夏の日本への一時帰国の航空券を予約しました。日々航空券の料金をチェックしていたのですが、昨日400ドル以上値段が下がったのをみて、急いで電話して予約をしました。本当はオンラインショッピングクィーンの私としてはネットで済ませてしまいたいところですが、うちはみんな出発・帰国がバラバラなので、電話して予約するしかないのです。

 

今年の飛行機予約のテーマは、「長時間の飛行機の旅の負担を軽減」でございます。航空券代をケチる、だと思ったでしょ?違うの、私はそんなチープな女子じゃないの!

 

というのも、私は出張で毎週飛行機に乗っていたにもかかわらず、飛行機が大嫌いで、特に日本までの長時間の旅なんか地獄絵巻。去年も里帰りの際も、頭痛と吐き気に悩まされて大変でした。だからこそ、予約時からできることをずっと考えていたんです。そこで今日は、準備段階からできる、長時間の飛行機の旅をラクにする方法をお伝えします。

 

 

乗り継ぎ便にして、休憩を入れる

 

結果的に直行便のほうが便利だし、早く到着するわけだけど、そうすると私の住むアメリカ東海岸から日本までは14時間の長旅。これが本当〜に辛いのです。だから今回はなんとかこれを分けて、地上で休憩を入れながらいけないものかと考えていました。

 

そこで今回選んだのは2回の乗り継ぎ。東海岸から一度北西に飛び、そこから西海岸へ、そして最終的に日本に向かおうというルートを選びました。そうすることによって14時間の一度の長旅が、5時間半と9時間半に分かれます。途中で足を伸ばして、土を踏みたいな、と考えたのです。

 

乗り継ぎの便にするもうひとつの利点は、直行便よりも安くなる場合があることですね。私が今回選んだ乗り継ぎ便は、多くの日本人の方が利用する直行便の半額の値段でした。

 

スポンサーリンク

 

ちょうどいい乗り継ぎ時間にする

 

空港にもよるのですが、ちょうどいい乗り継ぎ時間は2時間強かな、と思います。それ以下だと万が一遅れた場合に余計な不安要素になるし、4時間とかだと空港での待ち時間だけで疲れる可能性もありますからね。乗り継ぎの目的は足を伸ばして、ストレッチをして、外の空気を吸ってひといきつくことだということを、お忘れなく。

 

時々、便によっては、乗り継ぎ空港で一泊という場合もあります。これもね〜、長所と短所が入り乱れてて、コメントしづらいです。長所は一息どころかもっとゆっくりできるし、値段を抑えるために一泊してでもその乗り継ぎ便にする場合がほとんどなので、コスト面でもプラスになります。ただ私にとっての致命傷は、一泊無駄にしてしまうこと。大切な有給をとって旅に出ているわけですから、できれば空港で一泊使ってしまうよりも、滞在先でのんびりしたいな、と考えるわけです。

 

通路側の席を予約

 

isle seatかwindow seatかの選択肢は、みなさん意見が分かれておもしろいですよね。ちなみに夫婦で性格が真逆の私たちも例に漏れず、夫は窓側、私は通路側を好みます。夫は誰にも邪魔されずにゆっくり寝たいと言い、私はトイレに行く際に、夫みたいにグースカ寝てる人を起こしたくない、という天使のような心を持っています。

 

というわけで、睡眠をしっかり確保したい人は窓側、トイレが近い人・もしくは天使の心を持つ人は通路側という選択でいいのではないでしょうか。

 

飛行機 長時間 過ごし方

 

機内食はフルーツプラッターを

 

日系の航空会社ならそれなりの機内食が出されますが、北米系はドッグフード(のようにまずい食事)が出されます。私はとにかくこのドッグフードが苦手で、味見してドッグフードであることを確認したあとは、ワインと持ち込んだおせんべとかでしのぐようにしています。

 

そういうドッグフード嫌いな方にオススメなのが、機内食にフルーツプラッターを頼むこと。機内ってそうお腹がすぐものではないので、かえってフルーツくらいの方がちょうどいいし、フルーツはよほどのことがない限りゲキマズってことはないはずなので、オススメです。あと水分補給が頭痛や吐き気を抑えるためにはマストなので、そう言う意味でもフルーツはいいですよ。これは要予約なので、航空券購入時に一緒に予約してしまいます。

 

ファースト・ビジネスクラスにする

 

ええ、そうですよ。これができれば、この記事自体書く必要がないわけですよ。ファーストクラスはベッドに寝ながら機内で過ごせるそうで、それだったら楽しいでしょうよ。ちなみに、金持ちが多く住む地域の片隅の小さな家に住む私たちの娘たちが通う学校には、旅行はビジネスクラスかファーストクラスでしか行かないって人がごく普通にいます。「今度、私たちもファーストクラスで行きたいんだけど」と娘たちに言われると、心ぐるしいです。だからそういうのはパパに言わないとダメよ。パパ、work hard!

 

今年から私たちもやっと始めましたが、トラベルに強いクレジットカードの使用によって、サインアップボーナスをもらったり、ポイントを貯めたりして、特典航空券をゲットすることができます。そのポイントを使って、ビジネスクラスやファーストクラスにアップグレードするって手も実はあるんです。まぁ、ただ、実際それだけのお金やマイレージがあったら、私達ならエコノミーで別の旅を計画しますけどね。庶民根性はそう簡単に抜けるものではありません。

 

まとめ

 

準備段階の航空券予約時にできる、長時間の飛行機の旅を快適にする方法をご紹介しました。他にも何かあったら、ぜひ教えてくださいね。

 

スポンサーリンク