自己暗示のパワーは多くの書籍やウェブサイトで紹介されています。「絶対成功する」と固く自分に言い聞かせて勝負に挑むことの大切さは、みなさん承知でしょう。自分が美しいと信じて毎日生きることが、キラキラ輝く要因なんだと、拷問のようなマイクロニードル(microneedling)の施術を受けてきた私が考える理由についてお話しします。

 

 

先日とあるエステ施術に初挑戦してきたんです。Micro Needling(マイクロニードル)というもので、とても髪の毛よりも細いくらいの小さな針を使って肌の奥を損傷させ、肌が回復する過程で肌を再生させてコラーゲンを増殖させようというもの。この動画で施術の様子が見られます。ちなみに私が使った機器はFDAの認可を受けています。

 


こわーい!!って思ったでしょ?私もかなりビビったんだけど、好奇心を抑えきれずにやってみました。

 

スポンサーリンク

 

結果。ものすごーく痛いです(泣)。面の皮が厚いことには定評のある私ですが、麻酔クリームを塗ってもらっても尋常じゃない痛み。いや〜、美しくなるって大変なのね。痛い順で言うとおでこ、首、ほっぺです。おでこに穴を開けるときは歯を食いしばります。何度、「もういいです。ここでやめます。」って言おうと思ったことか。

 

だいたいエステってリラックスしてキレイになるために行くものなはずなのに、何この拷問。どMエステか。

 

施術後は、顔中日焼けしたみたいな感じに赤くなって、ジンジンとした痛みがあります。早めに帰ってきた夫は驚いて、今すぐ医者に行こうというので、鏡を見ると確かにひどい。でも大まかな腫れは翌日には引いてると聞いていたので、翌日まで待つと確かに7割方引いたかな。24時間は毛穴が開いた状態なので、ビタミンCやヒアルロン酸を3時間おきとかに入れるといいと言われたので、それもきちんと実行しました。

 

ただ翌日は1日外に出ていなきゃいけないイベントが入っていたので、そのための日焼け止めやメイクがやっぱり微妙にヒリヒリしたかな。マイクロニードルの施術をするときは翌日もノーメイクでいられるような日程を組むといいかもしれません。

 

今日はその施術から1週間後なのですが、うーん、効果は分からないかも。ニキビがなくなると聞いたけど、私はもともとニキビは皆無。その他にも小じわが消えると聞いたけど、今のところはほうれい線も目元の小じわも健在です。あれれ?

 

拷問受けただけで効果なしって、やっぱり究極のどMエステ!

 

マイクロニードルは一ヶ月おきの3回施術がセットになっているので、結論は2ヶ月後にお知らせしますね。期待度はマイナス20くらいですけど。

 

今までいいと言われた美容やメイク用品はいくつか試してきたけれど、本当にいいと思ったのはほとんどありません。唯一目に見えた効果があったのはケノンという脱毛器具くらいかな。

 

目に見えた効果というか、毛が見えなくなったというべきか・・・。

 

私が思うに、ネットやテレビで賞賛されている美容効果の要因はふたつあると思います。

 

  1. 広告料
  2. 自己暗示

 

マイクロニードル 体験

 

広告に関しては私もバカでないんで分かるんです。ブログやユーチューブで紹介すればコミッションが入ります。アマゾンのレビューでさえ、無料で商品を提供してもらってレビューを書く仕組みが流行っているので、本心からのレビューなんて実際見つけるのが大変。

 

自己暗示が、今回私が切に感じたこと。ネット上じゃなくても周りの知り合いが勧める美容法は、彼女たちの自己暗示が影響しているのです。「私は美しい」「この商品を使って私はさらにキレイになる」と自分に言い聞かせることによって、自信がつきます。芸能人とか、この自己暗示で年々美しくなるんですよね。あと美しくなりたいという気持ちが、日々の生活においてリマインダーとなり、要所要所で気をつけるようになりますよね。曇っていても日焼け止めを塗るだとか、どんなに眠くても肌のお手入れを忘れないだとか。

 

だからこそ私も自分に暗示をかけて、このどMエステ、もとい、マイクロニードルを乗り越えて、アラフォーの女神、井川遥を目指すぞ!3回の施術を終えてからの効果に乞うご期待!

 

スポンサーリンク