何気ない毎日の中に幸せを見出すことが、今年の目標のたももです。1月末現在、達成感は3%といったところですかね。毎日どうしても不満ばかり口にしてしまう!そろそろ本腰を入れて取りかかなければ!

 

そこで今日は、そんな何気ない日常を過ごす我が家での納得いかないことを書き出してみました。納得はいかないけれど、それでも平凡で幸せな生活を送れることに感謝するためにも!

 

 

洗濯後に必ず靴下が片方なくなる

 

我が家には靴下を片方だけ食べるおばけが居座っています。というのも、洗濯をするたびに、かなりな頻度で片方だけなくなっているんですよ!ひどいときなんて3足洗って、すべて片方ずつしか見つからなかったりします。そういうときは大抵一緒に洗ったバスタオルやブランケットの中にひっそりと隠れているわけですが、それでも最後のひとつはどうしても見つからず。めんどくさい靴下おばけに居候されて、こちらは困っています。

 

時々おばけは一度食べた靴下を、部屋の片隅とかに吐き出すことがあります。でも見つかるころには、洗濯直後に残っていたほうの靴下を処分してしまっているので、結局遅すぎます。処分したことを忘れてしまって、「いつか見つかるだろう」とそのまま引き出しに入れてしまうと、半年後とかに片方だけの靴下でいっぱいになります。

 

これ、我が家だけですか?!

 

大切に取っておいた和菓子がなくなる

 

日本へ一時帰国したお友達からのお土産で、和菓子やスナックをいただくことがあります。こちらでは買えないような類のものなので、それはそれは大切に戸棚にしまっておくんです。そして仕事でつらいことがあったときに、涙を虎屋の羊羹とともに飲み込もうかな、と。でもそんな瞬間がいざ訪れたときには、すでにその羊羹は姿を隠しています。どこへ行ったんでしょう。しょうがないから、涙と一緒に飲み込むのは、ワインとおつまみの生ハム&メロンです。・・・オシャレか!

 

スポンサーリンク

 

女子アイテムを使って、夫の女子力が上がる

 

我が夫は見境ないので、バスルームに置いてある私のアイテムは基本全部試します。疲れたときによい香りで癒されようと、1瓶38ドルという驚異的な価格設定のジャズミンの香りのボディスクラブをエイっと買って、チビチビと使っていたのですが、ここんとこ気のせいか、お風呂上がりの夫からほのかに素敵なジャズミンの香りがするんですよ。まさか?と思いながら問いただしてみると、毎日たっぷりと使っているそうです。ちょっとー!君は食塩でいいんじゃないの??

 

同じくバスルームでの一番の高級品であるSK-IIの化粧水を、ちふれの化粧水みたく、ドバーッと顔にふりかけていたのをみたときは、殺意覚えましたよねー。あ、別にちふれを攻撃する意図はありませんが。

 

朝と夜で家の様子が違う

 

私は家が散らかっているとそれだけでストレスを溜めるタイプなので、寝る前とその次の日の朝には、目立つものは床に散らばっていない状態にして、仕事へ向かいます。ものが多いところにいると、それだけでエネルギーを消費する気がしちゃうので。

 

ところが、夕方仕事から戻ると、あら不思議。片付ける前と同様の状態になっています。あれ?私、片付けなかったんだっけ?デジャブ?

 

12個入りの卵が消える

 

仕事帰りに卵を買って、冷蔵庫に入れておきます。そして翌日の夕方に家に戻ると、あら不思議。卵がすべて消えるというマジックを見ることができます。誰か絶対生卵をジュース代わりに飲んでる人いるよね?

 

子供たちがパパにのみ懐く瞬間がある

 

私も夫も育児はしっかりふたりで参加型ですが、やはりうちは娘ふたりだということもあるのか、私のほうに常にくっついてくるんです。食事中も女子3人できゃっきゃと話がはずむし、本を読むときも3人並んで読みます。ところが例外はお買い物に出るとき。ケチなママは絶対買ってくれないってのを経験則で知っているふたりは、私のほうは見向きもせず、パパにべったり。そしてパパが鼻の下伸ばして、財布の紐を緩めるという結末です。ちょっとー!

 

同じ食事で、夫だけ太る

 

私があまり太るタイプではないってのもあるけれど、あまりにも私と夫のメタボリズムが違うので、笑えます。うちの夫は夜ご飯を抜くことも多く、私はランチが重かった日は炭水化物を抜くことはありますが、基本普通に夕飯をとります。だから量的には私の方が絶対多く摂取しているはずなのに、ぶくぶく太るのは夫だけ!やっぱり私のほうがせかせか働いてるってことかしら。本人は賛成していませんが。

 

国際結婚 家庭 アメリカ人

 

子供たちと一緒に変顔写真を撮ると、私だけ損する仕組み

 

3人で変顔をしてselfie(自撮り)を撮ることがよくありますが、変顔しても愛らしくてかわいいハーフの娘たちの真ん中で、本気でやばいおばさんがひとり。妖怪か!ってツッコミを入れます。

 

英語

 

日本語も英語も教えたのはこの私なのに、今となっては娘ふたりは私よりも英語ができるし、もちろんアクセントもありません。おっかしいなぁ、いつ逆転したんだっけ?先月はNoの発音を直され(こんな簡単な単語すら、ちゃんと言えないのです・恥)、今朝直されたのはStomachでした。せめて私は日本語の発音を直してあげたいと、その機会を虎視眈々と狙っていますが、ふたりとも日本語もネイティブなので、付け入る隙はまったくありません。

 

セールに行っても、結局子供服しか買わない

 

頑張って働いたご褒美として、セールでワンピースの一枚でも買おうかな、と思っていましたが、結局買ったのは子供服のみを10着ほどでした。私のご褒美は・・・?

 

個人的な意見なんですが、アメリカは大人の服よりも、子供服のほうがオシャレでかわいいです。だから私も自分用に、一番大きいサイズの子供服を買うことがあります。

 

まとめ

 

ね?納得いかないでしょ?摩訶不思議でしょ?

 

世の中は納得いかないことで満ち溢れていますが、そんな毎日を楽しむ心の余裕を持つためには、こうやってブログに書いて笑い飛ばすのが一番です。

 

スポンサーリンク