小学4年生と2年生の娘たちは、日本の夏休み前の一ヶ月ほどの間ですが、実家近くの小学校へ通うという初の試みをしています。日本人の親として、子供がランドセルを背負って通学するのを見るのは大きな夢の一つでしたので、それが叶ったのは本当に嬉しいものです。そんなワクワクしている私ですが、いわばアメリカ人の娘たちにとって、日本の小学校は驚きの連続らしく、毎日鼻の穴をぷくぷくさせながら報告する姿が笑えます。今日は彼女たちの驚きの幾つかをご紹介します。

 

 

子供たちの声が小さい

 

アメリカはスペースが広いので、子供たちの声だけでなく、道端でスペースを考えないですぐにくるくる回ったり、両手を広げたりするので、ヒヤヒヤします。日本の子供達はスペースを考えて行動する習慣がしっかりしているので、うちの子たちにとってはお友達のinside voice(室内で話すのに適切な声)が小さすぎるらしく、時々聞き返さないといけないそう。そうすると「あ、日本語わからない?」と、先読みされてしまうそう(笑)。

 

スポンサーリンク

 

男の先生が多い

 

これは私も思いました!アメリカは小学校教師というと女性の方がずっと多いのですが、日本では半々、もしくは娘たちの行く学校では男の先生の方が多いんじゃないかな。娘達は両方とも今回男の先生で、それは人生初!友達感覚で元気な先生で、とても嬉しいそうです。

 

掃除をさせられる、でも楽しい

 

タオルで床を拭くの!と帰宅早々、大興奮だった次女。タオルじゃなくて、雑巾ですけどね。アメリカの学校はお掃除の人が来てくれるので、自分で汚したものを自分で掃除するという、ごく当たり前の習慣がないんですよ。だからこれは子供達にとって、良い経験になるはず。初日は棚を乾拭きするみたいな、簡単な仕事を与えられたようですが、2日目以降は床の雑巾がけを頑張っているとのこと。みんなで力を合わせてやる掃除は、とても楽しいと言っています。次女なんて、日本の小学校で一番楽しいのは清掃の時間、なんて言ってます(笑)。

 

教科書をもらえる

 

初日に何冊もの教科書をもらえて、感動していました。土曜日に通う日本語補習校でも教科書はもらえますが、アメリカの小学校はすべてプリントで授業がなされるので、子供達は大喜びです。

 

ランドセルが重い

 

まぁ、あれだけ教科書をもらって、科目ごとにノートを買えば、ランドセルも重くなるわな。他にも体育の時間には体操着(アメリカの体育の授業では着替えません)、プール日には水着セット、他にも水筒も持ち込むし、毎日荷物がたくさんです。

 

休み時間や放課後に、自由に校庭や図書室へ行ける

 

これは長女が一番驚いたこと。セキュリティーの面で、常に大人の目が光っていて、外に出るのも、図書室に行くのも、引率があるアメリカとは異なり、日本では給食を食べ終わったら、昼休みに好きなことをしていいというのがびっくりしたそう。「何していいか迷っちゃうの」と、嬉しい悩みです。

 

ちなみに長女のクラスでは、担任の先生がイケメンで女子に人気があるらしく、休み時間は女子生徒のほとんどは先生の机の周りに集まるんですって。へ〜、私の小学生時代はそんな風に先生に懐くなんてことはなかったな。

 

小学校 日本 アメリカ

 

給食の牛乳がまずい

 

アメリカでは2%などの薄い牛乳を飲む家庭が多いせいか、日本の牛乳は濃く感じ、それゆえ乳製品特有の匂いや味が気になるアメリカ人が多いのです。それは2%牛乳に慣れ親しんだ娘たちも同じで、「全部飲むのが辛い」と文句を言っています。

 

体育や音楽、書道の授業が充実している

 

アメリカでも体育と音楽の授業はありますが、申し訳ないけど、お遊びレベル。体育で着替えることもないし、授業の中身もゆる〜い。音楽も同じ感じで、予算の関係で、力が入っていないのが親にも伝わってくる感じです。ところが日本の学校では音楽は教科書をもらい、毎回違う歌を学び、全員でピアニカをやり、子供達は初日から大いに楽しんでいます。音楽の授業のあった日は、夜に音楽の教科書を開いて習ったばかりの歌を大声で披露してくれますよ。子供の教育は机に向かう勉強ばかりでなく、五感を通して学ぶことが大切なんだな、と改めて思い出しました。

 

けっこう寒いのに、プールの授業が続行される

 

アメリカの小学校にはプールの授業が無いので比べるのは難しいところですが、私の感覚から言うとけっこう寒くてもプールの授業は中止にならないんだな、と思いました。「今日は肌寒いからプールは中止だな」と調子ぶっこいてると、しっかりプールに入ってきて、「寒過ぎて体調悪くなった」と文句を言う子供達。そういえば私が子供の頃も、唇を青むらさきにしてプール入ってたっけ。

 

こんな小さな一つ一つの驚きが、彼女たちの後々の人生で大きな糧となるといいな。

 

スポンサーリンク