先日お伝えしたとおり、我が家に新車がやってきました。

 

アメリカで車を買おう!

結局、子供たちが希望した真っ青は在庫になく、真っ赤はいろんなオプションがついて1000ドル以上高くなるとのことだったので、シックな感じのブルーにしました。ブルーの車って乗ったことがなかったんだけど、けっこう好きかも!

 

そして私が毎回ハマるのが、新車の匂い。人によってはこれで車酔いしてしまうほど苦手なのだそうですが、私は大好き。誰もまだ乗ってない感じがするプレミア感がたまらないじゃないですか。工場からたった今やってきました!みたいな自己主張に酔いしれる、みたいな。

 

 

他に新しい匂いでたまらないのが、本屋さん。最近はアメリカでは本屋さんってとても少なくなってしまったのだけど、去年里帰りした日本ではまだまだたくさんの本屋さんを目にしました。あの新しい紙の匂いがなんてステキなんでしょう。そしてあの新しい紙とインクに匂いを嗅ぐたびに・・・、便意カモン、トイレへゴー!もうほんとあれ、なんなんでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

話は逸れますが、その本屋でトイレに行きたくなる現象に「青木まりこ現象」という名前がついているのご存知でしたか?80年代に青木まりこさんという方が、初めてこの現象について投書したことにより、この名前がついたそうです。ぜひ次回の合コンか何かの際の雑学タイムで使ってみてください。まぁ、合コンで便意の話はしなくてもいいんでしょうけど。

 

新しい家の匂いもいいですよね〜。我が家は2年半前に新築で購入したのですが、最初の半年はヘブンでした。木材の自然な香りと、人工的なペンキの匂いが、新築感醸し出していて、家へ戻るたびに、トイレへゴー!あれ?またそっち?

 

新車 匂い 新築

 

でも新しい匂いベスト1は、畳かな。我が家には2年前に日本から畳を取り寄せたのですが、しばらくは意味もなく、この畳の上にゴロゴロしていました。い草の香りを嗅いでいるだけで心落ち着くから、気が立っていて眠れないときなんか、畳の上で横になるだけで、効果があるんじゃないかな、と思います。新しい畳に横になっていると、それだけであまりに幸せすぎて、トイレへゴーしてる場合じゃなくなります。

 

こういう新しい系の芳香剤とか、よい起業チャンスになると思うんだけどなぁ。アメリカ人はお掃除の人を定期的に雇う場合が多いんだけど、そのあとの化学品の匂いにちょっと悪酔いするんですよ。だから新築の家のフレグランスを最後に吹きかけておいてもらう、とか、私だったらうれしいな。

 

さてさて。しばらくは新車の匂いを楽しみつつ、我が家の新入りのMazda6をかわいがってあげようと思います。

 

スポンサーリンク