次の目的地は青森県八戸市です。青森のねぶた祭りを見る前に八戸で一泊したら、たまたまお祭りのある夜だったのがラッキー。期待度が微妙だった私を裏切る素晴らしい街でした。

 

三陸鉄道で久慈に降り立った後は、そのまま連絡線である八戸線で一気に八戸まで向かいます。一気にと言っても各駅停車なので、また2時間近くかかるのですが。こういう田舎の電車は、中高生たちと老人の大切な交通手段ですね。そんな中でスーツケースをかつぎ込み、座るやいなや、パソコンでブログを書き始める私たちは相当浮いていたことでしょう。

 

 

着くと八戸に住む友人が駅まで迎えに来てくれていたので、そのままホテルへ。今回はお祭りや繁華街が近い便利なビジネスホテルを選びました。ホテルイマルカというホテルで、サービスは問題ないのですが、相当質素で、アメリカのモーテルって感じでした。特に前日に浄土ヶ浜のそれなりのホテルに泊まってしまっていたので、かなり士気が下がった私たち。うーん、ディズニーワールドでも同じようにグレードを下げたホテルに泊まって後悔したはずだったのに、また同じ失敗を犯すなんて、節約好きと言うか、ドケチと言うか。

 

スポンサーリンク

 

ホテルに荷物を置いた後は友達に蕪島まで連れていってもらいました。子供たちにせがまれて、八戸線で眺めて来た海岸のそばにたつアイスクリーム屋さんホロンバイルというお店で休憩することにしました。とってもクリーミーで美味しかったし、何よりも素晴らしいのが海岸を眺めながらアイスクリームを食べられること。 マスクメロン味のアイスクリーム、美味でした。車がある方にはぜひオススメ。

 

ホロンバイル by 食べログ

 

その後はお祭りの屋台を見て回り、予約して置いた席で、お友達家族と一緒に八戸三社大祭を見物。いや~東北のお祭りは熱意が違いますね!最近、八戸三社大祭は無形文化遺産に登録されたそうで、観光客も増えたらしい。東北は子供の数が少ない印象があったのですが、多くの子供たちが先導を切ってお祭りに参加していて、とても頼もしい限り。こうやって地域で子育てをしていく姿勢が、今後少子化に歯止めをかける鍵だと思います。日本は育児をするママが忙しく、挙げ句の果てに孤独に陥りやすいんですよ。

 

本来の予定では、このお祭りの後にみろく横丁で一杯引っかけようと思っていたのに、次女の疲れがピークだったのでそれは諦めました。クゥ~、このためにものすごく質素だけど繁華街近くのホテルにしたというのに、またもや大誤算。貧疎なホテルに戻り、そのままお風呂も入らずに寝ちゃいました。

 

八戸 観光

八戸三社大祭

 

ビジネスホテルに泊まる理由は値段のこともありますが、洗濯ができるからってのもありました。9日間も移動し続けるので、同じ服を洗いつつ着回さなければなりません。コインランドリーに洗濯物を放り込み、前日お祭りがあった通りまで歩いて、ドトールで朝食をとります。

 

旅先に来てまでドトール?と思われるかもしれませんが、私たちはアメリカ在住なので、ドトールとかモスバーガー、さらにはローソンのおにぎりですら、新鮮な旅ご飯。アメリカでも食べれるチーズトーストですが、日本のはパンがふわふわで美味しいね、と子供たちは大喜びでした。そんな中、私はドトールですらクレジットカードが使えなかったショックに打ちひしがれていました。日本円の現金は限りがあるので、こう言うのが続くと困るんです。オリンピックを見に来る外国人客も相当戸惑うはず。

 

今日のハイライトは八食センター。魚介類、名産品、お酒まで何から何まで揃うお店で、特に新幹線が通るようになってからは観光客が増えたそうです。確かに何人かの外国人も目にしたし、観光バスも止まっていました。それもそのはず、数多くのお魚が並ぶ姿は圧巻でした!値段は築地よりも安いし、関東では見ない種類のお魚もあったし、何より新鮮さが違いますね〜。ご飯を買って、お店で買ったお刺身と一緒に食べるのが最高でした。買ったのを焼いてもらうこともできるので、二日連続で行ってもいろいろな味を楽しめます。

 

八戸 観光

八食センター

 

私がもうひとつ気に入ったのが日本酒を試飲コーナーや、300円でグラスで売っているほとんどのお酒をバーカウンターでいただけるところ。これはたまらない仕組みですな。お友達オススメの桃川のお酒をいくつか試飲させてもらって実家用に購入したのですが、どうやら一番人気は三浦酒造の豊盃のようで、普段はお一人さま一本限りとのことですが、本日は店頭に並ぶことすらありませんでした。300円で飲める立ち飲みカウンターでも飲むことはできず、悔しかった!

 

当初は青森市内だけを観光する予定だったのが、友達に会うためにはちの葉を追加したわけですが、これは大正解でした。のんびりしてて、でもほどよく都会っぽい部分があって、お魚が美味しくて、絶対また遊びに来たい!

 

スポンサーリンク