#GoProのある生活、というハッシュタグをご存知ですか?インスタでよく見かけるハッシュタグで、小さなアクションカメラであるGoProを使っておもしろい動画や写真をみなさんあげています。とーってもオシャレでクリエイティブな動画がたくさんで、見てておもしろいですよ。超広角を生かしてグルンとした画像を撮ってみたり、水につけても大丈夫なのでビーチリゾートでの動画をあげてみたり、よく考えつくなぁとうっとり。まぁ、そんなキラキラした動画に憧れて、この夏日本に行く前についポチっちゃったワケでした。

 

そんな私のGoPro、今はどういうことになっているか、というお話。

 

 

ちなみにこの夏は、日本でほとんどGoProの出番がなかったことを書きましたね。

 

GoProリンク

 

旅モード全開の1ヶ月だったので、どこへ行くにもミラーレスを首から下げていて、それで動画を撮っちゃったほうが早かったのでした。景色の素晴らしい場所や、子供たちが異文化でワクワクする表情を捉えるには、高画質のミラーレスのほうがよかったってのもあります。

 

アメリカに戻ってからはどうなったかというと、ミラーレスとGoProの立場は逆転しました!っていうか、おそらくアメリカに戻ってから、運動会で一度使った以外は、まったくミラーレスを触ってないかも(笑)。なんとも極端でしょ?

 

スポンサーリンク

 

どうしてそういうことになるのかというと、まずは旅モードでないという当たり前の事態!日々、子供たちは学校と家の往復、私は職場と家の往復で、ミラーレスを持って行くまでの出来事に遭遇しないという・・・。それはGoProに関しても同じジレンマがあるんだけど、GoProは小さいので持ち歩くのが簡単で、いつもバッグに入っています。そしてふとシャッターチャンスがあると、スマホを取り出す代わりにGoProを取り出すようになったというわけ。

 

使い方としてはイベントごとにムービーをひとつ作成するようにしています。たとえば先週末は少し遠出したところにあるワイナリーに行って来たのですが、そこで4、5個の動画を撮影し、それをつなげてムービーにしました。ちなみに動画を撮影したのは最初の2つは私、私が酔っ払ったあとは残りは子供たちに任せました。GoProはミラーレスに比べて安価だし、落としても水に入れても壊れない頑丈な作りなので、気軽に子供たちの視線で動画を撮ってもらうことができるのも楽しいですね。

 

ひとつのイベントに対してひとつのムービーにしておくと、なんとなく整理整頓ができた感じでスッキリしますよ。写真も動画もまとめてひとつのムービーにしちゃうので、それを見ればすべて把握できるのがありがたいです。

 

お友達とLineでシェアできるのもありがたがられます。写真のシェアはよくあるけれど、動画だとちょっとポイントアップする気がしませんか?できるママ、みたいな。

 

動画作成ですが、私はGoProについてくるQuikというアプリを使っています。これがやばすぎるほど簡単で、動画をスマホに取り込み、プロジェクトを作成するときに入れたい動画や写真を選ぶだけで、勝手にかっこよく作ってくれるのです。もちろん自分でちょこちょこっと手直しもできるので、それなりに自分仕様にもできますよ。一緒に出かけた友達に動画を送ってあげると「すごーい!」と喜ばれるのですが、作成時間たぶん1分くらいじゃないかな(笑)。

 

だから私の中で、ミラーレスとGoProはしっかりと住み分けができている気がします。旅行とか、運動会のような大きなイベントでは、クオリティの高い動画を一眼レフで撮影するほうがいいと思います。そしてそのあとでiMovieを使って長めの動画プロジェクトを作成します。

 

GoPro 使用法 日常

 

でも日々のちょっとしたお出かけや、日常の様子はGoProでチャチャっと撮って、チャチャっとムービーにして、チャチャっと友達や実家に送るのに最適。子供たちの日々の様子をめんどくさがらずに残すためには、GoProは欠かせない存在となりました。

 

よって私がGoProで撮る動画は何気ない日常で、みなさんがインスタに載せるようなオシャレでクリエイティブな動画ではなくて、#GoProのある生活なんてハッシュタグはおこがましいけれど、これが私の使いかた。短いムービーを頻繁に使っては、それをせっせとEvernoteにログとして残しています。

 

こんな使い道もあり?

 

スポンサーリンク