アメリカで働く&起業する私のブログ

アメリカでIT系の仕事をする傍ら起業までしてしまった私が、アメリカでのスマートな働き方をお伝えします。

Category: アメリカで育児を楽しむ (page 2 of 6)

「赤ちゃんはどうやってできるの?」の質問にどう答える?アメリカのFLE(Family Life Education)プログラム!


子供を持つ親御さんならいつかは通らなければならない試練がありますね。それは、例の「赤ちゃんはどこからくるの?」の質問でございますよ。みなさん、どうしてます?実際の答えは「コウノトリが運んでくる」が正解なんですけど、そのコウノトリ君がどう運んで、どう着床させるかって話になると、、、いやん。

 

アメリカの公立学校では、群ごとに家庭教育のプログラムが指定・公開されています。Family Life Education、つまり家庭教育とは、日本の学校でも行われる保健体育の性教育の部分と、プラスアルファみたいな感じでしょうか。毎年カリキュラムをもらうのですが、長女が4年生になり、なんだかカリキュラムが急に真実味を帯びてきたので、いつになくしっかり読んでみました。

 

Continue reading


かわいい子には旅をさせろ?子供を異国の地に送り込む私たちの心の中!


昨年に引き続き、今年の夏もうちの子供たちは日本へ留学します。日本に留学って変な響きだから使わなかったんだけど、よく考えるとそういうことですよね。日本の学生たちが夏休みを利用して一時留学をするのと同じ感覚で、うちも日本で学校に通うわけですから。

 

日本への行き帰りは、親の私たちが交代で付き添いますが、3ヶ月ずっとは一緒にいてあげられないので、基本的に子供たちは私の実家の両親に面倒を見てもらいます。親元を離れさせることは多少の不安はあったのですが、それに抵抗がなかったのは、周りに同様のことをしている人たちが多くいたから。そんな私たちの心理についてのお話です。

 

Continue reading


キッズウィークはうまくいく?アメリカの学校のお休み事情をご紹介!


先日、新たな大型連休「キッズウィーク」の創設を政府が検討しているとの記事を目にしました。

「キッズウィーク」来年4月から実施へ、“学校の夏休みなど分散” by TBS News

 

この記事によると、夏休みなどを1週間短くして、そのぶん秋などに1週間休めるようにする仕組みだそう。政府が企業に働きかけ、有給休暇の消費を促したり、観光産業による地域の活性化も目的の一部なんですって。みなさん、どう思います?

 

Continue reading


子供たちが大好きなスリープオーバー!


こちらの子供たちが大好きなスリープオーバーに誘われて、週末は娘ふたりともクラスメートのお友達の家に行きました。スリープオーバーとはお泊まり会のこと。たいてい何人かが集まって、お友達のお家に泊まらせてもらいます。私はあまりスリープオーバーを我が家で企画することはないのだけど、遊びにきてそのまま無計画に泊まっていくパターンは時々あるかな。準備ができなかった、という言い訳があるので、便利なパターン(笑)。

 

今回はちゃんと1週間以上前に計画されていたので、いろいろやってもらって、みんなで楽しい夜になったみたい。

 

Continue reading


日本を知っているようで知らない子供たち!日本の田舎は日本じゃない??


超〜今さらなんですが、家族であまちゃんにハマっています。我が家は平日の夜は読書と決めているので、テレビはつけないのですが、あまちゃん特例措置が発令されました(私が発令したんですけど)。子供たちが毎日じぇじぇじぇって言って喜んでいます。NHKの朝の連ドラは健全かつ会話もジョークも分かりやすくて、海外在住の子供たちにはもってこいですね。あまちゃん放映から3年以上経つので英語字幕のある動画もあり、夫も一緒に楽しんでいます。とは言え、夫はドラマのストーリーにはそう興味はなく、ウニが出てきたりするとそっちに反応しているだけですけど。

 

Continue reading


寄付で成り立つアメリカの学校


子供たちの学校のイベントに行ってきました。寄付金集めのためのイベントなのですが、子供たちが(学校側に洗脳されて)ものすごく張り切っていて、どうしてもイベントを見に来て欲しいというもので、自宅勤務の合間に30分ほど見に行ってきましたよ。

 

Continue reading


外ビールで垣間見えた、子供たちの創造性


子供たちの日本への一時帰国が1ヶ月先まで迫ったので、習い事を少しずつスローダウンさせています。おかげで日曜日が丸々空くようになり、ようやく我が家も人間らしい生活を送れるようになりつつあります。そんな時期だからこそ、と、昨日はお友達ファミリーが何人か集まり、山の上のブリューイーへ行ってきました。素晴らしい景色を眺めながら、気のおけない友人たちとくだらない話をしながら飲むビールは最高。ビールが美味しくても美味しくなくても最高の時間です。あ、ビールはとても美味しかったんですけどね。

 

Continue reading


Teacher Appreciation Week(先生への感謝週間)


先週はアメリカの学校では「Teacher Appreciation Week(先生への感謝週間)」が開催されていました。曜日ごとに先生への感謝をあらわすいろいろな方法がPTAやクラスの代表であるクラスママから提示されます。それに従って生徒たちは先生のことを考えながら、いろいろな準備を進めます。

 

この制度がすばらしいなぁと思うのが、完全にボランティアが基盤であること。

 

Continue reading


読書によって知識を自分のものにする方法 Notice & Note


次女のクラスの先生との面談に行ってきました。教室での様子など、特に目新しいことのない面談でしたが、その際に先生がクラスで今年から導入しているという、Notice & Noteという読書の方法がなかなか良さそうで、大人である私たちにも役立ちそうなので、ここでご紹介することにしました。これに従えば、フィクションでもノンフィクションでも本から学べる知識や論理的思考を、そのあとの人生で最大限に利用できそうで、私もさっそく自分の読書時間に導入しています。

 

Continue reading


登下校の子供たちを守る方法 – ベトナム国籍の女児殺害事件の容疑者逮捕を受けて考える


千葉県で起こった、小学3年生のベトナム国籍の女の子リンさんが殺害された事件で、やっと容疑者が捕まりました。ニュースによると容疑者男性は、同じ小学校に通うお子さんがいて、保護者会の現会長だったそうで、さらにショッキングな逮捕劇でした。

 

同じ年齢の娘がいる私からして、今回の事件の何が恐ろしいかって、避けるのが非常に難しい状況だと見受けられるから。通学路で毎朝出会う笑顔の保護者会会長から声をかけられたわけで、「知らない人についていかないように」といくら親が教えても、その会長は知らない顔じゃないんだから。しかもそこが死角なので、逃げようとしたとしても車に連れ込まれたら最後。

 

同様のことがアメリカで起こる可能性はゼロとは言い切れませんが、それでも日本よりは登下校では子供たちは守られている感があります。そこで今日は、アメリカの小学校での登下校の決まりについて、書いてみます。

 

Continue reading


Older posts Newer posts

Copyright © 2018 アメリカで働く&起業する私のブログ All Rights Reserved.

Theme by Anders NorenUp ↑