少し前にお伝えしたとおり、今年の抱負のひとつが「旅」であるので、子供たちにどんなところに行ってみたいなのか聞いてみました。

 

2017年の抱負を4つ掲げてみた!

 

ふたりともあれこれ言いたい放題で的を得ないので、ふたりにプレゼンをするのはどうか、と提案しました。そして家族それぞれが一票ずつ投票し、今年の家族旅行の行き先を決めるのはどうか、と。これに子供たちは大興奮。早速リサーチを始めたのが、数日前のことでした。

 

 

行きたい場所をネットでリサーチして、狙いを定めたら、その場所についてさらに詳しく突き詰めます。その結果をパワーポイントスライドに入力して、スライドによっては絵や写真で視覚効果を高めます。

 

小4の長女は小学校の特別枠のGifted Education Programに通っているので、リサーチをして、その内容をパワポに入力するのはお手のもの。スライド間のTransitionに凝ったり、音楽を挿入したり、なかなかの上級者です。次女のほうは経験がないながらも、長女に教えてもらいながら、持ち前の要領の良さで上手にすべてのスライドを仕上げました。

 

ちなみに長女が選んだ旅先は赤毛のアンでおなじみのカナダのプリンス・エドワード島、次女はサウスカロライナ州のチャールストンです。チャールストン・・・、渋いよね。

 

スポンサーリンク

 

長女は「リサーチしてスライドにまとめることが楽しいから、自分のが選ばれなくても、全然構わないの」と大人な態度です。次女のほうは、スライド作りに全エネルギーを注ぎ込んだものだから、「絶対にチャールストンに行くの!」と意地になっています。ママはできればチャールストンじゃなくて、マイアミがいいんだけど・・・。

 

そして先日プレゼンが行われました。ふたりのスライドに含まれている内容は、こんな感じでした。

 

  • 旅先
  • 見どころ
  • ホテルのオプション

 

一生懸命プレゼンをした直後に、パパのダメ出しが始まりました。「どうしてパパたちがここに行くべきなのかの目的がはっきりしない」「いくらかかるかの費用のブレイクダウンもない」「だいたいここに行くのに何時間かかるんだ?」と質問をぶつけます。パパ!これ、子供の遊びだから!

 

というわけで、結果はなんとやり直し(笑)。空気読まない夫にイライラする私でしたが、子供たちはさらにやる気が出たようで、再びリサーチを始めました。

 

旅先 プレゼン

 

まずパパとママがどういうアクティビティが好きかのアンケートをとり、どういう日程だと家族が楽しめるか、航空券とホテルはいくらか、飛行時間はどのくらいか、どんな食べ物が有名か、などを調べて、それをノートに書き込み、最終的にスライドに入力して行きます。ふたりともそれはそれは真剣。もうこの段階に来ると、行き先として選ばれることよりも、リサーチをする過程を楽しんでいるようで、このプレゼンを提案してよかったと思いました。

 

そして本日2度目のプレゼンが行われました。今回は内容を増やして、こんな感じになりました。

 

  • 旅先
  • 見どころとアピール点
  • 旅の日程(いくつかのオプションあり)
  • ホテルのオプション
  • 航空券の値段とかかる時間

 

気になる結果発表ですが・・・、引き分けでした!長女も次女も「絶対そうなると思った!」と笑っています。そう、私も夫もどちらかを選ぶことができないわけで、一票ずつ長女と次女に入れたのでした。

 

というわけで、今年の国内旅行の旅先はプリンス・エドワード島とチャールストンに決まりました。ママはマイアミかハワイがよかったけど、まぁしょうがない。ふたりのツアーガイドもいることだし、これから旅の計画もガイドたちもお願いしようかと思います。

 

スポンサーリンク