英語で「Choose your battles」もしくは「Pick your battles」という表現があります。直訳だと「戦を選べ」ですが、要は意見を対立しなければならない場合はその価値があるかを熟考してからにしろ、ということ。

多くの日本人は、アメリカ人はストレートな物言いで自分の意見を貫こうとする、と考えがちですが、実際のところは人によってその態度を変えるし、根回しもするし、オブラートにつつんだ言い方もします。日本人よりストレートなだけであって、実際は彼らも考えてるのです(笑)。日本人はオブラートにつつんだ言い方をするとみんな言いますが、がまんして胸に溜め込んで、いきなりみんなの前で切れたり飲み会であれたりしますよねー。だから同じ物言いにしても、感覚的にアメリカ人のほうが戦略的に意見を言うような気がします。でもそんなアメリカ人もはっきり自分の欲しいことを口にすることがある??

で、そんな戦略的なアメリカ人もこだわりがあること、自分が曲げられないことは、しっかりと意見を貫こうと戦います。でもすべてのことにおいて意見を貫けば、それはわがままに写りますから、そこで戦を選ぶわけ。回りの反対意見に立ち向かって、一時的にでも人間関係をShakyにさせる価値のあることかな、と考えるのです。おとなしい私(本当ですよ!)は普段は事なかれ主義で穏便に物事を進めたいタイプですが、どうしてもこれは譲れないという部分は重い口をひらきます。それに対して「たまに意見を貫こうとしてるんだから聞いてあげよう」と考える優しい人と、「どうせこいつすぐ諦めて意見取り下げるから」と大人しい私をtake advantageしようとする冷たい人と、2通りいるのはお決まりですね。

 choose your battlesとは

私のオフィスでレイオフされた人を何人か知っていますが、そういう人はよく見ているとやっぱりすべてにおいて一言多いなぁ、という感想でした。「あの同僚が部署の飲み会の計画を前もって知らせてくれなかったから、旅行の計画と重なって行けなくなった」とか、「ミーティングのタイムキーパーの役目がうちのチームに来なかった」とか、それをみんなに愚痴ったりしていました。でも、、、本当にそれって、大声で文句を言うほど大事なことなのでしょうかね。大事なことは人それぞれ違うけれど、飲み会の一つや二つくらいでカリカリしなくてもよかったんじゃないかな。

あなたはChoose your battlesしていますか?あなたの欲しいものは、何かを犠牲にしても手に入れたいものですか?

スポンサーリンク