America Saves Weekにちなんで、今日は何とも個人的なお金の話題にします。それは・・・、我が家が今回のディズニーワールドへの旅で、いったいいくら使ったのかという、何とも個人的な話題!

 

私がディズニーワールドになかなか行く機会を持たなかった大きな理由のひとつが、旅費でした。なんて書くと極貧みたいであれなんですが、何千ドルも出すんだったら、別のことに使ったほうがいいかなぁと先延ばしにしていたのです。私も夫も豪華なライフスタイルを楽しむタイプの人間ではないので、バケーションごときで何千ドルも使うことに対する罪悪感があって・・・。

 

だから今回の旅行でいったいいくら使うことになるのか、私自身も興味があったので、記録に残すことにしました。内訳見て、ケチくさ!と思われるかも?!まぁ、別にいいんだけど。

 

レシートがない出費もあるので、覚えている限りのだいたいの金額です。

 

 

準備段階での出費

 

  • ホテル代&チケット(3泊分、パーク4日分 X 3人分) 1486.98ドル
  • 往復航空券代(3人分) 450.52ドル
  • 行きのスーツケースのチェックイン 45ドル
  • 食料品デリバリー 85ドル

 

つまりはベースが2000ドルということで、これ以上はお金を使うこともできるし、極限まで節約しようと思えば、これ以上1ドル足りとも使わないという選択肢もあるってことです。思いの外、安かったので、びっくりしました。毎月チャイルドケア代で3000ドルを何年間も払い続けていた我が家にとっては、2000ドルははした金です・・・。って嘘ですよ。言ってみたかっただけ!

 

食料品デリバリーは飲み物や朝ごはんなどを事前にホテルに配達しておいてもらいました。これがホテルチェックインする段階で、すでに部屋の冷蔵庫に入れておいてくれたりして、なかなか便利でしたよ。特にお水は1本3ドルもするので、パーク内では買わないのが賢明。

 

1日目

 

  • 飛行機搭乗前の飲み物&スナック 8ドル
  • パーク内でスナック 20ドル
  • 夕飯(ホテルカフェテリア) 23ドル
  • ミニーヘアバンド 20ドル
  • グリッター付きヘアバンド 25ドル
  • キャニスター(コーヒーパウダーなど入れる) 20ドル
  • ソルト&ペッパー入れ物 20ドル

 

お土産の値段がとんでもなく高いのが、この内訳を見て分かりますよね。3人分の夕飯代が、ヘアバンドよりも安いというね。

 

スポンサーリンク

 

2日目

 

  • ネックレス 30ドル
  • チャーム 5ドル x 2
  • チャームをつけるブレスレット 8ドル x 2
  • コーヒーや飲み物 7ドル
  • 午後のスナック、翌日の牛乳 19ドル
  • ランチ(パーク内ファストフード) 25ドル
  • 夕飯(ホテルカフェテリア) 23ドル

 

ネックレスは自分用です!実は私もミッキーの耳を子供たちと一緒に買おうと思っていたのですが、頭が大きすぎてヘアバンドがはまらないという予想外のアクシデントに見舞われたので、自分を慰める意味でもネックレスを代わりに買いました。書いてて情けないですが。

 

3日目

 

  • 午後のスナック(アイスクリーム、コーヒー) 12ドル
  • ランチ(パーク内ファストフード) 17ドル
  • アリエルの人形 33ドル
  • キーホルダー 10ドル
  • チャーム 5ドル
  • 夕飯(オハナ) 148ドル

 

初めてきちんとしたレストランでの夕食だったので、大きな出費でした。子供たちなんてそんなにたくさん食べないんだから、本来ならば簡単なものだけをオーダーしたいのだけど、そういうゲストを見越してか、値段はコースで決まっているのです。子供料金は9歳までなので、私と長女はそれぞれ43ドル、次女は24ドルでした。それに私がモヒートとか頼んだので、それも10ドル、チップも含めるとこの値段になります。アメリカは外食が高いので、これは想定内。

 

4日目

 

  • スーツケースのチェックイン 25ドル
  • 朝ごはん(ホテルのカフェテリア) 13ドル
  • 日本館の三越で着替え(シャツ、パジャマのズボン、靴下) 62ドル
  • 私の靴 40ドル
  • 長女の靴 40ドル
  • 次女の靴 30ドル
  • カッパ子供用 8.5ドル x 2
  • カッパ大人用 13ドル
  • フォトフレーム 28ドル
  • コップ 10ドル
  • 卓上フォトフレーム 17ドル
  • チャーム 5ドル x 2
  • ワインボトルキャップ 13ドル
  • ランチ(アケシュース) 196ドル
  • 空港内でスナック 22ドル
  • 機内でワイン 7ドル

 

最終日でドカンときましたね。でもお気づきか分かりませんが、出費の多くが雨のせいです!靴なんてまったく買いたくもなかったのに、土砂降りで、水はけの悪いところが多くあって、足がずぶ濡れだったんです。これが真夏だったらこのまま帰るオプションも考えましたが、この季節に風邪を引かれるのも困るので、着替えと一緒に購入。雨のせいでの着替えだけで200ドルも使ってしまいました。うーん、大失敗。着替えは用意しておいて、空港へのバスに乗り込む前に着替えるべきでした。

 

あと特筆すべきは、アケシュースでのプリンセスたちと会えるランチ。ここも昨日のオハナ同様コースで値段が決まっているので、どうしても高くなります。量がものすごく多いので、結局残すことになってしまい、いろんな意味でもったいないのですが。私と10歳の長女が大人料金でそれぞれ57ドル、次女の子供料金は34ドル、そのほかにビール、税金、チップなど含めて、結局200ドル。高いけれど、これも想定内だし、プリンセスたちと並ばずにまとめて会えるのはありがたいので、全然オッケー。財布は軽くなりましたが。

 

WDW ディズニーワールド フロリダ お金

 

総額

 

  • 旅費 2007ドル
  • 食費 600ドル
  • お土産代 267ドル
  • その他(着替えなど) 202ドル

 

総額だいたい3300ドルくらいですね。これを外食をさらにケチったり、雨の準備をして行ったりすれば、もっと節約できましたが、これでもきっと他のお客さんたちに比べたらかなり抑えられた出費だったのではないでしょうか。

 

アトラクションを出るたびに、そのアトラクションに関連したギフトショップに誘導される形になり、そこでつい何かを買いたくなってしまう仕組みになっているディズニートリック。そのトリックにハマったであろうアメリカ人たちの長蛇の列を、どこのお店でも見かけました。ほとんど何も買ってないように感じた私でさえ、振り返ってみれば300ドル近くをギフトに使っているわけですから、恐ろしい。

 

みなさんの参考になれば、光栄です。

 

スポンサーリンク