みなさんはEvernoteを使ったことがありますか?Evernoteは簡単にいうと、他の人とシェアしたり、フォルダやタグを使ってメモをオーガナイズしたり、写真や動画など何でも入れれる、スーパーメモ帳と思ってもらえれば良いかと思います。・・・いつものごとく、余計皆さんを混乱させてますよね?まぁ、そういう方はささっとググると的を得た説明がたくさん出てきますので、そちらをどうぞ!

 

今日はとある出来事があって、それをきっかけに、Evernoteの枠組みを完成させ、日々の生活で必要になってくるものを、すべてEvernoteにオーガナイズしたというお話です。

 

 

これまでのEvernoteの使い方

 

スマホにもパソコンにもEvernoteはインストールしてあって、アカウントも持っていました。それなりに使うこともけっこうあって、たとえばこの夏の日本での東北旅行の際は、旅に関する情報はすべてEvernoteに突っ込んでました。日程表とか、レストラン情報とか、紙を出して確認したくないと思ったことはすべてクラウド化したので、とても便利でした。

 

ただすべてをクラウド化するのはめんどくさかったので、日々の生活の面ではアナログに頼っている部分が多かったのです。パスワードの管理もアナログ手帳でしていたので、その無駄にでかいアナログ手帳(ほぼ日カズン)を持ち歩かないと、とても不便でした。毎年書く学校のフォームとか、「去年の丸写しできれば楽だなぁ」と毎年思うのに、その記録を取ってなかったり、どっかにファイルしたけどどこかは忘れちゃったみたいなことの連続でした。こういうのをクラウド化したら便利だな、って頭の中では分かっていたんだけど、優先順位がいつも下の方。

 

スポンサーリンク

 

普段の半値以下でヨーロッパに行けるチャンスを逃した私

 

私はHopperという航空券の値段をチェックするアプリを愛用しています。行きたい場所と日付を登録しておくと、いい値段のときに通知をしてくれるのです。先週のこと、オフィスに着くやいなや「パリ行きひとり250ドルです。今予約するべきです!」という通知が来ました。えー!250ドル?!普段はどんなに安くても600を下ることはありえないので、これはおそらく航空会社側のミスかも。今年中にフランスかイタリアに家族旅行をしようと話していたので、これは予約するしかないでしょう!ということで予約をしようとすると・・・。

 

旦那のパスポート番号が分からない!

 

私と子供たちは毎年日本に一緒に行くので、パスポートのコピーはEvernoteに入れてあるのですが、夫のは盲点でした。家にいるはずの夫に電話しても出てくれません。う〜ん、早くしないとこのディールなくなっちゃうじゃん!

 

2時間後に夫からやっと連絡があり、パスポート番号を聞き出せたのですが、その頃には580ドルにまで上がっていました。それでも安い方なんだけど、250ドルという半値以下のディールを見た後だと、予約する気がしない・・・。ちなみに夫が電話を取れなかった理由は、ジムのトレッドミルで走っていたからだそうです。こういうとき、チラッとですけど、殺意覚えますよねー。

 

生活で使う情報をEvernoteで管理する決意!

 

というわけで、夫のパスポート情報を含め、他のいろいろなものをEvernoteで管理することにしました。パスポートやI.D.類などだけじゃなくて、普段アナログ手帳に書いていたような一言日記や、ネットで仕入れたとっておきたい情報、あとはふと思いついたブログネタなど、すべてEvernoteに記録します。以前もお伝えしたとおり、私はほぼ日と決別する決意をしましたのでね。

記録魔の私がほぼ日手帳を卒業する理由。ほぼ日手帳の長所と短所。そして新しい手帳は?

 

唯一気になる点は、他のメモ帳系アプリと比較せずに、普段使って慣れているEvernoteに安易に決めてしまったこと。Google Doc とか OneNote  なんかも台頭して来ているので、そちらと比較検討しても良かったのですが、まぁ、早い話それがめんどくさかったんですね。

 

今回決めたメモの分類法を1ヶ月ほど使ってみて、それからその分類について詳しくお話ししますね。

 

スポンサーリンク