明日は石垣から那覇へ移動するので、今日が実質的には石垣島最終日です。ああ、切ない。ここに住めたら人生はどんなに素晴らしいものになるでしょう。でもこれは旅だと言うことをお忘れなく。現実社会はどこにでも存在するのです。

 

 

最終日の朝

 

昨日の夜は家族でテレビを見ながら夜更かししたので、今日はみんなのんびり起き出します。私は11時から宿の近くでタイマッサージの予約が入っていたので、そこへ向かい、子供たちは家でジュースでも飲みながらテレビを見たいと言うリクエストを尊重しました。ここはアメリカではないので、子供たちを家に置いて行っても罪に問われません。

 

そうそう、朝ごはんに島バナナを食べたのですが、これも甘くて美味しいですね〜。今回はオススメされた果物、パイナップル、マンゴー、そして島バナナ全部制覇できました。私たちがハマったのはマンゴーでした。

 

タイマッサージ

 

ガネーシャというお店でお願いしました。

 

ガネーシャ 石垣島タイ古式マッサージ

 

宿のオーナーさんにこのお店とラクシュミーというお店をオススメしてもらって、ガネーシャのほうがホットペッパービューティーでの予約が可能だったので、こちらにしました。コミュ障で溢れる現代社会で、ネット予約は大事ですよ、ビジネスの皆さん!私の場合、ポイントがたまるというコンセプトに弱いというのもありますが。

 

アメリカでもマッサージはたまに行きますが、日本のマッサージは強さがドンピシャで素晴らしいですね。アメリカのタイマッサージに行くと、その後数時間痛かったりしますから。日本人の体を知り尽くしたプロにお願いすると効き目も抜群です。しかもお値段はおそらく半額。また石垣に来る機会があったら絶対に行きます。

 

スポンサーリンク

 

あ、ここでマッサージをしてくれた方は本土からきた方だったのですが、彼女曰く、石垣の居酒屋は予約をする文化なのだそうです。だからザ・夕飯の時間帯だと、予約なしでは入れないことがほとんどだそう。なるほど〜。今回の滞在で2度ほど居酒屋に行きましたが、両方とも夜8時過ぎてからだったので、予約なしでも入れたわけですね。でも今夜行く予定の居酒屋は当日は無理だったけど、翌日の予約は何時でも大丈夫とのことだったので、きっとそれだけのことなのでしょう。次回石垣島にくることがあったら、旅の最初に行きたい居酒屋をリストアップして、予約を済ませておくのがスマートですね。

 

最終日の過ごし方

 

今日は実質最終日なので、子供達に何がしたいかのアンケートを取りました。夜は居酒屋の予約が入っているので、遊べる時間は5時間ほど。最後なので近場のビーチへ行くか、それとも南国チックなデザートを食べに行ったりショッピングをするか。子供たちは少し話し合ったあと、「カラオケ行ける?」と質問。出たよ、またカラオケ。

 

我が家は日本で旅に出るとなぜかカラオケをしたがるという習性がありまして、石垣島にきてもやはりそれは同じみたい。私としては最後に海を見ておきたい気もしましたが、子供達の希望とあらばしょうがない。

 

ショッピング

 

ショッピングの前の腹ごしらえはここでのデザート。

 

ハウ・トゥリー・ジェラート

 

空港で石垣島のガイドブックを買って行ったのに、結局友達が全部案内してくれていたので、全く使わずじまいでした。でもこのジェラート屋さんだけはガイドブックからピックアップしました。南国フルーツがたっぷり使ってあって美味しかった〜。

 

石垣島 旅行 ブログ

島フルーツのジェラート

 

昨日ユーグレナモールを含め、大通りにあるお土産やさんを何軒か回りましたが、今日はその周りの裏通りを探索。こちらにはおしゃれなお店がたくさんあって、心踊りました。Tシャツやアクセサリーや陶器などすべて手作りで、見ているだけでワクワク。子供たちがいなかったら一日中暇つぶせた勢いでしたが、もちろんそうは行きません。ささっと気になるものを見て、子供達とお揃いでアクセサリーを買って、すぐに次のメインイベントへ。

 

カラオケ

 

私たちが行ったのは、カラオケやいまというカラオケ店(沖縄県石垣市字大川261仲筋ビル1F西)。たまたま近くで見つけただけのカラオケ店ですが、1時間歌って600円くらいでした。安過ぎ・・・。

 

子供たちはあんなに行きたがっていたのに歌うのを恥ずかしがるもんで、私が率先して知っている90年代のヒット曲(安室奈美恵とか)歌い始めると、それに続くようにアリアナグランデとか入れ始め、そのあとはマイクを渡してもらませんでした。大声で歌って「ストレス発散になった!」「ビーチ行くよりずっと楽しい!」と大満足の娘たち。君たちのストレスなんて、大人の我々のに比べたらなんでもないよ、の一言を飲み込みました。

 

夕飯

 

沖縄の居酒屋といえば、三線ライブをやってくれるスタイルが有名です。私も一度は行ってみたかったので、今回選んだお店は結風(ゆいかじ)。沖縄三線片手にお店の方がライブをしてくれて、それを鑑賞しながら食事とお酒をいただきます。

 

石垣島 旅行 ブログ

魅惑のゴーヤチャンプルー

 

ちなみにこのお店は前日に予約しました。昨日は予約なしで玉砕したので、その際に翌日の予約を入れておいたのです。さぞかし混んでるのだろうと思いきや、有名店にも関わらず、空いているテーブルが少しですがあったり、お客さんの入れ替わりでちょくちょく席が空きました。沖縄の居酒屋は予約の文化だっていうのは本当なんですね。激混みというわけではなく、きてくれるお客さんをしっかりともてなす、ということなのでしょう。

 

石垣島 旅行 ブログ

沖縄民謡癒されます。

 

私たちもそんな中、ゆっくりとライブと食事を楽しむことができました。歌っている方がそれぞれのテーブルのお客さんがどこからきたかを聞いて回っていて、多くのテーブルのお客さんが海外から。石垣島が観光都市である証拠です。

 

スポンサーリンク