今年、日本に滞在して改めて思い出したのが、お酒が豊富なこと!ビールや発泡酒にいろいろな選択肢があることもそうですが、日本酒、焼酎、ワイン、ウィスキー、などなど、居酒屋でも何を飲んでいいか迷っちゃう嬉しい悲鳴!

 

「アメリカ人は何飲むの?」という質問もたまに受けるので、今日はそのお話です。

 

 

先週末に友人宅でのホームパーティーに呼ばれました。お互い家族同士でよく知っている間柄なので、お酒や食べ物は好きなものを自分でとるスタイルです。食べ物は持ち寄ったり、一緒にバーベキューをしたり、いろいろですが、一貫しているのがお酒の選択肢。赤ワイン、白ワイン、そして何種類かのビール。以上!

 

スポンサーリンク

 

アメリカではお酒と言えば、ワインかビールです。たまにお酒好きな友達がウィスキーを持ってきたり、ちょっとアル中入ってる気がしないでもない知り合いがジンやウォッカなどのハードリカーを注文することはあるけれど、たいていにおいてビールかワインかな。

 

だから日本の居酒屋に行くと、どうしても飲みたくなるのがハイボールとサワー!どうしてこんなに美味しいものがあるの〜。アルコールにかける日本人の情熱はすさまじいものがありますね。まぁ、アルコールに限らず、飲食に対する情熱というべきでしょうか。

 

ギャロップ社の2014年の統計にもアメリカ人のビール&ワイン好きは反映されています。

 

Beer Is Americans’ Adult Beverage of Choice This Year

 

この統計によると、41%のアメリカ人がたいていビールを飲み、31%がワイン、23%がハードリカーだそうです。うん、分かるわ〜。レストランのバーに行っても、男子は大概においてビール飲んでる気がするもん。うちの男子もビールしか飲みません。

 

ビールとワインしか飲まない代わりと言っては何ですが、ブルワリー・地ビールのお店(Breweryは日本語でブルワリーになるんですね!)はたくさんあって、皆さんこだわりがあります。醸造している場所もしっかりレストランの一部になっていて、男子はみんなうんちく語りながらうれしそうです。私はあまりビールのことは分からないせいもあり、どんなに人気の地ビールを飲んでも、日本のプレミアムモルツのほうがおいしく感じるのは気のせいかしら。

 

地ビール アメリカ

 

ワイナリーも人気。一面に広がるぶどう畑の横で、ピクニックランチをしながら飲むワインは最高です。スペースがある場合が多いので、子供たちは好き勝手に走り回って遊べるのも人気の秘密。子連れの家庭は何家族かで集まって行って、パパ組、ママ組が順番に子供の面倒を見ながら、交代で建物の中にあるテイスティングをやったりします。我が家も毎年数回はやるイベントです。

秋の行楽ピクニックへ行こう!忘れたくない持ち物と、ピクニックデートをオススメする理由!

 

まぁ、それでも最近では、アメリカ人もどんどんオープンアップしてきて、日本酒に凝る人なんかも増えています。私が副業でやっているビジネスでは、酒器の販売も手がけるのですが、売り上げも上がっているし、日本酒に関する質問もよくあります。新しもの好きのアメリカ人の友達に熱燗など出すと、大喜びだし。健康志向のアメリカ人には、焼酎なんかもきっとウケると思うなぁ。

 

アメリカのアルコール事情のお話でした。

 

スポンサーリンク