お金持ちでもないくせに節約をしたことがなかった私ですが、数ヶ月前にお金を大切にしようと考えるようになるきっかけがありました。子供たちのために買ったGPS付きのスマートウォッチが不良品で、それを返品した際にrestockng feeということで2つ分で90ドルを差し引かれた額が返金されてきた事件があったんです。それがポリシーだと言い張るアホAT&Tと、たらい回しにされたくだらない会話のために2日に渡り5時間を費やし、それでもどうしても向こうが折れないので、BBB(Better Business Bureau)に掛け合って、最終的に90ドルのrestockng feeを返金してもらったという顛末でした。

 

ふだん忙しい生活を送る私たちなので、5時間もかけて取り戻すにはあまりにも低い金額である90ドル。時給に換算すると18ドルですからね。でも私たち夫婦に戦う元気をくれたのは、子供たちだったんです。たった90ドルでも、それはアホAT&Tではなく、子供たちのために使ってあげたいな、と思ったんです。

 

 

我が家にお金が貯まらない理由

 

前置きが長くなりましたが、これから数年は節約を含め、子供たちにできるだけ多くのお金を残すか、せめて自分たちの老後の心配をかけまいと決意したのは、その忌々しい事件がきっかけでした。

 

我が家は共働きなので、収入はそう悪くはありません。そして目立った無駄遣いもしないし、華美なライフスタイルでもありません。でもどうしてもお金が貯まらない・・・。な、なぜ?それはひとえに「お金に無頓着」だから、という結論に達しました。

 

スポンサーリンク

 

対策4本立て

 

そういう意識だと、何も考えずにお金を使ってしまうし、簡単に節約できるところで知識不足故に無駄遣いをしてしまいます。だから4本立てにして、自分なりにリサーチをして、徐々にここに記事にしていくことにしました。と自分にプレッシャーをかけたところで、その4本とはこちら。

 

  1. 固定費の見直し
  2. 日々の出費の見直し
  3. 健康保険
  4. 401K

 

今日は最初の、固定費の見直しについて、私がやったことをご紹介します。

 

固定費の見直し

 

我が家が実践したのは3つでした。

 

ケーブルを切り捨てる

 

アメリカはテレビのチャンネルが有料です。NHK受信料なんてかわいいもんで、うちは録画するための機械なんかも含めて、月々250ドルくらい払っていたんです。そこにはテレビジャパンという、日本の番組が観れるチャンネルも含まれていたので、子供の日本語教育のためだと諦めていたんだけど、先ほども言ったように毎日めまぐるしい我が家。テレビを見る時間なんて、実際週に2時間くらいじゃないかな。ってことは月で10時間未満、1時間25ドルの計算になります。1時間で25ドルって、、、どっかのエロビデオか何かですか?

 

今はケーブルをすべてキャンセルし、日本のテレビが観たかったら動画サイトで見つけ、Apple TVを使ってパソコンをテレビにつなげて、観ています。これで十分だし、かえって自分たちで観たい番組を調べるようになったので、選択肢が改良されました。

 

節約術 固定費 アメリカ

 

クレジットカードを減らす

 

もともとクレジットカードに頼る暮らしをしない我が家ですが(毎月借金なく支払い終えます)、マイレージのためだとか何だかんだで、クレジットカードが何枚かあって、それぞれに年会費が生じていました。年会費は平均60ドルほどなので、大した問題じゃないと放っておいたのですが、今回それも断捨離。メインのものが1枚、予備のものがもう一枚で、十分です。

 

携帯電話のプラン変更

 

私は10年以上、スマホのデータが無制限(unlimited)のプランを使っていました。現在ではunlimitedのプランを新規の客に提供している会社はほとんどないので、その昔からのプランを好んで使っていたんです。ただ難点はちょっと高い。昔はボイスとテキストが別々の料金設定になっていたので、それをデータと合わせると無駄に高くなってしまっていました。あと通話時間も毎月2000分(33時間)とかあって、それも持て余していました。普段電話するような友達いないし(←ネクラあるある)。

 

データに関しても、好きなだけ外でネットをしたいと思っていたんですけど、実際そんなにデータを消費しないものです。腰を据えてネットをするときはコーヒーショップでWi-Fiがあることがほとんどだし、会社から提供されているブラックベリーをホットスポットにすればそれを使ってネットできますから。

 

ジムの会員

 

健康はお金に変えられないと家族会員(月200ドルほど)でしたが、コミュニティ内に小さなジムができたので、それで我慢することにしました。子供たちの室内プールがなくなるのは痛かったのですが、その室内プールも月に1度行ければいい方でしたから、こういうのは切り捨てるのが一番です。

 

他にも削れるところあるかしら。いざ取り掛かってみると、なかなかおもしろくて、ゲーム感覚で節約を楽しんでいます。次は来月にオープンシーズンの健康保険かな。リサーチを始めなきゃ!

 

追記:健康保険の記事をアップしましたので、こちらからどうぞ!

 

節約のススメ 健康保険を見直してみた!

 

 

スポンサーリンク