アメリカで働く&起業する私のブログ

アメリカでIT系の仕事をする傍ら起業までしてしまった私が、アメリカでのスマートな働き方をお伝えします。

人を見抜く力がある人とない人の違いはたったのひとつ!


ベテラン面接官は、面接に来た学生と数分話しただけで、その人となり、そして将来の姿が分かってしまうそうです。それは目を見れば分かる、みたいな鋭い洞察力でもあるし、長年の経験で培った勘みたいな部分もあるのでしょう。あなたはどうですか?人の性格を見抜く力がありますか?

 

 

最近、私が勤める機関の部署をいくつか統括するポジションに、新しい男性がやってきたんです。そのレベルのポジションですから、お話が上手で、ウィットに富んだジョークもいうし、人を引き込むような話しかたをします。そういうスキルが英語でも日本語でもない私は、ただただ感嘆するばかりで、すごいなぁ、とまるで神、みたいな感じで見入ってたんです。

 

スポンサーリンク

 

そんな経緯があり、今日ランチの時間に、何人かの同僚とその新しいディレクターの話をしていたんですが、みんな口を揃えて、「今度はいってきたそのディレクターはArrogant(傲慢)だよね」のような意味のことを言うんです。「He thinks highly of himself(自分のことすごいと思ってる)」みたいな感じで。そ、そう?考えもしなかったけど。

 

私のそんな反応を見て、私がnaive(世間知らず)だと言いたいような感じで、「だって、彼はいつも自分のこと、自分の功績のことしか話さないじゃないか。」と。・・・確かに。

 

ちなみに私が彼に会ったのは3度。最初は大きなミーティングでみんなの前で挨拶をして、自己紹介をした時。3人の娘さんがいて、みんなものすごい経歴で、自分は大手企業を渡り歩いてきたってお話で、私は「すげーなー」とぼーっと口を開けて聞いていました。2度目のミーティングはもう少し小さめのスケールだったんだけど、彼は同じ話をしていました。その時も「すげーなー」とぼーっと聞いていた私。3度目は数日前のことで、私のような下っ端何人かと会ってお互いを知り合おうな趣旨だったんですけど、その時も彼は同じ話をしていました。そして私もまったく同じ反応でぼーっ(笑)。特に3度目は、私たち下っ端の様子を聞くためのミーティングだと思っていたのに、結局半分は彼が自分自身の話をして終わった感じ。

 

その他にもね、この機関には望まれてきたとか、5年くらいは働くつもりだけど条件が変わったらすぐ辞める、とか、けっこう大胆なことを言ってたんですよ。でも鈍い私は、「さすができる人はすごいなー」とまたぼーっとしてました。

 

確かにそういうことを考え合わせると、彼はかなりの自信家なのかも。おそっ!そして、こうやって周りに言われてまで気づかないのは、私のよくあるパターン。

 

言い訳ではありませんが、私に人を見る力が備わらないのはふたつの弊害があるからなんです。ひとつは人と接する際に英語を理解するだけでエネルギーのほとんどを使ってしまっているから。それだけで精一杯で、人を見抜く余裕なんてまったくありません。もうひとつは私は内向型の人間なので、人と接するときは言語を問わず基本パニック。よって人の発言の意図を考える心の余裕はナッシングです。

 

人を見抜く 方法

 

人と会って話をした際に、その人となりを見抜く方法は、突き詰めるとたったひとつです。それはその人の発言を頭の中で整理整頓し、それぞれがどういうintention(意図)で発言されたのかを考えるのです。大事なのは、会話が行われたその時にいろいろ感じようとするのではなく、その後で発言やジェスチャーという数々のヒントをつなぎ合わせる作業を怠らないことです。コミュ障の私でも、人の発言をいくつか覚えておくことはなんとか可能なので、その後でその発言の数々をrevisit(もう一度見つめ直す)するべきなのでしょう。

 

ただね、、、私、人に対する第一印象とか、周りからの情報で、先入観を持ちたくないと信じるタイプなんです。たとえば会ったことのない人について、周りから事前に「あの人相当意地悪だよ」と聞いてからその人に会うと、「その人が意地悪かどうか」よりも、「その人がどのくらい意地悪か」ってスタンスで向き合ってしまうじゃないですか。私は自分がそうされたくないので、私もしたくないな、と。

 

人を見抜く力、発言の意図をまとめて振り返ることは悪いことではありませんが、あまり疑心暗鬼にならず、自分の直感も持ち合わせるような余裕とバランスが理想ですな。

 

スポンサーリンク


2 Comments

  1. 雇う人ではなく、雇われているひとなら、色々な事情があって
    見抜くのは難しそうですね、そして状況が変われば 人間はけっこう
    簡単に変わってしまうみたいです。だから先入観を持たないで
    接するのは良いと思います。
    日々の行動で気にしているは この人は組織につくそうとしているか、
    組織を利用しようとしているか それがどのくらいか です。

    • たもも

      2017年12月18日 at 11:46 pm

      Takashiさんへ
      コメントありがとうございます!確かに人は変わりますよね。職場そのものでなくても、上司が変わっただけでも別人のようになる人っていますもんね。末恐ろしい・・・。

      なるほど〜、組織に尽くそうとしているのかどうかという観点は考えたことがありませんでした。周りにそういう人が少ないからかもしれません。どんだけブラックな人たちに囲まれてるんでしょう、私。私の場合はこの人の言動の目的はなんだろうと常に考えるようにしたいと思っていますが、記事にも書いた通り、まだまだうまくできません。人が苦手なもので、そういうこと考えるの疲れちゃうのが困り者です。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2018 アメリカで働く&起業する私のブログ All Rights Reserved.

Theme by Anders NorenUp ↑