先日、アクションカメラを購入することに決めた旨をお知らせしました。

家族の動画撮影における4つの成功の秘訣!アクションカメラと携帯性の正義?!

 

今、このポストを読み返してみると、さも買いたいカメラが決まっていたみたいな書きかたですが、実際はものすごーく悩んでいたのです。アクションカメラ・ウェアラブルカメラは認知度をここ数年でグンとあげたこともあり、選択肢の幅が広がりました。いや、広がりすぎました。自分がそのカメラを使ってなにをしたいのかを明確に分かっていないと、選べないくらいの選択肢で、選ぶのが大変でした!

 

 

私はアクションカメラを使ってなにをしたいのか?

 

GoProカメラで撮影されたいろいろな映像がYouTubeでも、GoProのウェブサイトでも観れるのですが、これがなかなか敷居が高いというか、かなりアクティブなんですよ。サーフィンをしながら海の上で撮ったり、スケボーで軽く回転しながら撮ったり、マウンテンバイク集団ウェイウェイしながら撮ったり。リア充か!

 

私は普通のビデオカメラも、去年買ったミラーレスカメラの録画機能も、言うならばiPhoneもあるわけで、録画することはアクションカメラなどなくても全然可能なわけです。って言うか、むしろ画像はそっちのほうがきれいなくらい。それでも買う理由は携帯性とお手軽さのためです。

 

携帯性は一応女子な私が小さなバッグに忍ばせられるくらいのサイズはありがたいですよね。「よし、今日は撮ろう」とか気負わずに、「あ、どうせ入ってるから撮っちゃおうかな」となんとなく取り出せる感がありがたくなるだろうな、と。

 

お手軽さと言うのはいつでも撮影ができると言うこと。街中で歩きながら撮ったりとか、オフィスでの様子をちょこちょこっと撮ったりみたいなのって、わざわざカメラやスマホを出すのが面倒で、あとなんとなく目立っちゃうのがイヤで、結局まぁいいやってなるパターンばかりなんです。でもアクションカメラだったらストラップとかにつけっぱなしにしておけば、ふと気づいた瞬間にボタンを押すだけ。

 

スポンサーリンク

 

選択肢

 

以下の5つでした。

 

  1. GoPro 5
  2. GoPro Session
  3. Sonyアクションカム
  4. WiMius
  5. AKASO

 

GoPro 5

 

おなじみGoPro社の最新のやつです。アクションカメラを買おうと思ったときの第一候補でした。アクションカメラと言えばGoProみたいな部分があるじゃないですか。私は流れには逆らわないタイプなので、買うならこれかなって考えてました。

 

いいなぁと思ったのが手ぶれ補正が内蔵されていること。私はカバンのストラップなどのつけたまま撮影したいと思っているので、手ぶれは一番気になるところ。だからその問題がないってのはありがたい。あとボイスコントロールもおもしろそうですよね。時代の流れはすごい勢いでボイスコントロールが主流になっているので、今さら手動のカメラってのもねぇ。

 

一番ありがたいのはカメラ本体が防水加工がしてあること。この前のバージョンではハウジングをして防水をしなければならなかったのが、その必要がなくなりました。私はiPhoneなんかもケースなしで使いたい、ちょっとやんちゃなアラフォーなので、ハウジングなしでプールに飛び込めるって憧れるよね。泳げないからプール行かないけど。

 

GoPro Session

 

同じくゴープロ社の商品です。基本はGoPro 5と変わらないけれど、見た目が小さめだし、あと安めな価格設定なだけあって、ない機能もあります。そのひとつが手ぶれ補正がないこと。そしてもうひとつはボイスコントロールもついてないこと。うーん、かなりマイナス!

