子供たちは毎年夏休みの間日本のじいじとばあばの家に住むので、その間は毎日ご飯を作る義務から解放されます。せっかくなのでその隙に前から興味津々だったジュースクレンジング に挑戦しようと決めました。ジュースクレンジング とは3日間ジュースのみを摂取し、身体のデトックスを図るというもの。慣れてくると1週間とかやっちゃう人もいるんですって。ダイエットというよりは、身体から、ワインとかインスタントラーメンとかから溜まりに溜まった毒素を出したい。そんな私の計画を黙って聞いていた夫が「僕もやろうかな」と。しかも彼は子供たちを日本に連れて行くので、その前にジュースクレンジング をやりたいらしい。旅行の前に痩せる気満々だな、君。

 

そこで今日は日本へ行く前に夫が挑戦したジュースクレンジング の日々をレポートします。

 

 

ジュースクレンジング で飲むジュースは何も特別なものではなくて、つまりは野菜や果物をジューサーにかけてジュース状にした物を飲むだけの話。だからジューサーさえあれば簡単にできてしまうのですが、毎回同じジュースじゃ飽きるし、新鮮さにも欠けるので、その都度(1日6回くらい)作らないといけません。それをウェブサイトで読んだ夫は、一緒にやろうと言い出します。・・・君、人にジュース作らせようとしてるね?毎日子供たちのご飯作って、自分たちのジュース作って、仕事もして、そのほかの家事もして、しかも毎日ジュースしか飲めなくてって、考えただけでもノーサンキュー!

 

そこで夫はジュースを購入することにしました。買ったのはこのお店。

Juice from the Raw

 

いや〜しかしね。1日6本のジュースを3日分で18本。ジュースの中身はただのフルーツと野菜。それで100ドルって、やっぱりかなり割高ですよ。自分で作るのが面倒だと100ドルくらい習って思っちゃう金持ちはいるのでしょうが、ごくごく一般家庭の我が家からするともったいないよね。まぁ、毎日の通勤とかあるといちいち作るのは難しいので、これは用事の少ない週末を選んで、集中的に作っては飲み、を繰り返すのが一番のような気がします。

 

クレンジングを始める前の準備として、カフェインやアルコール、炭水化物などを徐々に抜いていくことによって、3日間のクレンジングを楽にスタートできるそう。と思ったら、始める前日に、ポテトチップスを頬張る夫。・・・はい??イラっとする気持ちを抑えて理由を聞いてみると、「これから3日間何も食べられなくなるから、今のうち食べとく」と、ひとりでパーリータイム。こんなんでいいの?

 

スポンサーリンク

 

1日目の朝からさっそくジュース生活が始まります。肝心のジュースですが、あまり美味しくないそうです。うーん、私もそんな気がしていたんですよね。これは自分で作ったほうが絶対美味しいと思います。スパイシーレモネードとか、からすぎて飲めない、と捨てようとしてましたから。いやいや、1日6本しかないんだから頑張って飲もうよ。

 

夫が買ったジュースには乳製品は含まれていなかったのですが、一日一度アーモンドミルクやカシューミルクを飲んでもいいそうです。これならお腹にたまりそうね。届いた1日6本の他にアーモンドミルクも付け足そうかな。

 

ここで本日1日目が終了。私たちがパスタを夕食に食べていると、「なんかふらつくから、やっぱりジュースクレンジング やめようかな」と言い出す夫。おいおい、100ドル無駄にするんじゃねーぞ(怒)。食べ物に対して意志の弱い夫なので、超予想通りで笑えます。でも本当にギブアップしたら、マジギレするかんねー。

 

2日目の朝はケールジュースから始まります。平日は私はオフィスへ早朝から行き、夫は朝ご飯を子供達にあげて、学校に送り届けてから仕事を始めるスケジュール。ジュースクレンジング 中にご飯を作るっていう苦行。かわいそうに。

 

そして午後になり、ひどい頭痛に見舞われているので仕事を早退した、と夫から連絡が入ります。これが好転反応というやつね!治療を受けた翌日に、細胞の活性化が起こり、毒素を身体の外に出すために出る反応のことで、2日に起こることが多いと読んでいたので、これも想定内。これを乗り切ると、3日目案外あっさりと乗り切れると聞いているので、あと一日がんばって!

 

ジュースクレンジング 体験談

 

最終日の3日目。頭痛はどうなったのか聞いてみると、「頭痛があることに慣れた」だそうです。かわいそうに・・・。この日はほぼほぼソファに寝転がって過ごした夫。もちろん仕事にも行きませんでした。ジュースクレンジングするのに仕事2日も休むって、こういうのが男だよね。私だったら気合いで出勤して、病欠は子供が病気になったときのためにとっておくはずですから。

 

ただそうやって空腹と頭痛と戦う夫を尻目にご飯を食べるのは気分が重いものですね。私もあまりよくその辺を考えてなくて、香り高い唐揚げとか作り始めちゃったもんだから(←アホ)罪悪感たっぷりでもぐもぐ静かに食べました。

 

友人のご主人も同じ頃に10日間の絶食をやったチャレンジャーなのですが、彼女はご飯を食べるときは2階まで行ってこっそり食べていたそうです。気持ちわかる!

 

そんな苦しみながらも夫は3日間のジュースクレンジング を無事終了。「やっと食べれる〜」と喜ぶ夫、いや〜な予感はしていたのですが、その予感はもちろん的中。朝から普通にコーヒーとベーグルをむしゃむしゃ食べてました。ちょっと〜!スープとかおかゆとかからゆっくり始めないと、胃腸がびっくりしちゃうんだよ!一緒に読んだじゃん!

 

その30分後に夫はその意味がようやく分かります。トイレから出れない!それからはトイレとリビングの往復で、お腹が痛いと思った途端に秒殺で神が降りてくるので、また仕事に行けないという・・・。ほんと申し訳ないんだけど、ごめんね、でもムカついてきた。

 

その夜にはお祝いに久々に友達とビールを飲みに行く、なんて嬉々として出かけて行きましたが、予想通りトイレのお友達になったそうで、1時間くらいで戻ってきちゃいました。自業自得だ。このお腹問題は2日続いたみたいです。

 

体重ですが、2キロくらい減ったそうです。ただこれはクレンジングで減ったのが、下痢が続いてせいで痩せたのか不明ですが、日本へ行く前に軽くダイエットをする、という目標は一応達成。ただ散々な目にあったので、もう2度とやらないと言っています。

 

さて、次は私!夫が弱って行く様を見たので、やる気が下がった部分もあるんですけど、やると決めたからやる!体をきれいにするぞ〜。

 

スポンサーリンク