私はアメリカで日本の伝統工芸や家具を販売&コンサルティングをするビジネスを立ち上げましたが、そのアイデアがしっかりする前に3つの情報源を使って、ブレインストーミングを行いました。

 

Shark Tankでアメリカでの投資家の見つけ方を学ぶ

 

アメリカのABCテレビの番組です。趣旨は起業家たちが起業のアイデアを投資家たちに向けてプレゼンテーションをおこない、投資にこぎつけようとするもの。

 

見所のひとつは起業家たちのプレゼンテーションのうまさ!アメリカの企業にいるとアメリカ人達の口のうまさ、失礼、プレゼンテーションのうまさには脱帽なのですが、このショーに出てくる起業家たちも自分たちのアイデアの見せ方が大変優れていて、勉強になります。

 

あと個人的に楽しんでいるのが、投資家たちの辛口な批評(笑)。笑えることも多いのですが、お金を持ってるってそれだけでパワーだな、と少し悲しくなるのも事実。

 

entrepreneur-593359_1920

entrepreneur.comでアメリカの起業家達の生き様を学ぶ

 

ここにもいろいろな起業家達にスポットライトを当てた記事が載っています。いろいろなイベントも開催され、直接コーチと質疑応答ができることもあります。記事もランク別や種類別でオーガナイズされているので、とても読みやすいです。

 

こういう自分の強い興味のある記事を読むのは英語力の上達という面でも大切です。このサイトに出てくる記事には起業に関する語彙も多く出てくるので、起業したあとにも役立ちますよ。

 

Small Business Development Center (SBDC)でアメリカの起業家たちと出会う

 

ある程度進みたい方向性が決まったら、各自治体にある起業家達のための支援センターに行くのも手です。私の住んでいる地域ではSBDCという団体が起業したばかりの私たちをサポートしてくれます。サポートの内容として、会社の設立方法や税金のおさめ方などの基本を教えてくれるセミナーの開催、経験者たちからのマンツーマンアドバイス、弁護士や保険会社とのマンツーマンのセッションまで、ほとんどが無料っていうのがすばらしいです。

 

セミナーやセッションを通してネットワーキングもできるのもよかったです。私の場合、セミナーの先生が「あなたのビジネスならこの人と組むとおもしろいかも!」と、別の起業家を紹介してくれたりしました。

 

起業のためのブレインストーミングに使える情報源を3つ紹介しました。この段階が一番ワクワクするんですよね!

 

スポンサーリンク