アメリカで働く&起業する私のブログ

アメリカでIT系の仕事をする傍ら起業までしてしまった私が、アメリカでのスマートな働き方をお伝えします。

Category: アメリカの企業で働く (page 1 of 7)

暇な日の過ごし方@オフィス


笑っちゃうくらいに仕事が暇な日ってありませんか?こういうときこそ堂々と休めばいいのでしょうが、限りある有給休暇は無駄に使いたくないし、暇アピールをすると後々余計な仕事を押し付けられるので、何気に真面目な顔をしつつパソコンのスクリーンを見つめるほうが賢明です。そんな1日を送った私が本日オフィスでしたことをリストアップしてみました。我ながらくだらなすぎて脱力・・・。

 

Continue reading


会社をクビ vs 解雇 vs 退職 どう違うの?どれがいいの?


緊急速報です。会社で横領事件が発覚しました。同じ部署のアシスタントが会社のお金を横領していたことが発覚し、先週づけで会社を辞めました。今年入った監査でそれが見つかり、それからの1ヶ月間、謹慎処分だったのです。

 

さぁ、ここで問題。彼女はクビ?レイオフ?それとも退職?

 

Continue reading


仕事で生き残るための20のピープルスキル


変化の絶えないこの世の中で、10年後も確実に存在する仕事というのは、考えるほど多くありません。若いうちはそれでも転職を繰り返す体力も気力も勇気もありますが、それもだんだん難しくなるのが現実。そんな世の中で仕事で生き残るための対処法はいくつかあるのですが、そのうちのひとつがピープルスキルです。ピープルスキルとは、人間関係をうまくやっていくためのスキル。今日はそんな大切な20のピープルスキルを紹介している記事をフォーブスで見つけたので、ご紹介します。

 

Continue reading


明日は吹雪@希望的観測 – OPM(人事管理局)の決断は?


私の住む地域では明日は氷雨の予報。今夜未明から明日の午後1時までWinter Weather Advisory(冬季気象注意報)が出ています。冬季気象注意報って曖昧でよく分からないですよね?大雪だとWinter Storm と分かりやすいんですけど、冬季の気象って・・・クソ寒い?と、実際はそこまで曖昧ではなく、今回の場合は、氷雨で道路が数センチ凍結するとのことで、運転に要注意ということですね。つまり一番厄介なやつですよ。

 

雪国の運転に慣れていない私からすると、雪道の運転よりも怖いのが凍った道の運転。雪が降るということはそこまで気温が下がっていないということなので、除雪車さえある程度来てくれればノロノロ運転が可能です。ところが道路が凍結した場合、どうやっても滑る。私も少し前に少し滑って急ブレーキを踏んでしまい、車が急速に3回転くらいして以来、凍結した道路は絶対に運転しません。だから明日は運転しない!

 

Continue reading


上司に仕事をさせるにはメールが効果的?極寒オフィスで同僚がキレた!


私の働くオフィスビルでは、部屋の場所によって超寒いところがあります。私は早朝6時半にはオフィスに到着するので、その頃寒いのはしょうがないとして、問題は10時ごろに換気のためのファンが回り始めるとさらに寒くなること。空気を入れ替えるための換気は健康のために必要なこととして、でもその度にホッカイロや温かい飲み物で手を温めなきゃいけないってひどくありません?

 

そんな私たちの極寒オフィスである日放火騒ぎがあり、私たちが巻き込まれることとなりました。

 

Continue reading


同僚のお葬式で歌って踊ってきた!アメリカの明るいお葬式のお話


先週、同僚が亡くなったニュースが入ってきました。同僚と言っても同じ部署ではないのですが、私たちが作ったアプリケーションのユーザーのひとりだったので、2年前に全10回にわたるクラスを私が担当した際の生徒のひとりだったのです。しばらく見ないなと思っていてのですが、闘病生活を送っていたことをそのニュースとともに知りました。

 

同僚のご家族が亡くなってもたいていお葬式の連絡は来て、でも実際に行くことはあまりありません。ただ今回は直接一緒に働いたという縁もあるので、お葬式に参列することにしました。

 

Continue reading


新入社員の宿命?早く新しい職場に慣れる方法!


職場に転職ではありますが、新入社員が3人まとめて入ってきました。まぁ、アメリカなので新入社員という概念はほとんどの場合なくて、ある程度の職務経験を持って入ってくるのが一般的です。ただ私たちのチームに配属されたクリス君は3年前に大学を卒業したばかりの若者。私が大学を出たての頃に比べれば、アメリカ人だし、語学的問題があるわけでもないし、ずっと上手に職場に溶け込んでいますが、それでも助けてあげたいと思ってしまうことがいくつかありました。

 

そこで今日は新入社員が職場に早く慣れるために、というよりも、早く職場のあれこれをうまく乗り越えるために、私が大切だと思うことをご紹介します。

 

Continue reading


会社になくてはならない存在と、いなくてもいい存在


先日からお伝えしているとおり、オフィスはゴーストタウンと化しています。普段仕事もそこそこに社内を歩き回って油を売っているような人がたくさんいますが、みなさんホリデーということで有休消化中です。というわけでとーっても静かで、暇してる同僚たちの話し相手として捕まることもないので、仕事も捗りまくり。そんな静かなオフィスでも忙しく働いている人たちがいました。

 

Continue reading


ゴーストタウン化した閑散としたオフィスで私がやる6つのこと


おとといの25日はクリスマスで祝日ですが、その次の日から当たり前のように出勤するのがアメリカ流です。日本はお正月から3日間休みになりますよね?それって理にかなってると思うんですよ。1日目にどんちゃん騒ぎしても、そのあとのんびりしてリフレッシュした上で4日間から出勤できるんですから。

 

と愚痴は書きましたが、実際クリスマス後のその年の最後の週は働いている人の方が少ないです。コンサルタントのときでさえ、その週はクライアントも一斉に休暇を取るので、働くとしても自宅勤務というパターンが多かったです。そんなホリデーモードが続くオフィスに今日は出勤してきましたよ。夏に日本に1ヶ月以上の有休をとって里帰りをするので、そのために他の月はせっせと出勤するのです。

 

そこで閑散としたオフィスで、毎年私がやってしまうことをご紹介します。

 

Continue reading


アメリカの職場のクリスマスパーティー


今日は職場のクリスマスパーティーでした。日本の方にわかりやすくするためにクリスマスパーティーと書きましたが、今やクリスマスパーティーという用語はタブーと言った感じ。多様性を重んじると言った観点から、キリスト教だけに特化したイベントはダメよ、という風潮なわけです。キリスト教徒どうしの集まりなんかだと普通にメリークリスマスと言い合いますが、そうでなければハッピーホリデーとお祝いの言葉を掛け合うのが今風ですね。この辺のことは去年子供たちの学校のパーティーについて書いた記事でも言及しました。

アメリカの小学校行事 ウィンターパーティーとは?

 

クリスマスパーティーはもちろんNG、でもホリデーパーティーと言っちゃうと宗教的に祝わない人はどうなるのってことで最近ではウィンターパーティーと呼んでいる学校。でもバックグラウンドでかかる音楽はクリスマスソングというなんともちぐはぐなパーティーというお話でした。

 

今日はそんなチグハグなアメリカの職場のホリデーパーティーの概要をお伝えします。

 

Continue reading


Older posts

Copyright © 2018 アメリカで働く&起業する私のブログ All Rights Reserved.

Theme by Anders NorenUp ↑