今日は、生まれも育ちも日本人の私が、一時帰国のたびに感嘆するほどの日本人の類稀なる特技についてのお話です。

 

 

狭い道での運転技術

 

私の実家は都内との境にあるような都内近郊にあるので、道路は車、自転車、バイク、歩行者でものすごく混み合っています。慣れない私は車が来るとヒヤッと来るのですが、そんな私たちにはお構いなく車も自転車も真横をビュンビュンと、驚くような速いスピードで通り過ぎて行きます。特に子供達がいると本当に恐ろしく感じるのですが、皆さんうまーい具合に微妙な距離を開けて運転していらっしゃいます。熟練の技だな〜。

 

スポンサーリンク

 

人混みをすり抜けるための、忍者なみの瞬発力

 

大きめの駅に行くたびにあたふたしてしまう私ですが、そんな私をスイスイと皆さん追い越して行かれます。駅だけでなく、子供達と30センチくらい離れて歩いていても、その間をさっとすり抜けていく忍者ハットリ君がたくさんいました。あれだけの人数がこの狭い土地にひしめいているわけですから、そうやってすり抜けて目的地に時間通りにたどり着く技術は自然と身につくのかもしれません。

 

ファッションセンス

 

在米日本人の間では、日本で1年分の服やアクセサリを仕入れるのが常識になるほど、日本のファッションセンスは本当に優れていると思います。アメリカでは流行り廃りは日本よりかなり少ないので、毎年似たような服が売られている印象ですが、日本では毎年来日するたびに新しいテーマがあるのがすごい!そして何よりもありがたいのが、洗ってもすぐにほつれたりしない優秀な品質なのに、ものすごく安いんですよね〜。デパートなどに行けばそれなりの値段のものが売っていますが、我らがユニクロなどに行くとワゴンセールで3桁で売ってるし、最近ではユニクロは高いとまで言われているようで、3桁が当たり前の何ともありがたいお客様価格。

 

驚きの食文化

 

スーパーへ行くたびにおいしそうなソースや、少し前からは見なかったような類の野菜が並んでいます。そしてアメリカのそれと違うのは、どのソースを食べても美味しいこと。スーパーへ行くたびに驚くほどの種類の食材とソース類に感動し、一列一列ゆっくりと練り歩いています。どんな味がするのかなぁ、と眺め歩いているだけで、夢見心地。試食ブースもありがたいものです。

 

日本人 特色

 

時間に正確

 

電車やバスが時間通りに来るのが素晴らしいですね。きっちり勤勉な日本の常識からしたら当然のことですが、このスケジュール通りというのがなかなか他国では敵わないのです。日本の電車はそれこそ5分おきくらいのペースであちらこちらから入り組んでやってくるのに、1分たりとも遅れないのは奇跡ですね。そして数分でも遅れると謝罪アナウンスが流れるのが、これまたなんとも。。。

 

お・も・て・な・し

 

日本人のおもてなしの心、細やかな気遣いは、他に類を見ないのではないでしょうか。今回の日本滞在中、お友達と銀座の素敵な料亭に行ったのですが、私の前に出て来たお膳が左利き仕様だったのには驚きました。私の動きから左利きであることを察し、それを当たり前かのようにセットアップしてくださったのです。他にも携帯でお料理の写真を撮影するために、後ろにかけてあるカバンの中を探ろうと後ろを向くと、すぐにささっとカバンをとってくださったり、トイレに行こうとするとドアを開けてくれたり、ちょっとしたストーカー、失礼、おもてなしのエキスパートですね。

 

私にはここに挙げたような特技はもはやありませんが、日本に住むことがあったらできるようになるのかしら。

 

スポンサーリンク