先日360度カメラを最終候補の4つまで絞ったお話をしました。

360度カメラの最終候補は4つ!スペックとレビューを比較してみるの巻(前編)

 

そこで紹介したのがリコーのTheta Vと、Insta360 ONEという、360度カメラ業界でいう2大政党みたいな商品でした。このふたつの間で迷っていたのですが、最近になってどうしても興味があるカメラがまたふたつ浮上して着たので、今日はそのふたつのご紹介です。

 

 

最終候補4つのうちの残りふたつの360度カメラ

 

どうしてこのふたつが最後のほうで浮上してきたのかというと、微妙に値段が高めだったからです。アメリカでは$300、リコーのTheta Vは$400と、庶民にとっては安くはないけど、まぁ普通に買える値段です。今回候補に挙げたRyloは$500、アクションカメラの巨匠 GoPro社の Fusion $700とだんだん強気な値段設定になってきましたよ。大切な写真や動画はすべてオリンパスのPen-Fで撮影する私なので、サブ的役割の360度カメラにそこまでのお金をかけていいものか、と迷ったわけです。それでも候補に残した理由は、品質にありました。

 

Rylo

 

何よりもがっつりメタリックな見た目が一番カッコいいです!そもそも私はガジェットと男子は見た目重視なのですよ。すみません、軽口たたきました。でも実際Pen-Fを購入した一番の動機はその見た目でした。人生の楽しみを求めて手にする大好きなガジェットたちは、見た目がカッコよければその分気分が上がりますから。

 

Ryloの特筆すべき性能は手ぶれ補正ですね。これはどのレビューワーも絶賛しているので、その品質は確かなのでしょう。最近の旅&お散歩動画は子供たちがゴープロを持って担当してくれているのですが、なんせ手ブレがひどい。次女に関しては、カメラを持ったまますぐに走り出したりするので、あとからその動画を見るとすごい車酔い状態。特に夫はめまいを起こしやすい体質だということもあり、「ちょっと目つぶるね」と動画を見続けられないことすらあるのです。家族で動画を見ながら思い出話をするのが私たちの楽しみのひとつなので、手ぶれ補正はおそらく私たち家族にとって一番大切。ああ、そう考えると、Theta Vの手ぶれ補正を欠いている点は本当に残念。

 

スポンサーリンク

 

あとはスマホ上でも編集ができたり、4Kだったり、と一般的な機能は他の商品と同じですね。画質に関してはInsta360 ONEよりはよくて、Theta Vとどっこいどっこいと言った印象でしょうか。

 

GoPro Fusion

 

巨匠のお目見えです。アクションカメラと言えばのGoProですね。少し前にドローンの開発販売をやめるとニュースが出て、あれ?どっかに身売りするつもり?とドキドキさせられましたが、アクションカメラに集中するとのことです。カメラの値段も下げたりして、けっこうDesperate感出してる気がするのは私だけ?

 

GoProから360度カメラが出たことは知っていましたが、候補になかなか上がらなかったわけはその値段設定。うーん、700ドルかー。去年買ったアクションカメラがなかったらまだ考えたけど、今年もまた700ドルってちょっと考えてしまいますよね。

 

ただ品質はお墨付き。今まで挙げた3商品がそれぞれ持ってたり持ってなかったりしたものがすべてここには入っている感じですね。画質、フリーキャプチャ機能、バレット撮影、手ぶれ補正、ストーレージなどなど、すべてパッケージされて700ドル。Insta360 ONEの倍以上のお値段です。・・・うーん。まぁ、このくらいの品質があればPen-Fを持たずに、360度カメラのみで撮影する旅なんかも企画できるかな。安いガジェットというのは、安いからと買ってしまうけど、結局不便で使わないというお決まりの花道が待っていますから。

 

360度カメラ 比較 ブログ

 

私の決断

 

いや、無理でしょ。360度カメラ業界そのものも風潮的にTheta V vs Insta360 ONE vs Rylo vs GoPro Fusion みたいな流れになっていますね。静止画だったり画質にこだわるならリコー、おもしろ動画にこだわるならInsta360、見た目のかっこよさ&手ぶれ補正重視ならRylo、そしてブランドネームと確実な高品質ならGoPro Fusion とのアドバイスが主流ですが、いや〜どれもこだわりたい私はどうすればよいのでしょう。

 

あと私の場合、日本をどうしても応援したいという強い気持ちがあるので、多少の欠点には目をつぶってでも日本の製品を買う傾向にあります。それでも最近はなかなかそれも難しくなってきているのですが(品質はほとんど変わらないのに値段がずっと安くて、日本の製品を買うのを正当化できない状況が多い)、今回はどうしよう。いや〜、何度も言いますが、手ぶれ補正があったらおそらく悩まないんだろうな、と大変悔しい。

 

みなさんならどうします?

 

スポンサーリンク