エリー湖畔のホテルで気分よく目覚めたあとはのんびりと朝ご飯。私は計画性のある旅を推奨する「旅は計画派」に所属していますが、朝ご飯だけはどこへ行っても計画しません。朝くらい冒険をしたいという表向きのカッコいい理由と、低血圧のせいという実の理由と・・・。

 

 

なんてかっこいいことを言いましたが、初日は無理をせずにホテルのレストランで朝食を摂ります。エリー湖は一応観光地と聞いていたのですが、周りを見回してもとにかく寂れている・・・。夏だったらもっと活気があるのでしょうが、冬場は人影が見えませんでした。

 

ナイアガラ エリー湖 旅行

冬のエリー湖

 

フロントデスクのお兄さんも暇している時にネギ背負ったカモ(私たち)が来たものだから、自分がクレジットカード借金地獄に陥った顛末なんかを語り始めちゃうし、とにかくのんびりムードのエリー。そんなホテルだからこそ朝食も良心的な値段設定のひとり6ドルだったので、そこで食べちゃいました。期待していなかったのだけど、ソーセージとベーコンがなかなか美味しかったです。こういうのを求めて、旅を計画しない派が多くいるのでしょう。

 

ホテルからエリー湖までは数分だったので、少し立ち寄って写真を撮ります。途中で簡易遊園地みたいなのがあったので、夏場はこういうので観光地風に盛り上げるのかな。ただジェットコースターがかなり錆び付いていたのが不安・・・。

 

スポンサーリンク

 

エリー湖は大きくてきれいでした!これくらい大きな湖を独り占めできるのはなかなかよい気分。これはオフシーズンに水辺を旅する醍醐味でしょうか。ただ寂しい雰囲気満載で、撮っていた動画があまりにも地味でさっさと退散。

 

そのあとはひたすら運転してカナダ国境に到達しました。私たちはトロントは何度も行っていますが、それはいつも日本へ向かう飛行機の乗り継ぎの際です。だから実際に観光をするのも、国境を陸で越えるのも初めての体験でした。だからこそ、国境を陸で越える際のあまりのゆるさに衝撃。こ、こんなんでいいの??

 

トロント 旅行 カナダ アメリカ

カナダ国境

 

パスポートを4人分見せると、オフィサーが「あれ、3人しか見えないけど?」みたいにいうと、後部座席からぴょこんと顔を出すちびっ子次女。「あーそこにいたのか!」とサクッとスタンプを押してくれます。今年はターキー(七面鳥)を食べずにカナダで過ごすことにしたよ、みたいな話をすると、俺も七面鳥嫌いだから仲間に入ろうかな、みたいにノリがいいし。このゆるさだったらトランクにあとふたりくらい入ってても絶対気づかないよ!違法に国境を超えたかったら絶対陸だな、と思いました(違)。

 

国境をこえて2時間くらいでトロントなので、この日はトロントでまったり過ごそうかと思っていたのだけど、ふと予定を変えてナイアガラに寄ることに。実は翌日にナイアガラに行こうかと決めていたのだけど、国境沿いからトロントへの道すがらにナイアガラはあるのです。また戻るのも面倒なので、このまま寄って行くことにしました。これが大正解!ナイアガラは圧巻だったし、必ず一度は見ておくべきだけど、冬はなんせ寒い。とにかく寒い。そしてナイアガラは頑張ってカジノとか作ってるけど微妙に地味。よって冬場は特に数時間が限界なのでした。

 

ナイアガラ カナダ アメリカ 旅行記

 

寒いのでサクッと見て、それでもできるだけ多くの写真と動画を撮影して、ここから2時間先のトロントへ向かいます。

 

トロントの街ですが、私たちは大いに気に入りました!この洗練されてきれいな感じがサンフランシスコのきれい版って感じですね。みんな冷え目なフレンドリーさだし、アジア人もよく見かけるし、きっと移民には住みやすいのだろうなと感じました。私たちの住むエリアはとにかく政治色が強く、収入が高い人が集まる場所なので、全体的に住みにくいのです。

 

トロント 旅行 カナダ

大都会トロント

 

トロントの街がもうひとつ住みやすい理由が日本食レストランが多いこと。しかもオーナーが日本人、もしくはたとえばインテリアをデザインした人が日本人、みたいな、本格的な日本食レストランが多い印象を受けました。この日に私たちが食べたのはMIKUという炙り寿司をメインとしたレストラン。

 

MIKU Restaurant @Toronto

 

値段はけっこう張るのですが、子供たちは「こんなに美味しいお寿司は初めて!」と大興奮で、くそ高い寿司をえらいスピードで食べつくしていました。私はもったいなすぎてお腹いっぱい食べれなかったけど@母親あるある。

 

トロント 寿司

(写りが最悪の)炙り寿司

 

帰りに、(食べ過ぎたせいか)お腹が痛いという次女のためにドラッグストアに行ってお薬を買ってホテルに戻ります。このドラッグストアですが、ヨーロッパのお菓子とかが売っていていいなと思いました。アメリカには国産か中国製しかないので、ヨーロッパの美味しいお菓子なんかの噂はヨーロッパ出身の同僚から聞くのですが、手に入れるのは難しいのです。

 

この日はゆっくり休んで、明日は丸一日トロント観光です。

 

スポンサーリンク