今日は同僚とランチを食べにラーメンを食べに行きました。私の働くオフィスには日本人は皆無なので、必然的にランチ仲間もアメリカ人ばかり。そうすると、せっかくの美味しいラーメンもズルズルっとすすれないのが切ない!うちの子供達はアメリカ生まれアメリカ育ちのアメリカ人ですが、私の影響を大きく受けているので、食生活は日本より。そんな長女がアメリカ人家族と麺類を一緒に食べる機会があるたびに、「アメリカ人って犬みたいに麺類食べるよね?」と言います。そう、ペチャペチャと食べるんですよ(笑)。

 

そこで本日は、ところ変わればマナーも変わる、というお話をしてみたいと思います。他にも本当はいろいろあるのですが、ここにあげたのは実際私の眼の前で日本人がやってしまい、空気がちょっとしたヒャダルコだった経験があるもののみです。

 

 

麺類はすする?すすらない?

 

先ほど挙げた通り、麺類はアメリカではすすってはいけません。食事中に音を立てることは御法度なので、麺をズルズルとすするなんて大きなマナー違反です。犬みたいにペチャペチャ食べるのが基本。

 

スポンサーリンク

 

お椀は持つ?持たない?

 

私たち日本人にとっては、おみそ汁やご飯のお椀を持って食べるのがマナーですが、こちらでお皿を持つことはマナー違反。こちらの日本食レストランで出てくるおみそ汁には必ずレンゲが付いてきて、それでテーブルに置いてあるお椀から飲みます。なんか気持ち悪いよね。

 

ドアは後続の人のために押さえておいてあげる?あげない?

 

これは多くの日本人がやらないことで、周りのアメリカ人はかなり嫌な気分になります。ドアを開けて通り過ぎる時は、ちらっと後ろを確認し、後続の人がいたらドアをホールドして(押さえて)おいてあげます。それに対してアメリカ人は颯爽と歩いて来て「ありがとう」というときもあるし、急いで走るように来る人もいます。どちらも同じように受け入られます。

 

ぶつかったら謝る?謝らない?

 

日本は国土が狭いので、少しぶつかったくらいでは目線も合わせませんが、こちらでは少しでも肩が触れようものなら、「本当にごめんなさい」ときっちりと謝ります。というか、ぶつからなくても、パーソナルスペースに入りながら通り過ぎるときなどは、「すみません」と言いながら進むのがマナーです。

 

これに慣れてしまうと、日本に久々に帰るたびにかなりイライラしてしまう私。ぶつかられるたびに「今、気付いたよね?この振動気づいてるよね?」とジロッと見てしまいますよ。

 

お酒の席は無礼講?そんなのカンケーねぇ?

 

これは日本人が多くいて、アメリカ人が数人呼ばれている席などで、たまにあることですが、日本人同士が酔っ払って大声で酔っ払った様子を見せ、周りのアメリカ人がちらっと横目で白けた目で見るって場面に何度か遭遇したことがあります。アメリカ人もお酒を飲んで酔っ払うことはあるのですけど、それってかなり仲良くなったとか、まだ若いとか、ある程度理由があって、普通の会社の飲み会とかで我を忘れて飲むのはNGなのです。

 

マナー アメリカ

 

お店で店員さんと挨拶を交わす?交わさない?

 

アメリカではお店やレストランに入ると、担当の人が「いらっしゃいませ。何かご用はありますか?」と聞いてくることがあります。そうすると、英語の苦手意識からなのかもしれませんが、当たり前のように聞こえないふりをする人がいます。それは失礼にあたるのをご存じでしたか?

 

時々アメリカ人でもそっけない人はいるのですが、そういう人でも一応目線は合わせて、相手の言うことをacknowledge(認識)するサインを見せるのが普通。透明人間にでも会ったかのような無視は、よくありません。

 

いかがでしたか。アメリカ人は公共の場では優しい人が多いので、多少不自然でもこれらのマナーに頑張って従う日本人には温かい目線を向けてくれます。最初は慣れずにぎこちないとしても、その頑張る姿勢はアメリカ人から多くのサポートを得ることになるでしょう。

 

スポンサーリンク