タレントのベッキーさんが不倫騒ぎを起こし、タレント業を休業されていたようですが、金スマで復帰しましたね。ちゃーんと海外からでもチェックしましたよ。思い込んだら突き進んでしまう、恐ろしいのが恋心。恋心に関してはきっと多くの私たちが理解できる部分ですが、歯止めをかける理性は持ち続けなければなりません。

 

今日は「The Shocking Truth About Why Men Cheat(どうして男は浮気をするのかの衝撃的な真実)」という記事を解説します。原文はこちらで読めます。

 

 

The Truth About Cheatingという本の中で、著者のギャリー・ニューマンは200人の既婚男性に、どうして不倫をするのかなどのインタビューをしました。

 

48% of men rated emotional dissatisfaction as the primary reason they cheated. 48%の男性が奥さんへの気持ちが薄まり、不倫をした。

 

スポンサーリンク

 

男性は気持ちよりも体の関係を重視すると考えられがちですが、実際パートナーとの肉体関係が不満で不倫をしたのはたった8%だと報告しています。ということは、男性も女性同様、体より気持ちが大切なのです。問題点は、男性はその気持ちをきちんと言葉にしないこと。奥さんの方で先手を打って、気づいてあげないといけません。

 

66% of cheating men report feeling guilt during the affair. 66%の男性が不倫の最中、罪悪感があった。

 

少なっ!と思ったのは私だけ?罪悪感はみんな持つものだと思ってたのですが、半分くらいの人は罪悪感もなしに不倫をするんですね。興味深いのが68%の男性が不倫をする前はまさか自分が不倫をするとは考えてもいなかったということ。

 

だからもし不倫をした旦那さんが「これからはしない」と言っても、手放しに喜ぶのでなく、夫婦関係の改善に注意を払わなければなりません。

 

77% of cheating men have a good friend who cheated. 77%の不倫した男性は、不倫経験のある親しい友達がいた。

 

これも興味深い。結局は周りに不倫をしている友達がいることで、それが当たり前のように思えてしまうということ。それはよくわかりますね。アメリカの離婚率が高いのも、これに関係していると思います。

 

対処法としては幸せな結婚生活を送る夫婦との付き合いを増やすことだそう。幸せに暮らすのが、当たり前だと旦那さんの脳裏に焼き付けるわけです。

 

40% of cheating men met the other woman at work. 40%の不倫男性は、不倫相手に職場で出会った。

 

男性にとって、褒められたり尊敬されたりするのは、とても大切なこと。職場で活躍する旦那さんに敬意を払う女性の同僚との関係が、不倫関係に発展してしまうのも容易に想像できます。だからこそ家でも旦那さんに敬意を払ったり、褒め讃えることが大切、とニューマンは説きます。

 

いや〜、、、っていうか、、、子供かっつーの!私は小学生の娘たちを褒めて育てる教育を実践していますが、もう一人子供がいたってか。

 

不倫 国際結婚 アメリカ

 

旦那さんが職場の女性をよく褒め出したら、アンテナを張っておきましょう。二人きりで残業するのはあり?出張は?ディナーは?その辺りを見極める必要があります。

 

Only 12% of cheating men said their mistress was more physically attractive than their wife. たった12%の不倫男性が、不倫相手は奥さんより魅力的だったと証言。

 

逆に言うと、旦那さんが不倫をしたのは、奥さんよりもいいスタイルの女性と寝たかったからではないということ。気持ちの面で繋がることがあって、結果としてその先にセックスがあっただけのことなのです。

 

もし旦那さんの不倫を回避したかったら、外見やベッドでのテクニックを磨くより、二人の関係を愛のある確かなものにすることが先決です。

 

Only 6% of cheating men had sex with a woman after meeting her that same day or night. たった6%の不倫男性が、不倫相手と出会ったその日に体の関係を持った。

 

更には73%の男性が、不倫になる前に、その相手と一ヶ月以上知り合いだったそうです。ということは奥さん側は不倫を回避する時間があるということ。仕事から帰宅するのが遅くなってきていないか、あなたからの電話を無視しないか、などのシグナルを見落とさないようにしましょう。

 

そして夫婦の関係が良くなるように努力を忘れないすることが大切です。一緒にいる時間を増やしたり、感謝の気持ちを伝えたり、できることはたくさんあります。そして良い夫婦関係を持続したい旨をきちんと伝えましょう。

 

ベッキーさんの不倫の件では、ベッキーさんにも奥様にもバッシングが行きましたが、ベッキーさんも本人がおっしゃる通り不倫はするべきではなかったっし、奥様にももしかしたら関係改善のためにできることがあったかもしれません。まぁ、男性側がjerk(ひどいやつ)だった可能性も大ですが。

 

スポンサーリンク