最近、悪いことばかり重なるな、と感じたことはありますか?私は元来運がいいタイプなので、あまりそう思ったことはないのですが、夫と結婚してから夫の数々の大小からなる不運を見続けて、不幸の連鎖は確実にあると確信しました。今日はそんなお話です。

 

 

次女置き去り事件

 

私が家から働く曜日以外はアフタースクールプログラム(日本でいう学童保育のようなもの)のバスに乗って学童へ向かう娘たちですが、先日学校側の手違いで次女の方がスクールバスに乗せられ、ひとりで家に帰ってきてしまいました(焦)。これと全く事件、実は去年の同じ時期に起こっているんです。こちらも慣れたもので、次女には裏口から家に入る方法を教えてあるので、次女は家にひとりで入り、待機していました。その間に学校から連絡をもらった私は、次女が顔を知っている先生と校長先生に次女を迎えに行ってもらい、次女をアフタースクールに送り届けてもらう手はずを整えました。こんなことに慣れたくはないんですけど、アメリカ人のいい加減さを知っている私は、このくらいじゃ驚きません。

 

ところが、今回は新しいアフタースクールの初日だったこともあり、なんとアフタースクール側も娘たちをピックアップするのを忘れるというダブルパンチ!校長がアフタースクール側に電話をして、迎えに来てもらいました。学校側は自分たちのミスが、アフタースクール側のミスと合わさって軽減されたとばかりに、「ちゃんとあなたたちの子供を職員室で見ていてあげたわよ。本来ならばあってはならないことなんだけど」と喜々と伝えてくれました。

 

スポンサーリンク

 

悪いことが重なる要因

 

「おかしなことにふたつの間違いが重なった日だったわね」と校長の軽口を(イライラしながら)聞きながら、これは俗に言う不幸の連鎖?と考え始めた私。確かに校長のいう通り、こんな普段なかなか起こらないこと(=裁判沙汰にだってなりうるレベルのこと)が同じ日に起こるって確かに珍しいですから。で、いろいろ調べてみましたが、悪いことが重なる要因は5つほどあるようです。

 

引き寄せの法則

 

多くのブログや書籍で紹介されていますね。引き寄せの法則とは、心に思い描いたことはそのまま現実になる、というもので、その法則によれば、悪いことを考えれば悪いことが起こるし、ポジティブ・幸せでいれば幸運な偶然の一致が身に降りかかるとのこと。

 

マイナスの波動はマイナスを引き寄せます。確かにネガティブな人の周りに行くと、真っ黒な波動感じますよねー。

 

体が弱っている

 

ひとつ悪いことが起こると、そこからストレスを溜めたり、睡眠不足や食生活の悪化を引き起こします。そうやって体が弱れば、やることなすこと失敗が増えるのも納得。どんなにストレスがたまっても、無理にでも健康的な生活を送ろうと努力することが大切です。

 

不幸自慢

 

人は不幸自慢が大好き。これは後でも記事にしますが、皆さん苦労話が大好きですよね。私自身もよく夫にどんなに大変な1日だったのかをとくとくと聞かせることがありますが、その悲劇のヒロイン度合いを笑われます。「そうそう、君が世界で一番大変な人生を送っているね」とニヤニヤ笑われながらあしらわれます。そうだよ、悲劇のヒロインに花束のひとつでもプレゼントしなさいよ!

 

だからこそ、私たちは身に起こった悪いことばかりを記憶に残しがち。本当はちょこまか幸運アイテムだって周りに散らばっているのに、思い出すのは苦労した体験ばかりなんですよね。

 

不運の連鎖 悪いことは重なる

 

考え方の問題

 

これはどういうことかというと、同じ出来事を幸運ととるか不運ととるか人によって異なるということ。コップ半分入った水を見て、「もうこれしかない」と思うか、「まだこんなにある」と思うかという心理実験は有名ですよね。物事は見方の問題です。

 

先日、彼氏のいない夏を昔はものすごく憂いたけれど、その代わりに行った家族旅行の方が、歳を重ねて自身の家族を持ってから結局そっちの方がほんわかとした温かい思い出として残るという話を記事にしました。彼氏がいない不幸を嘆くか、思い出に残る家族旅行を喜ぶかは、私たち次第なのです。

 

夏の終わりあるある8選!

 

「毎日仕事がイヤだ」と思う私を見て、「仕事があっていいな」と思う別の人がいる。「苦労ばかりの人生」と嘆くあなたを見て、「10年後、その苦労を乗り越えた糧がある」と陰ながら応援する人がいる。そう、見方次第。

 

祟り

 

スピリチュアルな世界きちゃいました。でももうここまでくると祟りか、日頃の行いの問題か、って思っちゃうことありますよね。まぁ、祟りってのは冗談ですが、悪いことは重なることが多々ありますから、そういう時期だと思って、その特別な状況を達観しておくのもアリではないでしょうか。

 

まとめ

 

いかがでしたか。上に挙げた不幸が重なる理由によると、今回の不運の連続は、私のため、もしくは次女のためになっている、、、とは思えないんですけど!ちゃんと仕事しろ、学校!

 

スポンサーリンク