先週、長女が小学校を卒業しました。私の住むエリアでは小学校は5年生までで、6年生からはミドルスクール (中学校)へ上がります。ついこの間、出産したような気がするんですが、あれから11年も経ったんだっけ??

 

娘の小学生時代を5年間一緒に過ごして、一番思ったことが私の小学生時代とは思いっきり異なること!自分の小学校時代を振り返って、小学生の娘を持つ親としてかなり重大な責任だと戦々恐々としていましたが、いともあっけなく終わってしまいました。

 

そこで今日はアメリカの小学校が、私が過ごした小学生時代(時間も国も違いますね!)とどう違うのかをご説明します。駐在や国際結婚で、アメリカへ引っ越すかたや、アメリカ移住に興味のある方には、興味深い内容だと思います。

 

 

どちらにもドラマがある

 

違いを説明するとか言っておいて、しょっぱなから共通点を述べちゃいました。でもね、ほんとそう。女子は日本だろうがアメリカだろうが、複雑な友達関係が絡み合ったドラマに巻き込まれるのです。次女のクラスの女子グループのドラマについては、前回書きましたね。

アメリカの小学生女子がぶつかる意地悪あれこれと、その意地悪ドラマを乗り切るコツ

 

ただ一番違うかなと思ったのが、加担しないという選択肢があるということ。次女は所属する6人グループのボス猿に楯突くし、それによってひとりふたり疎遠になったりはしたけれど、グループ全体にシカトみたいなことにもなりませんでした。長女に至っては、そういうめんどくさいドラマは時間の無駄だと割り切るドライな性格なので、ドラマの話なんか聞いたこともありません。似たようなサバサバした性格の子たちと小さなグループでよく集まっているらしい。日本ほど陰湿じゃないのかもしれません。

 

成績別に分けられる

 

成績表が学期末に出るのは日米共通ですが、授業自体もレベルごとに分けて行われているようでした。リーディングやライティングの授業では一緒に座る席(5、6人のグループになっています)が算数の席とは違っていて、それは科目によってできる子とできない子を分けているとのことでした。これは本当にいいやり方だと思いました。日本の学校ではいつも同じ子が手をあげて発言していたけれど、レベル別に大まかに分ければ、そのグループ内で活発に意見交換をしながら問題を解いていけますからね。

 

スポンサーリンク

 

成績別に分かれるのはクラス内だけではありません。成績優秀者だけが集められるギフテッドプログラムに入ると、週に一度そのプログラムの子たちだけが別の学校のギフテッドの子供達と一緒に特別な勉強をします。私の住むカウンティでは週に1度だけですが、隣のカウンティでは最初からまったく別の学校へ送られるそうで、英才教育はこの時点で始まるということですね。

 

校則が違う

 

日本へ行く直前に娘たちはいそいそとマニキュアを除光液で落としていました。体験入学先の日本の小学校ではマニキュアは校則違反だから、とのこと。中学校へ入ったらさらに厳しくなる風紀分野の校則、よーく覚えています。前髪オンザとか!こちらでは紫の髪の色をした男の子とかいますからね。

 

ただマニキュアとか髪の色に寛大な代わりに、寛大になれないこともあります。それは銃の所持を匂わすようなことを言った場合など、速攻で校長室行きになります。「お前のことなんて、撃っちゃうぞ!」なんて言ったら、すぐ先生が見つけて対処します。手でピストルの形を作って友達を撃つ真似をしただけでも校長室いきだそうですから、かなりピリピリしているのがわかると思います。

 

体育や音楽などの科目に対する力の入れ方

 

これは地区にもよるのでしょうが、私の周りのいくつかの地区を見ている限り、音楽や体育は日本の方がしっかりやってくれる印象です。たとえば音楽は年に2度、親を呼んでのコンサートが行われるのですが、基本的にそのための練習しか1年を通して行われません。しかも毎年だいたい同じ歌をコンサートで歌うので、5年生にもなると「またか」的空気が流れるという。

 

アメリカ 小学校

 

体育に至っては、今流行りの音楽(アリアナ・グランデとか)に合わせて、ちょっと準備運動して、あとは友達と組んで軽く走ったりするだけだそう。日本のスパルタ体育をちょっとは経験してみろ!

 

親のボランティアがベースになっている

 

とにかくなんどもボランティア募集のメールが届きます。パーティーの準備係、歯医者さんがくるのでその手助け、運動会のアシスタント、しまいには先生感謝週間なので、教室をデコレーションするボランティアなどなど。そしてそういうボランティアをする両親がたくさんいることにも驚きました。私は仕事があるのでなかなか参加できず、プロジェクトのための物資の寄付などのメールが回ってきたら、それに対応するようにしていました。でもアメリカ人のママたちは、仕事を休んでボランティアに参加していたので、それは宗教的な考え方もあるのかもしれません。コミュニティのための奉仕活動を皆さん重要視していますから。

 

まとめ

 

いかがでしたか?時代も国も違う私と娘たちの小学校生活。戸惑うこともありましたが、無事長女が卒業できてホッとしました。どっちがいいかって?うーん・・・アメリカかな(笑)!自由で独創的な考え方のできる子供達が育ちそうで、そしてそれが今の世の中のあり方にフィットすると思うので、私がもう一度やり直すならアメリカがいいかな、と思います。

 

スポンサーリンク