今年いっぱいで退職する同僚のお別れランチで、お寿司を食べに行きました。同僚と言っても実際一緒に仕事をしたことはない別チームの同僚だったのですが、その同僚が寿司好きだったこともあり、お別れランチはジャパニーズレストラン。ジャパニーズだったらたももも誘おうってことになって、ほぼ無関係の私まで他チームのお別れランチに参戦。ま、いっか。

 

そのランチの席で、別の同僚が、「たももはSushi on Humanって見たことあるの?」と聞いてきました。「え、なに?」と聞き返すと、私に英語が通じなかったのかと思った彼は、ゆっくりと「Sushi on Human」を繰り返します。いやいや、そうじゃなくて(笑)。あなたの言う「人間の上の寿司」について、質問してるんですよ!

 

 

Sushi on Human

 

「超有名だよ!」と豪語する彼が見せてくれたのは、裸の女性(西洋人だった)が仰向けになり、要所要所?に寿司が盛り付けてあります。こんな感じに。

 

Nyotaimori by Wikipedia

 

なんだこりゃ(笑)。なぜ無駄に裸?しかもなぜ寿司をのせる??

 

周りの同僚たちとともに「寿司は何度も食べたことあるけど、こんなの聞いたことないよ〜」「気持ち悪い!」とかなり不評。っていうか寿司の鮮度、どう考えても落ちるでしょ?

 

これは外国人が作ったんだよ。日本にはないもの、ときちんと否定しておきましたよ。でもね、なんか気になったんで、今ググって見たら・・・。

 

誰も見たことのない”女体盛り写真集”を作る!

 

あった(笑)。女体盛りって言うんですって。知らなかった〜。でもいくつかのウェブサイトを検索で見つけたけれど、どれもエロサイトばっかりでした。そういういけない遊びという括りなんでしょう。

 

日本食に対するこのような誤解はよく見受けられます。逆にいうと、地方の日本食レストランに入って日本で出されるのと同じようなものを期待していると、ずっこけることの方が多いです。ダチョウ倶楽部の「聞いてないよー!」という瞬間を、渡米当初は何度も体験したものです。

 

スポンサーリンク

 

「聞いてないよー!」的日本食

 

地方にある日本食レストランに限ってのお話です。大都会の日本人経営のお店に行ったら、それなりに本格的なものが出てくるのでご安心を。

 

無駄に華やかなカリフォルニアロール

 

アメリカ人に寿司というと、最初に思い浮かべるのがこれじゃないかな。中にはカニカマやアボカドをマヨネーズにあえたものが入ったのり巻きです。赤と緑と白と彩り的にはオッケー・・・ってそういう問題じゃない!

 

生の魚(刺身)と海苔が苦手なアメリカ人はまだまだいるので、そういう人にとっては食べやすいことから始まったのかもしれません。日本人には分からないかもしれないけれど、海苔ってアメリカ人にはくさがられるんですよ。私だったら条件反射的におにぎり食べたくなって、お腹すくのに。

 

スパイシーツナロール

 

またもや巻物です。中にはマグロを細かくミンチにしたものにチリソースを混ぜたものが具材として入っています。これも渡米当初は驚いたものです。

 

まぁでもあれですね、日本人の私たちからするととんでもない寿司でも、こういうものだと思って食べると・・・、いやはや超うまい(笑)。このピリ辛と海苔の組み合わせがビールに最高なんだなー。うちではマグロのミンチを取り寄せて、よく家で手作りしています。

 

ワンステップ抜けてるお味噌汁

 

英語でお味噌汁はMISOスープ。アメリカ人はお味噌をお湯に溶かしたものだと思っています。でも大事なステップが抜けているのが分かります?そう、ダシです!ダシのステップは当たり前のように抜かされて出てくるので、日本食レストランで出されるお味噌汁はお味噌をお湯に溶かした味がします。当たり前だけど。

 

甘〜い照り焼きチキン

 

これもアメリカ人は大好き。でも日本で想像するのよりずっと甘いです。最近では普通のスーパーでも買えるようになったんだけど、胸焼けしそうなしつこさなので、やっぱり家でシンプルに1から作るのが一番。

 

弁当 アメリカ 日本食

 

定番すぎるもちアイスクリーム

 

これも日本食レストランのデザートの定番。私も雪見だいふく好きですけど、おそらくアメリカ人は日本人はみんなもちアイスクリームを愛していると思ってる節があり?いや、好きなんですけどね。数年に一度食べるか食べないか、じゃありません?

 

餃子が寿司の前菜的位置付け

 

アメリカ人は寿司を食べる前に、ビールや日本酒のおつまみに餃子とかカレーコロッケーとか前菜としてオーダーします。どうしてこういうことが起こるのかというと、日本食すべてがひとつのカテゴリーになっちゃってるからなんでしょうね。

 

そういう私も昨日は近所の日本食レストランへ行き、夫はチラシ寿司、私は豚骨ラーメン、子供たちはざるうどん、前菜にはカキフライと納豆巻きという、何がしたいのか分からない組み合わせでオーダーしましたよ。これに慣れると、日本の寿司屋に行くと物足りなさを感じ、ファミレスに行くとホッとするという超常現象が起きます。

 

いかがでしたか?まぁ、何はともあれ、日本や日本の食文化に興味を持ってくれるだけで、そしてそういうレストランに行けるだけで、海外在住も楽になったなぁ、と思う私です。

 

スポンサーリンク