今回の日本滞在は一ヶ月と長かったこともあり、友人たちにも会うことができました。わざわざ私なんかのために時間を作って会ってくれることが本当に嬉しくて、日本人は情が深いなぁと心温まります。そんな心温かい友人たちと久々に再会して共通して起こったことをを幾つかご紹介します。

 

 

トランプについてどう思うか聞かれる

 

今回は笑えるほど毎回聞かれました!アメリカ人はトランプについてどう思ってるの?と。私が時事に興味がないことは10も承知の友人たちからも聞かれたので、トランプ氏の発言のあれこれは日本人の関心事項なのでしょう。アメリカ人によってもトランプ氏をサポートするかどうかは分かれるのでどうも答えようがありませんが、今回の大統領選は選択肢が両極端で、どちらも大統領になってほしくないけど、どっちか選ばなきゃいけないんだったら、、、みたいな風潮ですかね。

 

スポンサーリンク

 

「日本語上手だね」と言われる

 

20年近く日本に寄り付かない私なので、ものすごくアメリカナイズされているように見られるようです。「英語圏に長くいる人って日本語にアクセントが出来がちだけど、たももは全然それがないね」とよく言われました。いやいや、全然日本語の方が得意ですよ。どっちかと言えば、英語の方のジャパニーズアクセントが強すぎて、未だに普通に聞き返されますからね。

 

自分のファッションセンスを恥ずかしく思う

 

日本の人たちはみんなとってもオシャレで、皆さん流行をきちんと守っています。それを知っている私は、一応自分なりの一番気合の入ったファッションで日本へ行くのですが、やっぱりかなりみずぼらしいです。

 

あと日本人は体の線を出す服を着ないので、ぴったりしている服を着ると親に怒られます(笑)。お尻はシャツでカバーしないといけないし、ない胸はきちんと隠す!あと足を出すのもご法度で、短いパンツはパジャマ扱いです。今回の滞在中はすごーく暑かったのですが、短いスカートやパンツの下に黒いタイツを履いている人がけっこういてびっくり。大丈夫?中、蒸れない?

 

和食屋さんに連れて行かれる

 

「日本食に飢えてるでしょ?」と皆さん和食屋さんに連れて行っていただき、本当に美味しいものばかりで感動しました。ところが毎年のごとく、日本のパスタ屋さんや中華に行けなかった〜。日本は和食だけでなく、パスタや中華などの料理もとても美味しいので、一度はアルデンテのパスタを食べに行かなきゃ〜と思っていたのに、また行けなかった・・・。

 

一時帰国

 

現金を持って行き忘れて、おごってもらう

 

「久々の日本だから」とご馳走してくれる友人も多かったのですが、いつも通り割り勘で払おうとするとカードが使えずに、結果おごってもらうことになるパターンもありました。全然それ狙ってたとかじゃないですよ!アメリカではクレジットカードが使えないというパターンは皆無なので、現金のみのレストランってのは予想外。

 

集合場所のレストランまでたどり着けない

 

もともと方向音痴ですが、ストリートネームがない日本は方向音痴には酷です。アメリカでは住所にあるストリートネームにたどり着いたら、番号を見ながら目的地にたどり着くのが常なのですが、日本では「ローソンの角を左折して、30メートルくらい」などと説明されるので、覚えることがたくさんある!

 

あともともと私は都内で通学&通勤をしていたので、みんな私が東京の地理を把握していると勘違いしています。皆さん、20年も日本離れれば忘れます!あと電車も新しいのがどんどん増えてて、大混乱。営団地下鉄と都営線の看板を探し続けたドジ話は、多くの友人の酒の肴になりました。

 

日傘と帽子と手袋を忘れたことに気づく

 

日本の皆さんの日焼け対策は見習わないといけません。日傘、帽子はおろか、日焼け止めまで塗り忘れちゃった私は異邦人。子供達が〜、空に向かい〜♬

 

いかがでしたか。失笑していただけたら光栄です。

 

スポンサーリンク