今年はサンクスギビング(感謝祭)の4連休を利用してお隣の国カナダまでのロードトリップをしてきました。サンクスギビングは家族が一同集まる日なので、移動する車で大渋滞が風物詩です。木曜日がサンクスギビング当日で、その前日はおそろしい渋滞の様子がテレビやネットで見られます。たとえばロサンゼルスのサンクスギビング前日の様子がこちら。

 

http://digg.com/2017/la-traffic-jam-thanksgiving

 

毎年それを見て、「こんな日にわざわざ遠出するなんてありえないし」と家で酒飲んでクダまいていた私ですが、私たちも今年はそのありえない遠出をすることに。だって・・・悲しいサラリーマン、こう言う祝日を利用しないと有給が足りないんだもの・・・。

 

 

サンクスギビングの前日の水曜日は午前中だけオフィスで仕事をして、2時半ごろ帰宅し、まだかまだかと待ちわびていて夫と子供たちと一緒に着いてすぐ出発しました。前日までにパッキングをすべて終えてすぐに出れるようにしておくのがよかったですね。果物や野菜もスナック用のバッグに入れていったのですが、それも洗って切って冷蔵庫にしまっておいて、あとは取り出すだけの状態にしてありました。これから長い旅路に出るのですから、食べ物と飲み物はしっかりと用意しないといけません。

 

初日は五大湖のひとつのエリー湖まで移動します。5時間の旅なので、3時ごろ出発した私たちは8時には到着できるのではと言う見通しです。

 

ナイアガラ エリー湖 旅行

 

まぁ、ただ予定は狂うのが人生ですよねー。ガソリンを入れたり、OCD夫婦の私たちがガラージのドアを閉めたかを確認しに途中で家に戻ったり、なんだかんだで家をしっかり出たのは4時。そして途中でもハイウェイでのトイレ休憩などもあるので、なんだかんだでホテルに着いたのは9時半でした。

 

スポンサーリンク

 

それでもほとんど渋滞に引っかからなかったのが奇跡でした。前述のロサンゼルスの渋滞の様子などを見て散々怖がっていた私たちですが、なーんのトラブルも渋滞もありませんでした。渋滞の際はグーグルマップが渋滞回避のための迂回路を提示してくれるのですが、それもなくずっと高速を直進しただけでした。確かにロサンゼルスのように渋滞が存在する場所もまだまだあるのでしょうが、時代は変わってきているのかもしれませんね。私の住むエリアには移民が多くいるので、私たち含めてアメリカ国内に家族がいない人もけっこういて、サンクスギビングの休みを利用してカンクンやヨーロッパに旅行するってパターンもよく聞きます。そうなると運転するのはせいぜい空港までですから、渋滞を増やす原因にはつながりません。

 

エリー湖付近で私たちが泊まったホテルはこちらです。

 

Clarion Hotel Lake Erie

 

ナイアガラ エリー湖 旅行 ナイアガラ エリー湖 旅行

 

観光地でもないし、夜中について翌朝早くに出るだけなので、4人で泊まって70ドルもしない簡素なホテルですが、悪くなかったですよ。フロントロビーが別の建物にあると言うモーテルちっくなのですが、部屋はドアが中にあるタイプ(ハイウェイにあるモーテルはドアが外にある)なので、女性だけでも安心感がありますね。

 

翌朝は頑張って7時に起床!夫はさらに頑張ってホテル内のジムへ行きましたが、トレッドミルが古臭いと文句を言っていました。しつこいけど4人で70ドルも払ってないんだから文句言っちゃいかんよ。ホテルで朝食を済ませ(バッフェでひとり6ドルほどでした)、エリー湖に車を止めてお約束の写真を撮り、カナダ国境へ向かいます。

 

スポンサーリンク