓子を配ってたり、砂糖づけの毎日。そして午後になるとまた連れ立ってスタバのキャラメルマキアートとか買いに行ってるんだから、ほんとしょうがない・・・。自宅勤務だったらランチタイムにサクッとランニングをしますが、通勤すると逆にカロリー摂取しちゃってるんだから、不健康そのもの。

 

まとめ

 

少し前に日本のリクルーターと話をする機会があって、日本では外資系企業といえども自宅勤務はあまりなく、それどころか有休もまとめて何週間も取れるわけではないそうです。日本に移住して仕事をしてみたい希望は多々あるけれど、そういうのを聞くとちょっと考えちゃいますよね。だってあの満員電車・・・(疲)。

 

まぁだから通勤したくない、と言ってるわけではなく、今週は疲れた〜!という愚痴でした。週末にしっかり疲れを癒して、来週からまた毎日通勤を乗り切ります!

 

スポンサーリンク