先日コンサルタントとして全米を飛び回る友人が、とあるプロジェクトで一緒になった日本人ビジネスマンの話をしていました。

 

「彼は会話に参加しないし、自分に話がふられても黙ってるんだ。It was bizzare!(奇怪だった)」

 

分かる分かる。私も未だにそういうbizzareなことしたくなる衝動にかられますから。どうしてこういうことが起こるかと言うと、まず英語力の問題、そして二つ目が日米での会議のスタイルの違い。

 

 

以前も書いたように、日本人は英語を話すときに完璧主義になるので、少しでも会話の流れで分からない部分があるとフリーズするし、無駄にLとRの発音の違いとか気にしちゃって話し合いに参加できません。ぶっちゃけですね、Rice(米)を Lice(シラミ)と発音したくらいで、誰も笑わないし、文脈から意図するところは分かってもらえます。現に中国人社員たちは、LもRも全部L発音で通してますよ。「I ate lice」と聞いて、「やばっ!こいつシラミ食ったのかよ!」と思うアメリカ人がいたら、そいつの方がやばいです。

 

スポンサーリンク

 

それよりも根深い問題が、会議における自分の役割を把握していないこと。日本の会議は少人数が活発に話し合ってて、その他大勢はそこに座ってることに意義があるって感じで、ひどいときは居眠りをしていたりしませんか。

 

アメリカ 会議 ミーティング

 

会議にただいるのが役割の日本式の会議と異なり、アメリカでは発言と意見交換が求められます。逆に言えば自分の意見を言わない=意見がない=会議に出席する意味合いがない、と取られ、次回から呼ばれなくなるパターンが多いです。

 

と言うのは簡単ですが、やはり移民の私たちには英語のハンデもあり、積極的に議論に参加するのは思うより難しいものです。特にアメリカ人は争うようにして意見を言い合うので、誰かが一息つくのをみんな虎視眈々と狙っています。そして誰かが息継ぎのために1秒でも止まれば、我れ先にとみんな口をひらきます。私の部署なんかは特にアウトゴーイングな職員が多いので、誰かが話しているのを制して自分の意見を言わなければいけないことさえあります。それは大抵の場合無礼に当たるのですが、あまりに意味のない意見を述べてばかりいるおしゃべり(もう話し合いとも呼びたくないレベル)に、意味のあるインプットを放り込みたいときはやむを得ず飛び込まないといけません。

 

日本人の皆さんがアメリカ人との会議に参加する場合は「1時間の会議で最低3回発言しよう」と自分にプレッシャーをかけるのがオススメ。何かいいこと言わなきゃ、みたいな配慮は、アメリカでは失敗することが多いです。

 

スポンサーリンク