私は買い物のほとんどをネットで済ませるのですが、そこでつい無駄遣いしてしまうのが「○○円以上で送料無料」の罠。3000円以上で送料無料。買いたいものは2300円。そうすると送料は500円。だったらあと700円分足して、送料無料にしなきゃ損。みなさん、経験ありませんか?

 

 

前述の例だと、そのままいけば送料を入れて2800円。送料無料にしたいがために3000円にすると、結局200円多く出費することになります。実際は3000円ちょうどにすることはなかなか難しいので、少しオーバーしてしまうことのほうが多いですよね。そこがお店側の戦略で、それにまんまと引っかかっているのは分かっているんだけど、送料=無駄という図式からどうしても抜け出せない私たち。

 

ネットでショッピングする理由は、利便性です。時間がなくてもパソコン上から買い物ができることがメリットです。だから送料はそもそもガソリン代や電車賃などの移動にかかる料金なはずなのに、送料無料という概念が導入されたもんだから、どうしても無駄な出費に思えてしまうわけです。実際は、必要経費なんですよね。

 

スポンサーリンク

 

でも私の中で一番の問題は、無駄なものが家に増えること。断捨離魔の私は、家の中がゴタゴタしているだけで、ストレスがたまります。最小限の家具だけが置かれた生活感のない家が私の理想です。まぁ、実際子供と暮らしていれば、現実は少し異なりますが。

 

だから私は去年から、送料無料をあえて気にしないようにショッピングをするようにしました。本当に欲しいと思ったものだけを、家の中に置きたいから。迷うのが、送料を入れると、送料無料の場合よりも高くなってしまうパターン。3000円以上で送料無料というお店で、2800円の買い物をして、500円の送料を足すと3200円。これは痛い・・・。そこで私の中のルールは、必ず使うと分かっている消耗品が買えるなら、それで3000円にするというもの。TARGETであと2ドルで送料無料、というときは靴下を一足買って、今履いているものを代わりに捨てるとか、なくなりかけの砂糖を買い足す、と言った感じ。

 

私はネット上でのショップを経営しているので分かるのですが、送料無料にはお店側の都合があるんですよ。お店側の一番の目的は、一度にできるだけ多くを注文してもらうこと。ひとつの商品の儲け分って実は案外少なくて、でもそれをまとめ買いしてもらうことによって、何倍にもなるわけです。だから店側が送料を負担したとしても、多く注文してもらったほうが結果的には、確実に店側の利益になるんです。そのカラクリが自分の起業を通して実際の数字で分かってからは、他店のカラクリに引っかかるのをやめました。

ネット 買い物 ショッピング 送料無料 セール

 

同じ要領で、セールだからと買い物をするのもやめるようにしました。どのお店にお買い物に行っても、まずはセールのコーナーから見て、そこにお得なものがなかったら、セール対象外のセクションを見ていたのですが、順序を変えました。私が買い物をする理由は、お得だからではなくて、欲しいものがあるから。それがたまたまセールになっていたらラッキーだけど、特別欲しくなかったけど、75%オフと破格値だし、あったらあったで使うから、という買い方はやめました。

 

これも私の起業の経験からですが、セールにするということは、在庫が店側の負担になっているからということ。つまり店側が要らないと思っているゴミを、消費者である私たちが買ってあげているワケです。処分のお手伝いしているワケですから、逆にお金もらいたいくらいですよ。それでもたまたま自分の欲しいものと合致するのであれば、その対価を払って購入しますが、そうでなかったらお金を請求しましょう!というのは言い過ぎですが。

 

40を越えると、人生折り返し地点じゃないですか。限られた時間の中で、本当に自分が欲しいものが分からなくなっている暇はないな、という結論に達したんです。自分のお気に入りは、お店側の都合によって決められるのではなく、私自身の物差しで見つけて決断できるようなライフスタイルを生きたいな、と思っています。

 

送料無料やセールというお店側の都合に惑わされない人生を歩みたいというお話でした。

 

スポンサーリンク