無事ジュースクレンジング を終了しました〜。すっごい達成感!初日に大失敗をして本気でギブアップすることを考えていたのですが、乗りきれてよかったです。あ〜、これで好きなものが食べれる、という安堵感でいっぱい。でもせっかく体がきれいになったのだから、これからも野菜を多くとる健康な食事を続けようと決めました。この決意こそがジュースクレンジング の一番の収穫なのかも。

 

 

ポストクレンジング

 

クレンジングが終わったあとはゆっくりといつもの食生活に戻していく必要があります。胃腸は完全にリラックスモードなわけですから、そこにいきなり毒物を流し込んではいけません。クレンジング終了後の初日はスープと茹で野菜のみ、というインストラクションが一般のよう。日本人の私はもちろんお味噌汁の朝ご飯から始めましたよ。お腹を下すのが怖いので、朝は薄い具なしのお味噌汁。昼になって今度は柔らかくしたサツマイモが入った薄いお味噌汁と、クレンジングで残った果物を少し食べました。夜はお粥ですが、卵は入れずに。初日はタンパク質を控えめにした方がいいかな、という判断です。

 

2日目以降から徐々に普通食に戻して行きました。でも不思議なことに大好きだったお酒もあまり飲みたいと思わないし、お肉に関しては見たくもないレベル。優しい味の煮魚やおでんなんかは食べたいなぁと思うけれど、ステーキ肉とかかなりノーサンキュー!この健康的な食生活を続けられればよいですが、実際家族に合わせていたりするとあっという間に元の毒物食生活が始まるんだろうな。

 

スポンサーリンク

 

ジュースクレンジング をやって分かったこと

 

7個もあります。本当に学びが多い3日間でした。

 

固形物を食べなくても人間は死なない

 

逆に言うと、今まで食べてたのは毒ばっかりだなってことですよ。食べ盛りの子供と、同じくまだまだ食べ盛りのおっさんが家にいると、どうしても作る量が増えて、本当はそんなに食べたくないのに結局食卓に一緒に並ぶと食べちゃいます。魚料理をもっと作りたいと思うけれど、肉の方が作るのも簡単だし、ウケもいいですからね。

 

これからは今回の教訓を生かして、多い量の食事が目の前にあっても、身体に不要なものを認識しつつ食べようと思います。

 

クレンジング中は出費が増える

 

食べる楽しみがないし、ぼーっとするとお腹が空いたことしか考えられなくなるので、気を紛らわすために買い物に何度か出ました。そうするとついつい買っちゃいますよね〜。普段だったら迷った末に買わないようなものも、何も考えずに買っていたような気がします。とは言っても、私が行くような買い物先はたかが知れているので、そこまで大きな出費にはなりませんでしたが、周りに高級デパートがあるような大都会に住んでいる方は要注意。

 

1日目はお腹がすく、2日目は体調不良、3日目は無の境地

 

表題の通りに心境が変化して行きました。1日目は職場用にちゃんとジュースを用意できなかったツメの甘さもあり、とにかくお腹が空いてしょうがなかった。お腹がゴロゴロなって、早く家に帰りたくてしょうがなかったです。そしてあと3日こんな感じなのか、と絶望的な気持ちになったのでした。

 

2日目は好転反応で、頭痛と倦怠感がひどかったです。夜になると更に悪化し、ちょっとだけですが吐き気もあったし、悪寒もしてきました。「え?栄養不足で風邪引いた?」って焦って、とにかく早めに寝て、もし本当に風邪だったらクレンジングを中止しようと決めました。結局はただのヘタレだったんですけど。

 

3日目は2日目に比べると元気。頭痛もその他の症状もすべて解消していました。朝から1時間ウォーキングもしたし(ランニングもできそうだったけど、途中で気分悪くなると困るのでやめました)、日中も普段とほぼ変わらない感じで過ごします。ジタバタしてもしょうがないよ、だってどうせ何も食べれないんだしって、完全に諦めて無の境地に入った私でした。仏のような顔つきだったことでしょう(←適当)。

 

夏にやるのがオススメ

 

