このブログではこれまで「英語学習は実践が大事!」と豪語してきました。

どの英会話教材もその後が大事

 

今日はそのポストに書いたアドバイスは英語学習の100%でない、というお話です。「どっちやねん!」ってツッコミは後ほど受けつけるとして・・・。

 

 

アメリカにはいろいろな日本人がいて、これまたいろいろなタイプの英語を話します。私の周りの日本人は大学留学か国際結婚できた人が多く、女性は主婦、男性は社会に出ることが多いです。職業にかかわらず、英語に苦手意識が未だにある日本人が話す英語のタイプは大まかに分けて2パターンあります。それは、流暢そうに聞こえて深度が浅い英語、もしくは、ガタガタだけど正しくて深い英語、です。

 

スポンサーリンク

 

流暢そうに聞こえて深度が浅い英語

 

語学耳(というものがあるならば)が良くて、綺麗な発音でスラスラと英語を話します。アメリカ人の友達もいて、ふとするとペラペラ話せると思いがちですが、よくよく聞いてみると文法上の間違いも多く、内容もたいしたことを話していません。

 

このタイプの英語を話す人の問題点は、流暢に日常会話ができてしまうものだから、英語の学習を怠けてしまうこと。浅い交友関係や、学生のうちはそれでもよいのでしょうが、何でも話せる親友のような存在が欲しい時、または仕事上でナメられないようにするには、このタイプを抜け出さないといけません。

 

このタイプの英語を上達させるには、英会話教室で教師と日常会話をして飲みに行って、というレベルでは解決しません。本を読んだり、ニュースを聞いたりして、語彙を増やし、アメリカ人がどのように知的な会話をするのかを学ぶ必要があります。

 

英会話 発音 矯正

 

ガタガタだけど正しくて深い英語

 

これは前述のタイプと反対で、日本人特有の発音で、ガタガタに聞こえるのだけど、よく聞いてみると文法はしっかりしているし、話す内容も興味深く、アメリカ人とも知的な会話をするスキルがあります。ただ悲しいかな、日本の受験英語戦争を勝ち抜き、エリートへの道をたどった彼らは、発音とイントネーションがイマイチです。

 

このタイプはただ英会話の量を増やせばいいのかというと、そうではありません。このタイプはなぜだか頑固?なタイプが多いのか、普段ある程度会話を繰り返したくらいでは、自分のアクセントの間違いに気づきませんし、そもそも会話を聞いてアクセントを直そうとは思っていません。このタイプにオススメなのは、発音矯正のクラスを取ること。概して勉強好きが多いこのタイプなので、強制的に発音を直す場面に自分を追い込むことによって、みるみるうちに改善していきます。

 

ちなみにこんなクラスがおすすめ。

 

21Accents – Accent Tips & Resources

 

ちなみに私は、どちらかというと後者のタイプです。あ、そんなに小難しい話はできませんが、落ち着いてじっくりと深い話をするのが好き。ただものすごくアクセントが強いため、聞き返されることもよくあります。発音矯正のクラス、取ろうと決めて何十年。今年こそ!

 

スポンサーリンク