友人がご主人との関係について悩んでいて、離婚も視野に入れている話を聞きました。離婚の原因は、ご主人の性格の問題。複雑な生い立ちがきっかけで、大きな怒りを抱えていて、それをコントロールできないそうで、毎日のように彼女に対しても暴言を吐くそう。その怒りの問題に加えて、アルコール中毒、アダルトチルドレン、多動性障害などの問題もあり、なかなか前途多難な印象を受けました。それでも結婚生活は続けてきたけれど、2年前に子供ができたことを受け、子供への影響を心配し、離婚も考え始めたそうです。

 

アメリカ人で怒りの問題を抱えている人は実は多くて、約9%のアメリカ人が怒りの問題があるそうです。そのうちの多くがピストルなどの武器を所有しているわけですから、銃規制の話し合いも大切ですが、まずこの辺の根本を解決していかなければなりません。いくら銃を取り上げたところで、記憶に新しい相模原の障害者施設殺傷事件を見てもわかるように、武器は他にもあるわけですから。

 

Continue reading