強い女性と聞いて、どんなイメージを持ちますか。気が強くて言いたいことをはっきり言える女性?男社会の中でも賢く生きていく女性?それともボディビルダー?

 

今夜、女友達ふたりと一緒にお酒を飲む機会があったのですが、ふたりともご主人との結婚上の問題を抱えていて、自然と話題はそちら方面になりました。離婚するか否かで揺れるふたりですが、今までなんとか頑張ってきた姿をみて、私にはない本物の強さを感じました。今日はそのお話をすることにします。

 

 

ちなみに私たちが行ったのはワインバー。5時から7時がハッピーアワーで、お酒も食べ物も半額になると聞いて行ったのですが、そこは5時から7時のあいだに入店してしまえば、そのあとは閉店までずっと半額というお得なディールでびっくり。月曜日の夜だからグラス一杯分くらい飲んで、サクッと帰ろうという話だったのに、ミッドナイトの閉店まで居座っちゃいましたよ。グラスも3杯ずつ。ハッピーアワーの罠ですね。・・・もしくは私の意志の弱さ?

 

冒頭にも書きましたが、一緒に飲んだふたりは離婚を考えていて、最近は会うたびにその話になります。

 

ひとりめの友達はご主人がADHD(多動性障害)の診断を受けています。多動と聞くと集中力がないと考えがちですが、彼の場合はどちらかというとひとつのことに集中しすぎると、他のことにまったく注意を払えなくなるタイプだそうです。だから仕事はそれなりにうまくこなすのだけど、家庭内では一緒に育児をしたり、その他の家庭生活において協力をすることが、困難なんですって。

 

スポンサーリンク

 

もうひとりは複雑な出生時の状況と幼少時の環境のせいでアダルトチルドレン(英語だとACとかACA – Adult Children of Alcoholicsとか呼ばれます)と診断されているご主人との結婚生活に悩んでいます。彼は常に不安定な精神状態であるがために、奥さんに暴言を吐いたり、ものすごく偏った考え方をするので、こちらも家庭生活を送るのが大変な模様。

 

私は夫と一緒に住んでいるとはいえ、異国の地で大学を卒業し、キャリアを積み、子供たちを育て、と、苦労をしながらも今までそれなりに上手くできてきているので、それは自分の強さのおかげだ、と過信している部分があります。特に夫に手取り足取り助けてもらったことはないので、夫に面倒見てもらったという感覚もありません。でもだから私は強い、と結論づけるのは早いかな、と今夜改めて思ったんですよね。

 

どうしてそんな風に思ったのかというと、自分だけのことを考えて生きることはとても簡単だと再認識したから。

 

たとえば今、私は子供たちは夏休み中につき、日本の両親の元に送り込んでいるので、私はこちらに残って悠々自適なひとり暮らしを満喫しています。もちろん仕事は変わらず大変だし、来月日本への一時帰国を控えているので、早めに仕事のケリをつけようと残業もけっこうあります。でも育児も家事も心配がない状態はとても楽。ちょっとやそっとの残業なんて、楽勝です。

 

国際結婚 離婚 アダルトチルドレン 多動性障害

 

結婚生活も同じことです。私と夫は性格が真逆なので、衝突もあるし、その違いのためにストレスが生じることもあります。でもありがたいことに、我が夫には精神上・健康上の問題がなく、毎日問題なくきちんと仕事をして普通のお給料を稼いできてくれるので、夫を支えるという義務感が皆無なんです。時々ご飯だけあげておけば、元気にお金持ってきてくれる感覚というか(笑)。だから私はそちら方面の心配することなく、自分の仕事と、子供たちのことと、ほんの少しの家事を気にして生きていればいい毎日を送っています。

 

でも今日会ったふたりは違います。一番頼りたい、もしくは、心配をしたくないはずのご主人自身が問題を抱えていて、そのサポートをしなければなりません。ご主人の問題解決のための働きかけもあるし、そのぶん育児や家事や収入はすべて自分の肩にかかってくるし、それでもご主人に愛情を注がなければならないわけですから、そこで本物の強さが要求されるんだな、と思ったわけです。私だったら夫に愛情を注ぎ続けることができるんだろうか、と。

 

本当に強い人っていうのは、逆境にあるときに、しっかりと地に足をつけ、自分以外の人に優しくできることだと思います。自分のことだけでアップアップなのに、周りにも気を配って笑顔を向けてって、並大抵の強さじゃないですよね。私にはきっと無理。

 

友人ふたりは今後離婚という決断をするのかもしれませんが、今まで自分の人生と、相手の人生を背負い、人の倍の努力をしてきて培った強さは、今後の人生で大きな役に立つに違いありません。

 

スポンサーリンク