午前中の便で那覇へ移動します。1週間滞在した石垣島を去るのは切ないですが、現実社会に戻る時がやってきました。那覇は都会すぎて私も子供たちも辟易してしまった初日ですが、石垣で1週間ものんびりしたあとはどうなるのかしら。

 

 

バニラエア

 

麗しのANAを通り過ぎて、石垣・那覇間はバニラエアを利用します。1時間もないフライトなので、安全でありさえすれば、安くてもまったく問題ありません。でも荷物を預けたり、座席を指定したりすると、そう特別格安感はないんですけどね。

 

那覇空港のLCCターミナルは倉庫みたいだったのは行きと同じ。ただ驚いたのが、預けた荷物が出てくるのがターンテーブルではなくて、手作業!

 

石垣島 旅行記 ブログ

 

スタッフの方が重いスーツケースをひとつひとつ運んできてくれます。これは斬新(笑)。人件費のほうが高くつく気がするような?ただ来年にはターミナルがひとつに統合するそうで、それまでのつなぎということなのでしょうかね。

 

スポンサーリンク

 

最終日那覇のホテル

 

値段と場所だけで、牧志駅の近くのホテルを選びました。お友達が簡単に迎えに来れるようにしたっていうのもあるかな。でも国際通りの喧騒を見て、やっぱりちょっと失敗?と思ったり。将来は絶対田舎暮らし。

 

安室奈美恵 Final Space

 

安室奈美恵さんの軌跡をたどる展示会が沖縄でちょうど行われているとのことで、お友達に付き合って行ってきました。

 

安室奈美恵 Final Space

 

安室ちゃんがこれまでにきた衣装を直に見られたり、多くの動画が楽しめるとのことで、会場は大盛況でした。入場料がひとり1500円で、子供料金がなしということで、3人分はかなりの痛手でしたが、私にとっても安室ちゃんは永遠のアイドル。子供たちも楽しんだようで、よしとしましょう。会場内での撮影は禁止でしたが、出入口付近で安室ちゃんの等身大の写真の横で写真が撮れたりして、ファンにとってはたまらない瞬間ですね。

 

夜ご飯

 

沖縄料理のビュッフェ料理が楽しめるだいこんの花というレストランにきました。

 

だいこんの花

 

島野菜のお料理が美味しかったです。歳をとると量が食べれなくなるので、できればビュッフェではないほうがいいという大人の希望はあるけれど、うちの子供達はビュッフェが大好き。自分で好きなものを選んで食べれるというスタイルは夢が広がるのでしょうね。

 

国際通り屋台村

 

ホテルの近くで見つけた屋台村。小さな屋台ちっくなお店が立ち並ぶ一角で、私はこういうのをみるとどうしても胸が踊ります。子供たちを連れていく感じでもないので、部屋でテレビを見ているという子供たちを残して、ひとりで飲みに行っちゃいました。

 

国際通り屋台村

 

とーっても楽しかったです!お店の人もお客さんもフレンドリーで、会話が弾みます。っていうか、おそらくひとりで飲ませてくれないレベルかも(笑)。座ったとたんに声がかかりますから。最初は店員さんとアメリカ暮らしについてお話ししたり、声をかけられたアメリカ人との恋愛の可能性について相談されたり。その次は向かいに座った人と米軍基地の話をしたり。最後は隣にたまたま座ったアメリカ人と仕事の話になりました。1時間くらいしかいなかったのですが、ずっと喋っていたような。

 

石垣島 旅行記 ブログ

ミミガーとジーマーミ豆腐をつまみに泡盛を

 

石垣島 旅行記 ブログ

日本酒のように飲みやすくて美味しかった泡盛

 

屋台村は楽しい思い出となりましたが、道で不良外国人みたいな人が女の子に声をかけていたのが気持ち悪かったかな・・・。お酒を飲む場所なのでしょうがない部分もあるんだろうけど、そんな気軽にLINEとか交換しない方がいいよー、と老婆心ながら思うわけですよ。彼らが望むものと、女の子たちが期待するものの、ギャップがあるように思えてしょうがないけれど・・・、私が年とったんですかね。

 

スポンサーリンク