小3次女のクラスメートでもある大親友Aちゃんがお泊まりにきてくれました。とてもフレンドリーな子で、私まで女子トークに混ぜてくれて、大盛り上がり。夜の女子トークに参加したメンバーは小3女子ふたり(次女とお友達Aちゃん)、小5女子(長女)、40代ばばあ(私)。私はワイン片手に、小学生たちはワイングラスにオレンジジュースを入れて、女子会っぽくしましたよ!

 

私が言うのもなんですけど、楽しく盛り上がったし、女子どうし年齢差を感じなかった気がします。・・・なぐってもいいですよ?

 

 

Aちゃんが「うちのお兄ちゃんがクラスの女子に告られたの」から口火を切った今回の女子トーク。その話は次女から聞いていて、その子はうちの娘たちとAちゃんと同じ習い事のクラスの女の子なのです。今日はたまたまAちゃんのお兄ちゃんも見学に来ていて、お兄ちゃんと、そのお兄ちゃんに告白した女の子の微笑ましい光景を目にしていたところでした。

 

ちなみにAちゃんのお兄ちゃんは小学6年生。LINEで告られたそうです。いや〜、何がすごいって、LINEで告るって部分。校舎裏とかに呼び出さんのかい(←昭和あるある)。

 

スポンサーリンク

 

お兄ちゃんはそのLINEでの告白には返事をしなかったそうです。それで「なんて失礼なやつ!」とママと喧嘩になったそうで(笑)。そうだそうだ、サイテー!

 

そんなサイテー男(人の息子なのに、この言い方)にも関わらず、告白をした女の子はチラチラお兄ちゃんを気にかけている様子。そこでお兄ちゃんのママ登場。が、がんばって!もしや将来の義母。そんな私の心の声を受け止めたのか、健気に話しかけて、お母さんの前でも笑顔でがんばっていました。小学6年生なのにすごい大人だなぁ、と感心しました。

 

と言うのも、同じ小学生高学年の男の子と対照的だな、と思ったから。うちの小5の長女のことを気になっているクラスメートがいることをその男の子のお母さんから聞いて、何度かクラスでのどんな感じでふたりが話しているのか注意をして見ていたことがあるのです。そんな彼が長女に対してやったことは

 

  • チラ見
  • 長女の筆箱に入っていた手紙(次女からのものでした)を取り上げて盗み見
  • 席替えで長女の隣の席になり饒舌になる
  • 通路でいきなりなんの脈絡もなくとうせんぼして「合言葉を言え」と脅す

 

小学生男子 好きな子

 

人の息子さんのことを悪く言うつもりはありませんがね。・・・アホ!思いが伝わってないばかりか、おそらく長女には嫌われている・・・。

 

子供ってどうしても女の子のほうが精神的な成長が早いので、こう言う差が出ちゃいますよね。確かに私が子供の頃も、中学生くらいまでは特に、男子はくだらないことばかりしていてあきれるやら、女子のめんどくささに辟易していた私は逆にうらやましいやらだったっけ。

 

そんな話をしながら、今日は娘たちの習い事の見学会。先生が前でダンスをして、生徒たちがそれに従います。みんなとーってもかわいくて、我が子のビデオ撮影に余念がありませんが、パパたちは若くて美しい先生のダンスのほうをチラ見。・・・いや〜暴言すみません、でも・・・アホ!

 

スポンサーリンク