どこの組織にも嫌われ者は存在しますが、私の働く部署での嫌われ者と言う点で一致するのがマネージャーのF。以前もFの話はブログに書いたことがあります。

みんなに嫌われている人が、なぜかうまくいってるように見えるからくり

 

たまに組織替えの兆しが見え始めると、どうかFの下では働くことになりませんように、とみんな戦々恐々です。上から呼び出されて「Fのチームで働いてくれないか?」と打診があると、みんな全身全霊かけて逃げます。今まで唯一「別にいいよ」とその命令にすぐ従ったのはとある若い職員だったのですが、その理由は彼がその1週間後に辞表を提出することを決めていたからと言う、なんとも分かりやすい理由。

 

仲のいい同僚数人でランチへ出かけた際、なぜFが嫌なのかを話し合ってみることにしました。

 

 

My way or the highway!

 

私のやり方が嫌だったら出て行って、と言うような意味です。とにかくものすごく頑固で、こうと決めたら絶対に意見を変えません。その意見が常に正しければいいんだけど、そうでない場合もあるわけですよ。そう言うときでも意見は変えず、彼女の上司も含め全員が反対意見を述べても、頑なに拒否。

 

とあるプロジェクトの締め切りがあって、私たちのチームとFのチームが共同で進めていたのです。ところが少し抜けている箇所があって、それをFは許せないらしく、そんなの今回だけうまく立ち回ってしまえばいいのに、あくまでルールに従いたいF。「それはクライアントのためにも私たちのためにもならないよ」とみんなで説得しても聞かず、とうとう締め切りを守ることはできませんでした。フレキシビリティとか臨機応変という言葉は彼女の辞書にはありません。

 

こんなこともあったっけ。彼女のチームは彼女の性格のせいで人材が辞めやすいんだけど、そのたびに空いたポジションにアプライしてきます。彼女はいつも超絶overqualifiedの人(経験がありすぎる人)を、みんなの意見を無視して採用します。そしてもちろんすぐ辞めてしまう。そりゃそうですよ、前職で何十人も部下がいたような優れた人を、わがままな彼女の下で事務職扱いするんですから。こういうポジションは新卒とか、とにかくなんでも学びたい、という状況の人が向いているんです。

 

スポンサーリンク

 

Moody

 

ものすごく気分屋な彼女。無駄に権限を持っているものだから、いろいろなことが承認されるのが彼女の機嫌にかかっているという状態になるのが本当に困り者。

 

彼女の承認がいることのひとつがクライアントからのリクエストに応える案件承認があります。多くのリクエストがシステム上のエラーを直すものなので、承認するかどうかを話し合う意味合いはあまり意味がないと私は考えています。臨時的なデータリクエストならともかく、プロダクションシステムにエラーがあったら、直す以外のオプションがあっちゃいけないんじゃないの??

 

もちろんFのルールは違います。Fのルールは「私がその日に承認したいかどうか」。私がシステムの問題でイライラしているクライアントのリクエストをFの会議にかけると「こんなのやるべきじゃない」と却下されたことがあります。スーパーのレジで「今日はあなたに売りたくない」と会計を放棄するようなもんですよ。

 

謝れない

 

彼女の下で働くとこれが一番苦労する点のようです。人間だから誰でもミスはあります。その時にミスを認め、同じ間違いをしないように前に進むべきですよね。でもFは絶対に謝りません。言い訳の一環で、相手の説明がよくなかった、と人のせいにします。同じチームで人のせいにするのは一番やってはいけないこと。だから誰も彼女のチームでは働きたくないのです。

 

部下を守らない

 

私の定義するマネージャーとは、自分の部下がうまく仕事をできる手助けをすることだと考えています。それが結局自分の手柄にもなるわけですから、Win-Winですよね。でもFは違います。部下は蹴落とすためにある!

 

自分に意見をしてきた部下は迷わず最低の査定をつきつけ、恐怖政治を行います。また帰社時間近くになると、見回りを始め、わざと用事を言いつけたり、10分でも席をはずすとどこへ行っていたのか厳しく追及します。

 

上司 嫌われている 対処法

 

そのくせ長いものには巻かれる

 

でも上の人の意向には従うので、部下のことよりも上が優先になります。以前、いじめっ子大将みたいな人が働いていて(でも彼女はワケあって去年辞めました)、彼女のターゲットとしておとなしい人がよく会議で罵倒されていたことがあったんです。このいじめっ子は上の人たちのお気に入りでもあったので、Fもその会議中にいじめっ子の肩を持つことばかりでした。そういうのが我慢できない人たちが反論すると、当たり前のようにその年は最低の査定を突きつけられます。なんてひどい!

 

変化の兆し?

 

「だからずっと独身なんだよ」と陰口を叩く人もいます。Fはおそらく50過ぎですが、未だ未婚なのです。でも私は知っている・・・今年のバレンタイン当日にF向けに花束が送られてきたことを!その日はすこぶる機嫌が良く、私のリクエストも笑顔で承認してくれました。ほっ。

 

これを機に変わってくれるのか、と思いましたが、やっぱり変わってない!変わってくれる日は来るのでしょうかね。

 

スポンサーリンク