ここ数年毎年新しいカメラを導入してきました。2016年はオリンパスのPen-F、去年はGoProのアクションカメラ。この2台で十分事足りているから新しいのは要らないと思っていたんだけど、どうしても気になるのが360度カメラ。

 

いろいろな動画が出ているので、使い方はそちらを参考にしていただくとして、この手のカメラは私にとってかなり魅力的。リサーチを始めたばかりでまだまだ考えはまとまっていないのですが、今回は決断に至るまでの試行錯誤もブログにしていこうと思い立ちました。

 

 

360度カメラとは?

 

きっとみなさんご存知ですね。要は特殊なレンズを使って、360度ありとあらゆる方向を一度の撮影できるという優れものです。360度カメラの中にも全天球と半天球のものがあって、全天球はレンズを上下ふたつ使い、パソコンなどに取り入れるときにそれを接ぎ合わせる仕組みです。半天球は超広角レンズを使い180度以上を撮影します。

 

ここまで聞くと全天球のほうがいいじゃん、となりますが、全天球の場合は上下のカメラで撮影したものをつぎあわさないといけないので、製品によってはその継ぎ目が目立つ場合があるのが欠点です。半天球といってもかなり360度に近い感覚で撮影できるので、真下を撮影する意図がない限り、半天球でも事足りるというのが多くの意見です。それは確かに〜と思いません?自分の足元写してどうすんの?

 

どんな動画が撮れるの?

 

日本語だとユーチューバーのジェットダイスケさんのこのサンプルが分かりやすかったかな?

 

スマホで見る場合、傾けるだけでいろいろな角度が楽しめるし、パソコンでマウスを使って好きな角度に持っていくこともできます。

 

360度カメラで撮影する理由は臨場感です。全ての角度を好きな時に見ることができるということは、自分もまるでその場にいるような感覚に陥りますよね。ここ数年はすべてがVRに向かいつつあるので、ある意味時代に乗っ取ったカメラというわけです。

 

スポンサーリンク

 

360度カメラのママ的利用価値

 

この360度カメラですが、いろいろなレビュー記事を読みましたが、もうね、おもちゃを与えられた男子の熱狂記事の多いこと多いこと。別にいいんですよ?でも周りの女友達にこのカメラの話をしても笑えるくらいに誰も食いつかない・・・。そばで聞いていた男子が、「俺も欲しいと思ってた!」と無理やり入ってくるのがオチ。でも私からすると、子供たちがいるママこそ利用する価値があるんじゃないかと思ったのです。

 

まず男性は思うほど家族写真を撮ってくれません。それともこの統計は私の周りだけなんでしょうかね。一昔前の日本ではパパが週末の家族サービスでカメラを首から下げて、というイメージがありますが、私の周りを見渡す限り、スマホでいつも写真を撮っているのはママばかりです。そこで何が起こるかというと、写真や動画にママが入ることがないという悲しい事態。我が家もまさしくその典型で、我が家は写真・動画上では父子家庭+声だけ出演のお手伝いさん。

 

そういう意味で、撮影しているママも思い出の一部に自然と入ってくるのはかなり魅力的です。スマホの登場で家族写真を気軽に撮影できるようになったし、動画だって撮れます。でもやっぱり自撮りは他撮り(という言葉があるか分からないけど)よりも撮りづらいと思いませんか?手伸ばさなきゃいけないし・・・。

 

あとはやっぱり臨場感を残せるということが大きいですね。うちの娘たちは11歳と9歳で、かわいい盛りです。でもやっぱり幼児だった頃の姿をもう一度見たいと思っちゃうわけですよ。写真も動画も頑張って撮って残したほうですが、前述のとおり私自身は写っていないし、たとえ夫だってあの頃と今と距離感を感じつつ動画を観るわけですよ。これが360度グリグリしながら見渡せるとしたら、あの頃に戻ったように感じながら動画を楽しめるのかな、と考えました。あっというまに大きくなっちゃう子供たちの姿をできるだけいろいろな形で残しておきたい!

 

使い分け

 

私は記録媒体が好きということもあり、カメラやビデオは複数所有しています。だから360度カメラはなくても全然困らないんですけど、これがあることでどう使い分けができるか考えてみました。

 

ミラーレス一眼カメラ(オリンパスPen-F)

 

なんだかんだ言って、これは主役です。だってこれに敵う画質はなかなかないし、持っててかっこいいし、レンズも状況によって変えられるし。だからPen-Fを持っていけるときはこれで撮ればいいのです。

 

GoProのアクションカメラ

 

この使い道は子供たちにも気軽に使わせられること。長女がユーチューバー気取りの解説付きでいろいろ撮っておいてくれるので、メインのPen-Fに加える形で動画に登場します。ナレーションの部分だけ長女が撮ったGoPro動画を使ったりとかが、主な使い方。

 

あと超タフなので、落としたり水に入れたりができるのが非常にありがたい。それもあって子供たちに好きなように使わせることができます。ビーチに行くときなんかは、クソ高いPen-Fよりもこちらがメインになります。

 

360度カメラ 理由 比較

 

iPhone

 

iPhoneを使うときはズバリ他のカメラを使う場面ではないから。普段から一眼レフは持ち歩けないし、小さなGoProですらバッグに入ってないことはよくあります。そういう時はiPhoneが頼り。あとはiPhoneのほうが人がたくさんいて人目が気になるとか、誰かに撮影をお願いするとかいうときに助かりますね。

 

360度カメラ

 

いやはや、問題はここですよ。前述の3つのカメラで事足りてるし。・・・って言っちゃおしまいでしょ!でもよく考えると、逆に360度カメラは3つのカメラが使えないときという考え方ではなく、「今日は360度撮るぞ!」と決めて持って行くカメラな気がします。ここは全角度臨場感たっぷりで記録しておきたいというときに取り出す特別な相棒という感じかな。

 

たとえば、私たちは数ヶ月前にカナダのトロントへ行き、トロントの街並みが見渡せるCPタワーに登ったのです。そのときにこのカメラがあったら360度撮影できて、家に帰ってからもグリグリと全景を楽しめたのではないかと。あと夏に日本は三陸の海の美しさに圧倒されたときにこの360度カメラがあれば、その様子を動画でぐるっと撮影して、それをその時不在だった夫に見せつけることもできました。

 

最近の例でいうと、子供たちの音楽の発表会が大きな体育館で行われたのですが、もちろん演奏そのものはPen-Fのすばらしい画質と音質に頼るべきなのですが、会場全体の雰囲気や高揚感は360度カメラで残しておきたかったなと今になって思います。

 

何度も何度も繰り返しますが、子供の成長というのは言葉にできないほどあっという間で、儚くて、写真や動画にどんなに残したつもりでも全然足りないのです。

 

どの360度カメラ?

 

ここまで考えると、やはり買う方向に傾きますね。育児が第一の優先順位である私にとっては、このくらいの出費だったら許容範囲です。と、ここまで心を決めたら、どのカメラにする?という話になります。む、無理やり話持ってっちゃった?

 

次回までにいろいろな製品を比較して、記事にしたいと思います。皆さん、もしオススメがあったらぜひ教えてくださいね〜。

 

スポンサーリンク