最近はお水を頻繁に飲む大切さがいろいろな書籍やサイトで説かれていますが、私は水分補給がとても苦手。炎天下の中ランニングしてものどが渇くことは滅多にないし、ご飯を食べるときも水分を必要としません。ただそれじゃいけないと思って、無理やり飲む感じ。あとお酒を飲むので、翌日に響かないようにお水を飲むくらい?だからクレンジング中は水分過多で、お腹がタポタポでした。そしてトイレに1時間に一回は行ってた気がする・・・。口から膀胱へ猛ダッシュ!だからこそ、私の場合はこれを冬にやるのはとても辛いと思います。ただでさえも水飲みたくないのに無理やり飲んで、冷たいジュース飲むと寒くなるし、トイレも30分に一度とか行かなきゃいけなくなるかも。

 

あと食欲から気をそらすために、最後の二日間は買い物に出ていたのですが、これができない雪の日とかは確実に避けた方がいいですね。このクレンジングは私の中ではやっぱり夏限定。

 

ジュースクレンジング

 

仲間の存在

 

今回のクレンジング、私は何人かで一緒にやりました。お互いグループを作ってテキストで励ましあいながら完走しました。これが本当〜に助かった。

 

特に私の場合はええかっこしいなので、ジュースクレンジング をすると周りに宣言して、でも結局途中でギブアップとか絶対に嫌なのです。ストイックなイメージを崩したくない!

 

グループの中でも脱落者はいて、それは私の同僚のジェイコブ。お腹が空いて無理だから、僕はフルーツとナッツだけを食べる週末に変更するよ、とあっさり抜けちゃいました。え〜、You are a slacker!と文句を言うと、「今りんご食べて、水も飲んだから、どうせ胃の中でブレンドされるし」と開き直っていました。でもそう言う脱落者を見ても、「よし、私は最後まで頑張るぞ」と言う気持ちになりました。

 

計画性が大事

 

これは特に1日目の反省です。新鮮なジュースを作りたかったので出社する前に作って行く心構えはいいとして、その味見を前もってしなかったのは良くありませんでした。アメリカ人は健康のためにビーツをよく食べるのですが、日本人の私は馴染みがないのであまり食べないのです。でも今回ジュースにこれを入れてみたら、これがまずくてね・・・。アガベシロップを少し入れてごまかしつつならまだ飲めたのですが、そうでないと私にはちょっと無理かも。一応フルーツも少し入れたんだけど、配分が足りなかったようです。それで朝ご飯のジュースがパー。ランチにはアーモンドミルクを用意したのだけど、これもお初で、実際飲んで見たら劇まず。ウヒ〜、これも絶対無理。結局前日に買っておいたコールドプレスジュース一本で日中乗り切りました。クレンジングをやめたいと思ったのはこの時が一番でした。

 

市販のものより手作り

 

外に出るときは市販のコールドプレスジュースを持って、それで水分補給をしていましたが、やっぱり私は人工の味がして苦手でした。飲めないこともないんだけど、飲まなくて済むなら全力で避けたい感じ。だいたいスパイシーレモネードとか、スパイシーな部分要らないから。レモンと水とちょっとしたフルーツだけでいいじゃんか?どうしてここにカイエンヌペッパーを入れたがるのやら。

 

ジューサーの代わりにブレンダーで代用したので、毎回ナッツミルクバッグで濾していました。そうやってオーガニックのいろいろな野菜や果物で作ったジュースはなかなか美味しくて、これは普段でも普通に飲めます!ただこの濾す作業がかなり面倒で、そのせいでジュースを作らなくなる可能性大なので、ジューサーを買っちゃうのもありかなって思っています。

 

まとめ

 

でも・・・またやりたいか?と聞かれると、かなり微妙。2日目で体から毒素が出ていく感じを経験して、絶対体にいいってことはよく分かるんだけど、だったら毎日健康で美味しいご飯を食べたほうがいい、と思うのは私だけ?2日目のあの頭痛と疲労感がなかったら、考えてもいいんだけどな。

 

とりあえずは時々オーガニック野菜でジュースを作ってビタミン補給を忘れずに、日々の健康的な食生活を送って行こうと思います。

 

スポンサーリンク