先日、今年の夏は沖縄県への旅行を計画しているとお伝えしました。

今年の夏の旅先がほぼ決定!

 

記事に書いた通り、去年は東北全土を忙しく回ったこともあり、今年は移動をあまりせずにのんびりすると決めていました。そんな我が家が選んだのは沖縄ですが、よりのんびりするためにはやはり沖縄本島ではなくて、離島に限る!ということで石垣島にするか、宮古島にするか、思いを馳せていたのでした。

 

そんな我が家の決断とは?

 

 

宮古島と石垣島の違い

 

まずは沖縄の離島と聞いて思い浮かべるこの2大離島の特色についてです。

 

宮古島

 

海を満喫したい人向けという印象を受けました。とにかく海がゴージャスで、この透明度は類い稀だそうです。マリンスポーツを楽しむなら必ず宮古島、子連れで一日中海で子供を遊ばせるのが目的なら宮古島でしょう。

 

あと伊良部島などの離島まで車で行けるのがいいですね。レンタカーを借りるなら宮古に滞在する価値ありです。

 

石垣島

 

石垣島にもきれいな海はたくさんあります。ただその透明度においては宮古島に軍配が上がるわけですが、石垣島の強みはそのほかの観光名所。川平湾のグラスボートだとか、玉取崎展望台だとか、見所は海で遊ぶ以外にもあるのが特色。

 

数々の離島へのアクセスが豊富なのも石垣島。ただ宮古と違ってこちらは船での移動となります。

 

スポンサーリンク

 

我が家にとって大切なこと

 

以上!って感じで、まだまだ決められる感じがしませんね。だってどちらもそれぞれの特色があって、どっちがいいとか言えないもの。っていうかはっきり言ってどっちでもいい(こら!)。

 

ただ我が家の場合は、ほぼアメリカ人の子供を持つ日本人ママ、そのママも20年日本を離れているので勝手が分からない。そして我が家に共通するのは夏休み以外は仕事と学校とで何をする暇もない、という切ない現実。そう考えて、我が家に必要な事項はいくつか上がって来ます。

 

  1. 車の運転をせずに遊べるところが多い
  2. 美味しいご飯(日本食)が食べれる
  3. 海まで簡単に行ける
  4. 飲みに行きたい

 

1は日本での車の運転に慣れていない私の第一条件。レンタカーを借りるつもりはないけれど、もししょうがなく借りるハメになっても、必要最低限に留められることはとても大切です。大嫌いな車の運転はつかの間のバケーションである日本でまでしたくないですから。

 

美味しいご飯は日頃美味しい和食に飢えている私たちにとって必須事項。歩いて美味しい沖縄料理のお店へ行ったり、近所のスーパーで沖縄の食材を買って宿で調理をするというオプションがとても大切です。4の飲みに行けるというのも同様で、アメリカでは手に入らない泡盛をがっつり飲み歩きたいわけですよ。

 

沖縄 離島 石垣 外国人 旅行

 

我が家の決断

 

な、なんて分かりやすいんだ、我々は。3以外、すべて石垣島を指している気がしませんか?海水浴に関しては、確かに宮古が魅力的だと思いますが、石垣島も街中から少しタクシーに乗れば海水浴はいくらでもできるわけで、水質に超こだわるダイバーとかでない限り、石垣島でも十分すぎる美しさのビーチが数多くあると判明しました。

 

よって石垣島に絞って旅の計画を練ることにしました。いやーん、ワクワク!このために1年間地味に暮らして来た私たちが羽を伸ばす時がやって来ましたよ。

 

スポンサーリンク