アメリカで働く&起業する私のブログ

アメリカでIT系の仕事をする傍ら起業までしてしまった私が、アメリカでのスマートな働き方をお伝えします。

リストと、子供の笑顔と、子供との時間。


働くママが子供たちと過ごす時間は驚くほど少ないです。私の場合、朝4時に起床してオフィスに行くので、朝は子供たちの寝顔さえ見ることはなく、戻ってからはご飯を作って他の家事をして、でも多くの夕方は子供たちの習い事に連れて行ったりして、結局子供たちと向かい合う時間ってほとんどないんです。

 

でも習い事のない夜など、同じ部屋に30分ほど一緒に座る時間ってのはよく考えればあるのですが、その間も私は仕事とか、請求書の支払いとかの用事を済ませているので、子供たちとの会話はありません。子供たちが話しかけてきても上の空。「今忙しいから待って。」と断るか、顔もみずに「うん、うん」と聞いているふりをするのみです。いや〜、みなさん、これ読んでいるだけで、私の最低ぶり、伝わりますよね?

 

今日はその打開策について書いてみます。

 

 

こんなことを考え始めたきっかけが数日前のこと。いつも通り、夜はパソコンに向かって、学校のボランティア関連のメールを書いていて、次女が学校で起こった出来事を話していたんです。「へ〜、そうなんだ?」と、集中力おそらく7割くらいで聞いていたところ、「ママ、今日はじゃんけんとあっち向いてホイをして遊ばない?」といきなり言い始めたのです。「今、忙しいから」とすぐに断ろうと思いましたが、考え直して、パソコンをしまい、全神経をかけてじゃんけん、あっち向いてホイ、最後はにらめっこを15分ほど遊びました。子供たちは大盛り上がりで、キャーキャー言いながら、涙を流して大笑い。その笑顔のまま、寝室へ向かったのでした。

 

翌日の夕方、次女がやってきて、「ママ、昨日やったじゃんけんとあっち向いてホイの思い出が楽しすぎて、一日思い出し笑いしてたの。私、一生忘れない!」と言うでないの。それを聞いた私は大反省。こんな小さくて簡単なことが彼女の一生の思い出になるのに、それを私はどうして提供できないんだろうって。

 

スポンサーリンク

 

私が子供たちそっち抜けで作業をしてしまう原因は、とにかく早く終わらせたいから。どうして早く終わらせたいのかというと、延ばし延ばしにして忘れてしまったり、めんどくさくなったりするのが、嫌だから。忘れっぽい私だから、忘れたり面倒になったりする前に、片付けてしまいたいわけです。逆に言えば、忘れなければ、そしてめんどくさくならなければいいのよね。

 

そこで私がやったことは、家の中でも手帳を近くに置いておくようにして、やることリストをスペース多めに(←ポイント)書いておくこと。そして作業中に中断されるようなことがあったら、どこまで終了したのかを、簡単にでいいので、そのリストに書くようにしました。リストにはそのような付け足しができるようなスペースを設けることにより、無理なく書き込みができます。

 

リストを作る 忙しい 手帳

 

忘れちゃう前にがむしゃらに終わらせようという無駄な気合いがなくなるので、子供たちに中断されても、イラっとした顔を見せなくて済みますね。

 

時々、手帳が手元にないこともあるのですが、そういうときはスマホ中毒の私はいつでもスマホがポケットに入っているので、そこのリマインダーを使っています。これ、本当に便利ですね〜。リマインダーは数時間に一度チェックする癖をつけたので、リマインダーに書いたことを忘れてしまうという、ありがちなミスも避けることができます。

 

気づけば、ついこの前まで赤ちゃんだった娘たちは10歳と8歳。毎日の大切な思い出を絶対に無駄にはしない、との決意表明であります。

 

スポンサーリンク


2 Comments

  1. たももさん

    そうです。
    うちの長女は先日12年通った補習校の高等部を卒業。
    この5月には現地校の高校を卒業し、夏からは大学生。
    州外の大学への進学を決めたので、家を出て寮生活が始まります。
    ずっとそばにいるのが当たり前で、わたしも働いているので
    たももさんと同じように子供たちへの対応はおざなりでした。
    もちろん、お休みの日には一緒に過ごしていろいろと話したり
    していましたが、もう少しちゃんと過ごしていればなあと
    思います。
    子供の成長はあっという間。
    下はまだ13歳なので、あと5年、もう少しちゃんと一緒に過ごす
    時間を確保したいと思います。

    • たもも

      2017年3月21日 at 9:53 pm

      Mikiさんへ

      コメントをありがとうございます。そうなんですよね、気づいたらもう巣立っていた、という話は多くの先輩がたから聞いているのに、毎日のこととなると、それが永遠に続くような感覚に陥ってしまい、つい大切なことを忘れてしまいます。バラバラに住むことなんて信じられないけれど、あっという間なんだろうな。

      後悔をしないためにも、心を入れ替えて、子供たちとの時間を意識的に取り入れていこうと思います。そういう気持ちにさせてくれて、本当にどうもありがとうございました!Mikiさんも下のお子さんと内容の濃い、何ものにも代えがたい時間が過ごせますように!

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 アメリカで働く&起業する私のブログ All Rights Reserved.

Theme by Anders NorenUp ↑