昔と比べると、今は共働き家庭が増えたようですね。アメリカに住む私の周りに日本人のお友達は、異国の地ということもあるのか、どうしても働かないパターンがほとんどなのですが、日本でも両親のサポートが得やすい地方だと特に共働きが多いと聞きました。

 

そんな共働きのみなさんにご質問。みなさんはどうして共働きをしているのですか。今日は私もその質問に答えてみました。

 

 

共働きをする理由

 

人に頼る性格じゃない

 

昔からひとりで頑張ってきたので、今さらたとえ旦那とは言え、経済的なことまで頼るのは性格上難しいです。瓶の蓋開けてもらったり、家事やってもらったりってのは抵抗まったくないんですけど(笑)、収入の面で頼ったり、学校や職場など外部とのやり取りでも、夫に毎回頼るのは苦手〜。甘え下手。

 

でも本当にね、何か大きめな出費がある時に、夫に相談はもちろんするんですけど、それは相談であって、お願いではないってのが、私の心の拠り所。まぁ、それは、細かいことを気にしない大らか(またの名をズボラ)な夫のおかげですけど。

 

スポンサーリンク

 

夫の身に何かがあったときのため

 

これはみんなあんまり考えないみたいで、私もあまり言わないようにしてるんです。あまり言うと、君ノイローゼ?みたいな扱いになるもんで。生命保険もあるし、大丈夫だよ、と言われても、自分と子供が死ぬまで平穏に暮らしていけるだけの金額なんだろうか、という素朴な疑問。

 

夫の生命保険が下りればいいでしょうけど、ここはアメリカ、レイオフとかも当たり前のようにあります。その度に一家を路頭に迷わせるようなことはしたくありません。

 

好きなものを買いたい

 

先ほども少し述べましたが、洋服一枚買うのに夫に言ってからってのはやっぱり疲れます。散財したいわけではないけれど、欲しいと思ったときには、OLさんがサクッと買えるレベルのものだったら買える経済状況でいたいなと思います。子供関係の出費がものすごいことになっているので、OLさんたちのような頻度ではなかなか買い物はできないんですけどね。

 

子供の習い事や大学

 

子供たちの習い事やアフタースクールはお金がかかります。学齢期になるまで私たちは月3000ドル(30万円)をチャイルドケアに支払っていて、そのほかに習い事や日本語幼稚園や進研ゼミなど、今考えるとよく頑張っていました。いくら私が働いたところで、好きなだけ習い事をさせる経済力ではないのだけど、できる限りお金がないからという理由で習い事を諦めることは避けたいものです。できるだけ、ね。

 

ぶっちゃけ専業ママ社会をご遠慮したい

 

すみません、正直者で。友達からママ社会のゴタゴタとか聞いてると、私はそこにいなくてよかったと胸をなでおろします。私にはつかず離れずがちょうどいいんです。

 

安心感

 

夫がひとりで働くよりも2倍のお給料なわけですから、やっぱり安心感が違います。特に私のような心配性には、one incomeは心臓に悪いです。

 

共働き アメリカ

 

夫が望むこと

 

と、こんなことを思う、みたいなと先ほど夫に話していて、「だから私は日本人として異例ではあるけれどフルタイムで働いてて、よかったと思うでしょ?」と質問をしたら、「別にどっちでもいい」と何ともつれないお返事。夫曰く、昔は夫のお給料も今ほど高くはなかったので私が働くことを奨励したけれど、今はどっちでも大丈夫でしょう、と。仕事を辞めて家にいたいのだったら出費を減らせばいいし、フルで働きたいのだったら習い事を今まで通り続けて夫婦で協力し合えばいいだろう、と。シンプルなことだよ、とかっこつけて言ってました。

 

「ああ、だからか」と思った私。このプレッシャーの薄さが、私がアメリカ社会でなんとなくのほほんとキャリアを積めている理由。働くも働かないもどっちでもオッケー。そうやって見守っていてくれる夫がいるので、私は肩の力を抜いて、仕事に臨めるのかもしれません。

 

まぁ、とは言いつつですねぇ。夫の言葉はうれしいけれど、実際はシングルインカムでは生活レベルが落ちすぎで、どう考えてもきついでしょう。だから私も毎日働き続けるのです。

 

スポンサーリンク