少し前に、この夏は私たち夫婦のもとに子供たちがいないことをお伝えしました。

 

子供と離れて暮らす時期 結婚するまで同居する日本 vs 高校卒業してすぐ巣立つアメリカ

 

いつもは子供たちの声でにぎやかな我が家なのに、シーンと静まり返っているのが不思議。最初のうちはその静けさに慣れずに寂しい思いを募らせたけれど、一週間経つとそれにも慣れて、夫との一対一の時間も何気に楽しくなってきました。子供がいると普段なかなかできないこと、もしくは同じ内容でも子供たちがいないと楽しみ方が変わってくることを、ほぼ10年ぶりにハネムーン気分で楽しんでいます。

 

 

アメリカ人は結婚しても、子供たちを預けるか、ベビーシッターを雇うかして、夫婦でデートに出かけるカップルが多いです。アメリカ人は結婚生活に、「生活」そのものの他に、充実した夫婦関係も求めるので、そのためにも愛情表現やデートがないといけない、という、半ば脅迫観念があるのかもしれません。あわわ、言っちゃった。

 

スポンサーリンク

 

ちなみにアジア系移民夫婦はその風潮が少しだけ薄いかも。結婚=生活、でも少しだけアメリカナイズされてるから機会があればデートナイトをする、くらいの勢いでしょうか。私と夫もアジア系移民カップルなので、生粋のアメリカ人ほど躍起になってデートをすることはありません。でも、この夏のようにふたりだけになる機会があれば出かけるし、たまに夫がランチ前に仕事を終えて帰ってきて一緒にランチデートをすることがあるくらいです。

 

そんな私たち夫婦がしたこの2週間でしたデートはこんな感じ –

 

  • 週末の朝に一緒にジムに行く
  • 30分かけて朝ご飯にエッグベネディクトを食べに行き、その近くのモールでショッピング
  • 地ビールを飲みに行く(既に2箇所)
  • 植木の入れ替え
  • ふと思い立って、隣町のお気に入りの家具屋さんへ行く
  • 数時間のハイキング

 

普通〜ですね(笑)。でもそんな普通のふたりだけの時間は、子供がいるとなかなか取れません。まぁ、私たちは子連れで地ビールも飲みに行くし、植木の入れ替えも家族総動員でやるけれど、ふたりだけだと会話の流れが変わるんですよね。いつもは子供たちに会話のさえぎられるから、我れ先にと話を終えないといけない緊迫感があるんですけど、夫婦ふたりだとのーんびり。のんびり過ぎてたまに会話がなくなっちゃうんですけど(笑)、それは夫婦だからこそ全然不自然ではなくて。

 

デート 夫婦

 

日本のお友達に会うと、夫婦関係がドライでけっこうビックリします。「うちは子供生まれてからレスだよ(その子供は今年14歳)」「うちなんか結婚して2年で既に仮面夫婦」「うちも家庭内別居!」みたいな。え〜、大丈夫?私と夫もべったり仲よくはしていないけど、ふたりで出かけることに違和感はありません。

 

みなさん、とりあえず数時間のデートから始めてみましょう!こちらのウェブサイトではいくつもの夫婦デートのアイデアが載っています。

 

The Top 50 Date Night Ideas of All Time

 

母校を一緒に訪ねるとか、いい案かも!私も夫も同じ大学へ通ったので、あの頃の苦難を一緒に思い出すのもさらに絆を深められるかも?!

 

みなさんも50のデートナイトのアイデアを眺めつつ、ぜひ実践してみてください。私も夫が日本へ子供たちを迎えに行くまでのあいだ、夫婦デートを楽しみます。

 

スポンサーリンク