中日の3日目はトロントに一日のんびり滞在します。4日半の日程なので常に移動している私たちにとって全く移動のないこの日はとーっても貴重。目覚ましをかけずに朝起きれるのも何となく新鮮です。夫はがんばって旅行中も毎朝ジムに行きましたが、私と子供たちはこの日はベッドでずっとウダウダです。あ〜至福のとき!

 

そんなウダウダで始まった3日目は2カ所回る予定でいました。CNタワーとディスティラリー地区(Distillary Historical District)!

 

 

朝ご飯のあとまっすぐCNタワーまで歩きたかったので、朝ご飯は徒歩圏内で近所で評判のよかった場所をチョイス。

 

Evviva Breakfast & Lunch

 

内装のデザイン性が高くて、接客も(アメリカみたいに)元気すぎないフレンドリーさで、食事の味も繊細で、いかにもトロントを象徴するといった感じのレストランでした。こういう街に住んだら、楽しく、そして心おだやかに過ごせるのかな、と思いました。まぁ、この淡〜い思いは、後ほどトロント住人たちが運転する際に凄まじい多重人格ぶりに打ち砕かれるわけですが。

 

カナダ トロント レストラン

メープルワッフル(なんでもメープルつけたがるカナダ人)

 

そのまま歩いてトロント中を553メートル頭上から見渡せるCNタワーに行きます。CNはカナディアンナショナルの略だそうです。553メートルがどのくらい高いのかというと、スカイツリーが634メートルと世界一で、CNタワーは世界第3位だそうです。80メートルの差がありますが、登ってみるとまぁその差は分かりませんな。

 

スポンサーリンク

 

おとなしくタワーの中から外をのぞいていた私たちですが、外に出れる階では向かい風と真剣勝負をしてみた理、ガラスの床があるフロアではガラスに寝そべってみたりと大はしゃぎ。でもそうやってはしゃいでいたのは私たちだけではなくて、ノリのいい周りの観光客も同じなので、まったく目立ちません。

 

帰り道にお土産屋さんがあるのはディズニー戦法ですね。子連れだとやっぱり財布の紐が緩みます。どこでも買えそうなCNタワーのロゴが入った置物とか、Amazonでも買えそうなメープルシロップとか、いろいろ買わされました。

トロント 旅

CNタワーのガラスの床

それにしてもカナダのメープルのゴリ押しぶりはすごいよね。どこへ行ってもメープルシロップ、メープルクッキー、メープルティーとメープルざんまいです。っていうか、国旗にもメープルの葉っぱ書いてあるし、マクドナルドにもよーくみるとメープルが書いてありましたよ。パトカーもメープルだったっけ。もう分かったから、とお腹いっぱい。

 

あと甘くて美味しいアイスワインもヨーロッパの他に唯一のカナダ産だそうで、どのお土産屋さんやワインショップにも置いてありました。私たちも買って帰りましたよ。

 

この時点で一度ホテルに戻りちょっと休憩。そのあとは今回私が唯一行きたかったディスティラリー地区へ車で行ってみました。

 

Distillery Historic District @Toronto

 

Distilleryは蒸留という意味なので、昔はここでお酒が作られていたのかな。とにかく一帯にビクトリア時代の産業建築物がたくさん並んでいて、歩いているだけで楽しい町並みです。クリスマスシーズンということもあり、クリスマスマーケットが出ていたので、お店もかわいい!

 

トロント 旅

ディスティラリー地区

 

せっかくなので何か買おうと見て回りましたが、とにかく寒くて見ていられないレベル。トロントはとても素敵な街で住みたいと一瞬思ったけど、とにかく寒くて無理ですな。結局次女がずっと欲しがっていたくるみ割り人形の置物を買いました。ホテルに戻ってしっかり見てみたら、人形の靴底の裏に「Made in China」と書いてあったけどね。お店の人に「これはカナダ製なの?」と聞いたら、詳細なしに「ノー」とだけ言われたんで、まぁ大方予想はついていたけど。

 

トロント 旅

トロントにもレンタル自転車

 

ディスティラリー地区をぶらついた後は、トロントのど真ん中にあるモールEaton Centreにさっと立ち寄ります。でもこれが大失敗。アメリカは木曜日がサンクスギビング(感謝祭)ですが、カナダではそのお祝いをしません。翌日の金曜日はブラックフライデーと呼ばれて、アメリカ中でセールが繰り広げられるのですが、これがまさかカナダでも行われるとは考えていなかったのです。でもカナダにあるお店はほとんどアメリカと変わらないので、よく考えれば分かったことでしたね。とーにーかーくー混んでて、体力を1年分くらい消費しました。トロントの街並みで控えめなフレンドリーさで私たちを和ませてくれたカナダ人たちはモールではちょっとした別人。車を運転するとなるとクラクション鳴らしまくって、多重人格ぶりを発揮していました。まぁ実はアメリカでも同じ感じなので、それが嫌いな私はモールには年に1、2度しかいかなくなりました。

 

やっとモールを抜けて、晩ご飯のためのレストランへ向かいます。今日のご飯は沖縄料理&ラーメンのお店です。

沖縄そば!

Ryoji | Ramen & Izakaya

 

沖縄に本店があるというりょう次さん、雰囲気も味もとてもよかったです。たまたま沖縄関連の会合が行われていて、近くに座っていた私たちまで泡盛やスナックをご馳走になるという嬉しいハプニングもありました。沖縄の様子を写した動画が流れていたり、沖縄のパンフレットをいただいたりと、気分はすっかり沖縄モード。来年の夏の旅行は沖縄にしようと密かに決めました。

 

ちなみに今回トロントで泊まったホテルは安定のSPG系、Westin Hotelです。いろいろなウェスティンに泊まったけれど、その中でもかなりいいほうだと思いました!

 

Westin Harbour Castle Toronto

 

部屋からオンタリオ湖が一望できるのがすばらしかったです。テラスがある部屋タイプもあったのだけど、もし夏だったらそこに座ってのんびりとビールを飲んだりするバケーションの過ごし方も素敵かも。ちなみに私たちはレイクビューのお部屋で1泊240ドルでした。これを高いと安いと取るかは個人のお財布事情にもよりますが、駆け足の旅には少しがんばっていいホテルにしたほうが満足度がぐんと上がると思います。

 

トロント カナダ 旅行記

ホテルの部屋からの眺め

 

盛りだくさんだった3日目もあっという間に終了。いい感じの疲れとともにベッドに入ってすぐ寝付いてしまいました。

 

スポンサーリンク