数週間の独身ライフを満喫しているので、酒量が確実に増えています。どのくらい増えているのかと言うと、外で友達と飲みに行って、帰って来てまた一杯飲んでから寝ると言うレベル。まぁ早い話が、酒乱の領域に足を踏み入れる寸前という感じでしょうか。いかんいかん!

 

アメリカでおいしく飲めるお酒というと、ビールかワインになります。日本酒と焼酎が好きな私には辛いところですが、アメリカに来てからワインを新規開拓して、大好きになりました。子供ができてからはもっぱらひとり、もしくは夫と、時には友人たちを家に招いて、という家飲みが主体となったこともあり、ワイン関連グッズをいろいろ試すこととなりました。そこで本日は、私が気に入って今も使っているものを厳選してご紹介します。

 

 

ツヴィーゼルの白ワイングラス

 

とあるワインバーで一目惚れして、ブランド名を教えてもらい、自分でも揃えたグラスです。

 

ツヴィーゼル ザ・ファースト 白ワイングラス

 

ツヴィーゼルはドイツのブランドで、彼らの作り出すワイングラスはその美しいフォルムだけでなく、無鉛ガラスの強度と透明度が特色です。うっすーいガラスなので丁寧に手洗いをするのかと思いきや、なんと食洗機に入れてもオッケー。一度流しに思いきり落としてしまったことがあるのですが、びくともしませんでした。あとこのトロッとした滑らかな透明度も特色で、古くなっても変わりません。ほんと〜にオススメ!見ているだけで、とてつもなく幸せな気分になります。

 

お値段はあまり安くなくて、アメリカで買うとひとつ14ドルです。普段私が買うものより高いのですが、買えない金額ではありませんね。でも今さっき上にリンクを貼った日本のオフィシャルサイトを見てびっくり。10800円ですって!え〜、高い!!それでも私にとっては超タイプなグラスなので、日本にいても頑張って買っちゃうと思いますが、アメリカに旅行に来る機会があったら買ったらいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

ツヴィーゼルの赤ワイングラス

 

またまたツヴィーゼルです。最初は同じ会社だと思わずに別のお店で買ったのです。私はよっぽどこの会社の製品が好きなのでしょう。この赤ワイングラスのほうは、アメリカ人主婦はみんな大好きなCrate & Barrelで見つけて、ペアで購入しました。日本ではツヴィーゼルのサイトで買えるようです。

 

ツヴィーゼル コンチェルト 赤ワイングラス

 

こちらはペアセットで5400円なので、前述の白ワインよりもお得感がありますね。白ワイングラスのほうのまろやかな直線フォルムと対照的に、ブルゴーニュ用の曲線美豊かなフォルムはとてもセクシーで、家に来た客に出すたびに褒められます。

 

まぁ、でも私は最近白を飲むことが多いため、たまに赤を開けても、白ワイン用のグラスで飲んじゃったりするので、どちらか好きなほうだけのゲットしてもいいのかも。プロに言わせれば邪道なことを重々承知で言えば、ですけど。

 

ワインボトルオープナー

 

あまり凝ったものを使うことはなくて、いつもねじねじしながら頑張ってコルクを引っこ抜いていたのですが、最近友達がくれて気に入ったのがこちら。

 

Cork Pops Wine Bottle Opener

 

カバーを取ると、針みたいなのが出て来るので、それをコルクに突き刺して、上のボタンを押すと、空気が出て来てコルクがポンという小気味好い音を立てて出て来ます。子供たちが喜ぶので、つい何度もやってしまい、飲み過ぎてしまいます。という言い訳をしれっと言ってみる。

 

ちなみにどうして友人がこれをくれたのかというと、彼女はもっとハイテクな電池で動くようなオープナーを買ったから。どのブランドかはしっかり見なかったけど、こういう感じのやつでした。

 

Automatic Electric Corkscrew

 

これは針を刺す必要もなくて、シュパパっと開くので、見てるだけでも気持ちがよかったです。でもちょっとサイズ的に大きすぎるかな、というのが私の正直な感想。私はミニマリスト気取りなので、引き出しに簡単に入らないようなサイズのものはキッチンに置きたくないのです。

 

ワイン グラス グッズ おすすめ

 

ホイルリムーバー

 

これも前述の友達からもらったやつなんですが、ワインのコルクの上についているホイルを取り除くやつです。

 

Wine Bottle Foil Remover

 

ワインを飲むようになってから19年、正直使い始めたのはその友達に先月もらってからです。それまではホイルの上からコルクのオープナーを突き刺して乱暴に開けていました。全然それでも問題なくあくんですが、最初の一手間でこいつを使ってホイルを取り除くと、すっきりと開けられて気分がいいことに気づきました。何事もズボラはいかんね。

 

日本のアマゾンでは見つけられなかったので、これもアメリカからのお土産というのがいいのかも。

 

エアレーター

 

安い赤ワインでも、これで空気を入れると、味がまろやかになっておいしいというものです。うちにあるのはこれ。

 

Wine Aerator

 

シュシュシュっといい音を出して、うまい具合にワインを空気と混ぜてくれます。これを使っていないものと比べると、味の違いはすぐ分かるほどの優れもの。

 

まぁ、普段から高級ワイン飲んでる人とか、ゆっくり空気にまじ合わせる時間がある人には、そう必要のないものかもしれませんね。あと我が家は白ワインのほうをよく飲むので、このエアレーターを使う頻度はそう高くありませんが、人が来た時に一台あると便利です。

 

ワイングラスマーカー

 

これはホームパーティーなどで、自分のグラスに目印をつけておくものです。我が家はまとめてゲストを呼ぶことが多いので、必需品です。最近何人かの友達がこれを使っていました。

 

Drinking Buddies Cocktail/Wine Glass Markers

 

出たよ痴女。オバハンになるとすぐに若い男の裸とかお尻とか喜ぶようになるんですよ。なんせ自分の旦那のお尻が、大福顔負けの柔らかさだからね。あーイヤだイヤだ、ババアになるって。だから私はこれは買いませんよ。

 

ちなみに私が友達へのおちゃらけプレゼントであげるのがこちら。

 

Bottle Stopper

 

痴女プレイ炸裂。

 

あと今日本で流行っているらしいフチ子とかも、ワイングラスマーカーとして使えるかもしれません。私も来月日本に行ったらチェックしようと思っています。

 

いかがでしたか。少しでもワインのお供の参考になれは光栄です。

 

スポンサーリンク