海外在住日本人の共通の関心ごとと言えば、子供達の日本語教育です。力の入れ方に差はありますが、興味がまったくない人はいないはず。そこで今日はバイリンガル教育のメリットとデメリットについて、個人的な意見を書いてみます。日本に住んでいても、お子さんをバイリンガルにしたいと思っていらっしゃる方も、興味があるかもしれませんね。

 

 

メリット

 

選択肢が増える

 

私の子供達はアメリカで生まれ育ち、これからもおそらくアメリカ人として生きていくんだろうと予想していますが、若干長女の場合は控えめ過ぎるのが気になります。アメリカでは自己主張をして、型にとらわれないタイプが成功しがちですが、長女は主張も控えめだし、与えられたインストラクションにしっかり従うのが得意なタイプ。そのおかげで成績表やテストは問題ないのだけど、将来どうなるのかな、と不安になるのも事実。そこで日本語補習校に通い、日本人としてのバックグラウンドを身につけることによって、日本で将来仕事をすることも視野に入れられたらと期待しています。

 

日本で英語がペラペラだったら、日系企業だけでなく、外資でも仕事が見つかるだろうし、そういう選択肢の幅を広げておくのは、大切なことですよね。

 

スポンサーリンク

 

異なる視点を持てる

 

他言語を理解するということは、言語だけの問題ではなくて、異文化も理解できるということ。同じ事実でも各国の媒体によって、まるで違うニュースに聞こえることってありますよね。例えば第二次世界大戦について、アメリカ、中国、そして日本がどのように教科書に記述をするか、と考えたら、きっとまったく異なるのは容易に想像がつきます。それが毎日のニュースで体験できるのですから、視野も広くなるというものです。

 

自分のルーツに対する理解を深めてほしい

 

私の娘たちはアメリカ人ですが、母親の私が日本人である以上、半分は日本人の血が入っているわけですから、やはり日本に対する知識や理解は深めてほしいと思います。アメリカで自己主張することは大切だけど、調和を基調とする日本文化も体感してほしい。それからどちらを選ぶか決めてほしいと思います。

 

親の私との会話

 

私はアメリカ生活が長いので、英語は大きな問題なく話しますが、細かい心のひだの部分まで話せるかというと、それは自信がありません。私にとって英語とは、日々生きていく上でのツール以上の何物でもないので、自分の感情の奥深い部分などはやはり英語で表現しきれないことがあります。でも子供達とは、そういうことまで話したいと思うんです。きっと年齢の関係上、私の英語力の上達より、娘達の日本語上達の方が何倍も早いので、子供達には是非とも頑張ってもらいたいです。

 

 

日本語での会話は私とだけではなく、英語を話せない日本の実家の家族にとってはさらに切実。そのためにも自由に通訳が出来るバイリンガルであることは、私たちの家族にとっては死活問題です。

 

脳の活性化

 

他言語を学ぶと脳が活性化するそうです。私のトルコ人の友人はそれを頑なに信じていて、子供達に英語はもちろん、トルコ語とスペイン語も同時に教えていました。小さい頃は何言語教えても、プラスになることばかりよ、と毎日3ヶ国語が飛び交う日々。

 

医学的なことは完全には分かりませんが、確かに私の周りにいるバイリンガルな子供達はみんな成績優秀で、エリートの卵です。

 

発音はやはり小さいうちから

 

私は言語に向かないタイプなので、今でもコテコテの日本人発音の英語を話しますが、子供達は全く英語を話さない状態でアメリカに来ても、翌年にはネイティブみたいな発音でペラペラ話すのですから、驚きです。カタカナ英語に染まらないうちに英語を勉強するって大事ですね。

 

デメリット

 

日本語もしくは英語に遅れが出る

 

有名なデメリットなので、これをデメリットのセクションに書きましたが、実は私はこれには賛成していません。言葉に遅れが出て日本語教育を諦める家庭はとても多いのだけど、多少鈍感になってでも、惑わされることなく両言語を教え続けてもひどい結果にはならないというのが、私の個人的な見解。一時期的な言語の遅れをどう捉えるかは、それぞれの家庭によって違うので、そこがバイリンガル教育の分かれ目ですね。

 

複数の言語を教えると子供が混乱する、というのが一般的な見解ですが、子供は順応性が高いので、案外混乱していません。うちの娘たちの名前は英語名と日本語名は似ても似つかないもので、話す言語によって名前までがっつり変わるわけですが、彼女たちの頭の中ではきちんと切り替えができているので、混乱しません。混乱するとすれば、それは私の方。子供達を叱る時にお互いの名前を入れ違えて言ったり、時には旦那やペットの名前とも入れ違えることもあるほど。

 

家族の負担

 

私が考える、バイリンガル教育における唯一のデメリットがこれです。日本語学校や英会話スクールに通えば、それなりに時間とお金がかかりますから、それによってファミリータイムは影響を受けます。プラスして、我が家のように父親が日本人でない場合は、私たちが日本語で会話をする間は完全に蚊帳の外。それが受け入れられない家庭(っていうか日本人でないお父さんの方)は、どうしても日本語補習校からも脱落してしまう場合が多いです。

 

いかがでしたか。メリットもデメリットもあるバイリンガル教育。一番大変なのは、長いバイリンガル教育の道をたどるべきか否かの決断を下す時なのかもしれません。

 

スポンサーリンク