以前、私の職場でのポリティックスについて記事にしたことがあります。

オフィスドラマで登場する名わき役女優な私 オフィス内でのドラマには参加するべきなのか?

 

私のオフィスはこれまでになくこのオフィスポリティックスがあちらこちらで起こります。公務員というより政治家気質が多くいる職場なので、どうしても職場内でのドラマが多いのはしょうがないですね。今日は最近の細々したドラマのお話です。

 

 

オフィスポリティックスの定義

 

ちなみに前回オフィスポリティックスとは何かについて定義をしていませんでした。コトバンクに夜と、オフィスポリティックスは職場政治学と訳され、職場内の自分の立場を正確にとらえ、うまく立ち回っていくために、上下関係や横の人間関係などを分析し、それに基づいて行動すること。(出典:オフィスポリティックス by コトバンク

 

まぁ、こんな風に解釈するときれいですが、実際はゲスいもんです。

 

今年に入って起こったドラマ

 

まだ4ヶ月ちょっとしか経ってないというのに、数えきれないばかりのドラマが大小あります。全部書くと私の精神衛生上よくないので、うまく書けそうなことを3つほど。

 

スポンサーリンク

 

Honeymoon is over!

 

直訳すると「ハネムーンは終わった」ですが、実際は広い意味で「試用期間は終わった」みたいな感じでしょうか。新しい会社に入って、最初のうちは周りもチヤホヤし、自分自身も希望に満ち溢れている時期がきっと数ヶ月くらいありますよね。そういう時期のことを言います。

 

データベースチームのランディは転職してきて2年ほどでリーダーに抜擢された優秀な若者です。アメリカだと2年同じ会社にいると長い方かもしれませんが、公務員はデフォルトで20年とかいるので、2年目とか新生児状態です。でも彼はものすごく技術力があるし、財務省から引き抜かれてきたし、コミュニケーションもうまいので、前リーダーがクビになった(←これも長い話)をきっかけに、古株の人たちを追い越してリーダに昇格しました。

 

そのランディ、最初のうちは上司とうまくやっていたんですが、最近問題が多いみたい。その上司は以前に私の直属の上司だった時期があります。彼はとにかく意見をされるのが嫌なタイプで、下の立場なのに意見してくる人をことごとく潰しにかかります。私も潰されそうになったのですが、ディレクターたちに救済された過去があります。

 

まぁ、私の話は置いといて、最初の1年ほどはうまくやっていたコミュニケーション上手のランディも、正しい意見を言いすぎるので、疎ましく思われ始めたよう。そうそう、こいつは正しい意見を言われるのが嫌なの。正しくない自分が一番正しいから。ここ数ヶ月はこの上司がランディの元で働く契約社員と結託し、ディレクターたちにランディの失敗談を有る事無い事告げ口したそう。それを知ることとなったランディはそれ以来、すべてのメールに対してすべてのマネージメントにCCしています。メールサーバーそのうちパンクするね!

 

Throw me under the bus

 

直訳すると「バスにひかれるように投げ落とす」。つまりは「おとしいれる」みたいな意味かな。

 

インドで少数派のキリスト教徒の集まる町から来たジェイコブ(男)とシャイン(女)。同郷のふたりは彼らの言語で時々雑談をしたりして、かなり親しい仲でした。でもシャインはなかなか気が強くて、そのうちジェイコブをおとしいれる画策を練り始めました。ふたりともマネージャーなので、マネージャー同士を査定する制度の一部で、お互いの査定をコメントする書類で、シャインは「ジェイコブは周りの悪口やゴシップばかりで、マネージャーとしてふさわしくない」と書き込みました。いやいや、怖いね。同郷だろうがなんだろうが、ふりおとす!She threw him under the bus!

 

オフィス 政治 ポリティックス 外資 英語

 

Stupid…

 

す、すみません。人をバカ呼ばわりして。英語のイディオムすら思いつかなかった・・・。でも聞いてくださいよ。すべてのチームが予算カットで苦しい中、マネージメントがなんの経験もない22歳の若者5人の契約社員を破格値で雇って、私たちが時間の関係でできないプロジェクトをさせようとしているもので。いやいや、無理でしょう、どう考えても。いつも通り、私たちが尻拭いのために残業するパターンでしょ?

 

公務員はどうしても役職が増えるもので、実際何の仕事もない役職の人たちが自分たちの立場を証明するために時々こういうことをサクッとしちゃうんです。ここ5年でこのパターンは4度目。それがすべて成功しているのは、私たちの尻拭いがあるということを徹底的に無視し続けられることが逆にすごい。

 

いかがでしたか。文句ばかりですみません!

 

スポンサーリンク