 

私の中で一番のマイナス点はバッテリーが取り外せないこと。ゴープロはバッテリーの持ちが悪いようで、1時間ちょっとが限度。となると、予備のバッテリーを携帯したいところですが、それができず、途中で本体を充電しないといけないという不便さ。旅行中に思う存分使おうと思うと、許されない不便さではないでしょうか。

 

問題点ばかりあげてしまいましたが、個人的に形はセッションのほうがずっとかわいいと思います。オリンパスのミラーレスPen-Fを買ったときもそうだったのですが、私にとって一番大切なもののひとつに見た目っていうのがあるんですよ。ガジェットは性能はどれもどんぐりの背比べなので、結局は使っててうれしくなる見た目が大きなウェイトを占めてくると思うのです。

 

Sonyアクションカム

 

GoProの知名度には惹かれるけれど、私は日本を応援したいと常々思っているので、日本の製品も視野に入れました。ソニーはカメラ事業頑張ってますね!ミラーレスを買うときも、ソニーのスペックに惹かれ、最後までオリンパスと迷ったものでした。ソニーのアクションカムもスペックの高さにおいては例外なく、4Kだし、手ぶれにかなり強そうだし、GPSもついてるし、すばらしい!ちなみに私が考えていたのはHDR-AS300というモデルです。これで4万円なので、GoPro 5 と変わらない高級さ。メインのカメラはもうあるので、サブのカメラに4万円ってちょっと高いような。

 

WiMius

 

いやいや、ありえんでしょ?4Kでバッテリーも取り外し可能で、7000円切ってますよ、奥さん?なんてお買い得!ゴープロやソニー同様、Wi-Fiを使ってスマホで操作したり、映像を転送したりも可能なので、特別劣るところもないようです。リモコンでの操作も可能なので、便利よね。ゴープロだとリモコンは別売りなので、遠隔ではスマホで操作するしかないから。

 

これは中国のブランドのようですが、もうかなわないよね。そりゃ細々使い比べてみれば、大手のプライドをかけた性能のよさは浮きだってくるのでしょうか、いやはや7000円ですよ?4万円の製品と比べれば、そりゃ差は出てくるでしょうよ。その差が妥協できるかどうかを判断したいところですが、スペックを比べたり、レビューを読んでいる限りでは、特に劣る点も際立っていないんですよねぇ。

 

AKASO

 

WiMius同様、中国のブランドです。これも画素数も高く、リモコン操作可能、Wi-Fi対応、防水ケースをつければ防水もオッケーなので、使いやすいです。お値段はAmazonで8000円強でした。Amazonで買うと、いろいろな付属品がついてくるのがいいなぁ、と思いました。ソニーやゴープロだと本体価格も高い上に、自撮り棒とかクリップとか一緒に買うと、けっこうな値段になってしまうので、撮りたいスタイルに応じてついてくる付属品を選べるのはありがたいです。

 

私の決断

 

じゃじゃーん。発表します!2番のGoPro Sessionにしました〜!

 

ゴープロ アクションカメラ GoPro

 

それぞれの製品でいいところがあって、決めづらかったんだけど、最終的な決め手になったのは見た目と値段。ほんとすみません、頭悪そうで。でも趣味のカメラなんだから、お財布に無理がなく、使っててワクワクするようなものが一番だと思うんです。

 

Sonyのアクションカムも捨てがたかったんだけど、外観がどうしても私の趣味ではなかった・・・。なんというかいかにも日本の製品って感じのコロンとした見た目で、私はもっとゴツゴツした感じのがタイプでした。GoPro 5や他の中国製のカメラの見た目も悪くなかったけど、やっぱりサイコロ型のSessionはほんとかわいい!飽きたらサイコロとしても遊べるしね(←アメリカンジョーク)。

 

あと150ドルで買えるというのも大きいです。バッテリーが交換不可能だったり、ボイスコントロールがないのは私の中では大きなマイナスですが、そのおかげで250ドル安いんだったらまぁいっか、という決断です。どうせメインのカメラではないしね。

 

最後まで引っかかったのは手ぶれ補正がないこと。でもレビューを見ると、手ぶれ補正が内蔵されているGoPro 5でもやっぱりブレは気になるようで、本格的にブレをなくしたいのだったらKarma Gripなどのスタビライザーを使ってみなさん撮影しているようなんです。だったらアクションカメラを普段使いできそうと思ったあとで、スタビライザーを買えばいいのかな、と考えました。

 

この夏は日本での旅の様子を撮りまくるぞ〜!

 

スポンサーリンク